アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

工場から直送!より美味しくなった「こがしバターケーキ」の当日発送便開始

目次


大阪を中心に20店舗を構える和洋菓子店「むか新」が、自社オンラインショップにて、看板商品「こがしバターケーキ」の当日発送便を開始した。

明治創業の和洋菓子店が作る焼き菓子


大阪・泉州の歴史とともに歩んできた「むか新」は、初代・向井新與門が明治25年に佐野町(現在の大阪府泉佐野市)で創業した小さな郷土菓子の店「むらしぐれ本舗むか新」が始まり。


同店の看板商品「こがしバターケーキ」は、濃厚で芳醇なバターの香りが楽しめる、フィナンシェでもマドレーヌでもない焼き菓子。

大阪の空港やサービスエリアの土産、JAL国内線ファーストクラスでも採用され、累計販売数3700万個を販売してきた。また、モンドセレクション最高金賞・iTQi優秀味覚賞で最高ランクとなる3つ星・DLG金賞の三冠を獲得している。

銅釜で凝縮された特製こがしバター


「こがしバターケーキ」は、日本で本格的にバターづくりが始まったとされる明治時代に「もし洋菓子店を開いていたら?」という想いのもと、昨年11月にリニューアル。


オーストリア人マイスター直伝の製法で、フレッシュバターを銅釜でじっくりと熱しながら純度115%にまで凝縮し、おいしさの秘密となる特製こがしバターが出来上がる。


和菓子づくりで長年培ってきた生地を練る技術と遠赤外線オーブンの絶妙な火加減により、表面はサックリと、中はふんわりと、いくらでも食べられる独特の食感に。


ひと口かじったときのシャリシャリとした心地よさを生みだすフォンダンを、ひとつずつ手作業で丁寧に塗り、「こがしバターケーキ」が完成する。

「こがしバターケーキ」の当日発送便

そんな「こがしバターケーキ」のつくりたての味が、いつでも自宅で楽しめる「当日発送便」は、正午までの注文でその日のうちに工場から直送され、最短翌日に自宅へ届く。

「むか新」実店舗では各種生菓子が、さらに工房を併設した羽倉崎店のみ、曜日限定で焼きたてのどら焼きや、できたての生どら・生ケーキも購入できるので、こちらもチェックしてみて。

※おでかけの際には十分な感染症対策をお願いいたします


/

この記事の著者

STRAIGHT PRESS

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る




michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録