アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

宮沢りえ、再婚報道で思い出される「人生を変えた運命のフタリ」

目次

“考える婚活””オトコの行動を読む婚活”を提唱している私ですが、婚活の最終的な決め手は縁だと思っています。本人同士がいくら頑張っても、縁がなければダメなのです。

 

縁イコール結婚ではない

縁の何たるかについて教えてくれたのが、1985年放送の大河ドラマ、「春の波濤」です。日本の女優第一号、川上貞奴、彼女の初恋相手の桃介、その妻の房子が織りなす群像劇です。

 

貞奴は伊藤博文を旦那に持つ売れっ子芸者でしたが、桃介と知り合い、恋仲になります。しかし、桃介は、カネ目当てに大富豪・福沢諭吉の娘、房子と結婚することを決意。貞奴の前から姿を消します。失意の貞奴でしたが、新派の創始者、川上音二郎と結婚したことで、女優への道を歩き出すというストーリーです。

 

このドラマの中で、「人はシーソーに乗る相手が決まっている」というセリフがあります。シーソーですから、片方が上がると、もう片方は下がります。どちらかにいいことがあると、どちらかに悪いことが起きるという意味で、結ばれることはないけれども、離れることもできない縁があると説明されていたように記憶しています。ドラマでは、貞奴にいいことがあると桃介夫婦に悪いことが起きるといった具合に、対照的なカップルとして描かれていました。

 

当時は意味がわからなかったのですが、最近の女優・宮沢りえを見ていると、本当かもしれないと思うのです。

 

アラフォーの皆さんはご存知のように、りえはかつて関取・貴花田(現在の貴乃花親方)と婚約をしていました。ともに10代で国民的な人気を誇る世紀のカップルに日本は沸き立ちましたが、たった二か月で破談となりました。貴乃花は大関、横綱と昇進していきますが、りえの迷走が始まります。摂食障害にかかり、歌舞伎俳優・十八代目中村勘三郎との不倫や、関係がもつれて自殺未遂を図るなど、ゆっくりと転落しています。摂食障害は治療が難しい病として知られていますが、治療のために芸能活動を中止して渡米するなど、病状は深刻なものであったことを感じさせます。

りえが伸びると、貴乃花が縮む?

少しずつ、芸能活動を再開させたりえは、2003年に映画「たそがれ清兵衛」で、日本アカデミー賞・最優秀女優賞を獲得します。苦難を乗り越えて、アイドルではなく女優としてりえが頂点を極める一方で、大横綱・貴乃花は同じ年に引退しています。

 

片方が上がると、もう片方が下がるというシーソースタイルは、今も続いています。

 

りえは今年の2月に第25回読売演劇大賞の最優秀女優賞を受賞しました。その一方で、貴乃花親方は日本相撲協会の理事選挙で、得票数2票で惨敗を期しました。りえが女優として伸びていくと、貴乃花がしぼんでいく姿は、私にはどうしても偶然とは思えないのです。

 

貴乃花と比べると、他の男性はどうも縁が薄いような印象を受けます。

 

りえはいろいろな男性と浮名を流しますが、あまり長続きしなかった印象があります。35歳のころ、一般人男性と結婚して娘を設けますが、離婚。現在はV6・森田剛と交際中です。「女性自身」(光文社)にデート中のキス写真が掲載されるなど、結婚へむけて外堀が埋められており、森田の誕生日である2月20日、もしくはりえの誕生日の4月6日に入籍説が浮上しています(個人的にはこのカップルに結婚するメリットがないので、りえが妊娠していない限り、結婚はないと思っています)。

結果的に正しかったりえママ

前夫や恋人との縁が薄いように感じてしまうのは、りえが貴乃花と同じく強烈な縁を持った人と共にいたからではないでしょうか。その人は、りえママと呼ばれた実母です。

 

美空ひばりなど、大スターの陰にはステージママが控えているものですが、りえママも同じタイプでした。りえのふんどしルックや、ヘアヌードはりえママの考案だと本人が「週刊文春」(文藝春秋社)で明かしていました。娘を裸にして売り出すことに抵抗がなかったのは、母親というより、プロデューサーとして娘を見ていたのでしょう。

 

貴乃花との破談も、りえママが絡んでいます。力士と結婚することは、芸能界を引退することを意味しますが、りえママは「相撲界でりえがやっていけるとは思えない」と親しかった美川憲一に説得を依頼。美川は「おかみさんになったら、お母さんはどうするの?ずっと面倒みていかないといけないのよ」と諭して、破談に追い込んだと美川が「上沼・高田のクギズケ」(読売テレビ)で話していました。相撲界が特殊な世界であることくらい、最初からわかっているはず、プロデューサー的な視点で、引退させるのが惜しくなったのではないかと私は思いますが、今になってみると、貴ノ岩暴行事件でもわかるとおり、相撲界はややこしそうですし、貴乃花も頑固で面倒くさそう。あの破談のおかげで、りえは日本を代表する女優になれたわけですから、結婚しなくてよかったのではないでしょうか。

 

努力好きな女性にとって、“縁”というふうに非科学的であやふやなものは、ときに認めたくないものかもしれませんし、「縁がない」ことを“負け”と感じることがあるかもしれません。縁が何たるかを定義することは私にはできませんが、これだけは言えるのは、縁は狭量ではないということ。一度ダメだからといって次がないということはありませんし、宮沢りえのように違う種類の縁に恵まれることもある。

 

これまでたくさんの努力をしてきたアラフォーだからこそ、目に見えないものに自分をまかせる勇気が必要なのではないでしょうか。


関連記事


/

この記事の著者

OTONA SALONE|オトナサローネ

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録