アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

2月23日運行開始!身延山ロープウェイに40年ぶり新型ゴンドラ導入

/

目次


身延登山鉄道は、山梨県身延町の『身延山ロープウェイ』に、40年ぶりとなる新型のパノラマビューゴンドラを2月23日(火)から導入する。

高低差関東一!『身延山ロープウェイ』

『身延山ロープウェイ』は、日蓮宗総本山・身延山久遠寺のある山麓と身延山山頂を、約7分で結ぶ三線交走式のロープウェイ。

その高低差は763mと関東一を誇る。山頂の展望台からは、東に富士山、南に駿河湾・伊豆半島、西に七面山、北に早川渓谷・南アルプス・八ヶ岳連峰・甲府盆地など、雄大な自然が織りなす360度の大パノラマを満喫できる。

ゴンドラ名は知恩号と報恩号


今回の取り組みは、日蓮宗を開宗した日蓮聖人の御降誕800年を記念して実施するもの。

2基のゴンドラには、日蓮宗総本山身延山久遠寺第92世内野日総法主猊下が、「知恩(ちおん)号」(朱色)・「報恩(ほうおん)号」(藍色)と命名した。

大きなパノラマガラスを採用

ゴンドラには、総本山に相応しい荘厳で趣ある“魔除け”を意味する朱色と、“神秘”を意味する藍色をデザイン。また、眼前いっぱいに広がる絶景をこれまで以上に楽しめるよう、足元付近までの大きなパノラマガラスを採用している。

さらにゴンドラ内には液晶モニターを搭載。身延山の歴史や、車窓から見える景色を多言語対応で案内する。

富士山から駿河湾まで絶景の大パノラマ

料金は<往復>大人1,500円・子ども(4歳~12歳未満)750円。<片道>大人860円・子ども(4歳~12歳未満)450円。

『身延山ロープウェイ』は通常20分間隔で運行するが、混雑状況により臨時運行があるほか、現在新型コロナウイルス感染拡大防止のため、営業時間を短縮する場合がある。

なお、新ゴンドラへの交換作業にともない、2月1日(月)~22日(月)の期間、『身延山ロープウェイ』は運休となる。

身延の街並み、富士山から駿河湾まで絶景の大パノラマを堪能できる新型ゴンドラに期待しよう。



この記事の著者

STRAIGHT PRESS

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

人気ランキング

新着

カテゴリ

公式アカウント

ログイン・無料会員登録