読み込み中
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

一人暮らし初心者に実践してほしい! プロに聞くインテリア術

当記事はSUUMOジャーナルの提供記事です

当記事はSUUMOジャーナルの提供記事です

このコラムにありがとう

一人暮らし初心者に実践してほしい! プロに聞くインテリア術

一人暮らしの楽しみの一つは、自分の家のインテリアを自分の趣味で決められること。ただ、かっこ良くしようと思ってアイテムをそろえたのに、いざセッティングしてみたら「想像とちがった」なんてことになってしまってはお金も時間ももったいない。

そこで今回は、一人暮らし初心者に向けて、センスの良い部屋へ仕上げるためのインテリア術をご紹介したい。話を伺ったのは、インテリアコーディネーターとして活躍する+COCOCHIの冨田陽子さん。

メインの照明選びはどうする?

「メイン照明は、部屋のイメージや求める機能を考えて選びましょう。例えば、蛍光灯やLED照明は室内を明瞭にしてくれるので、読み書きなどに最適。また、省エネの観点からもLEDや蛍光灯が向いていますね。逆に、くつろぎやリラックス効果が欲しい場合は、ミニクリプトン電球やハロゲン電球などの白熱電球タイプを選ぶと、温かみのある空間になります。天井面のメイン照明を蛍光灯やLEDに、間接照明に白熱系の電球を取り入れて、生活シーンによって使い分けるのも良いですね」

【画像A】メイン照明は、部屋のイメージや求める機能を考えて選びましょう

【画像A】メイン照明は、部屋のイメージや求める機能を考えて選びましょう

間接照明に挑戦してみよう

「間接照明の効果をよりよくするポイントは3つあります。1つは多灯(複数)使いにすること。2つめは、光源に高低差をつけること。3つめは、天井・壁面や植物などの『面』のあるものに照射することです。例えば、観葉植物の足元から明かりを当てると、植物の影が天井・壁面にうつりこみ、まさに影のアート。ぐっと雰囲気が出ます。また、お気に入りの絵やディスプレイコーナーなどをつくって、スポットライトを当てるのも楽しいですよ!」

【画像B】光源に高低差をつけて、様々な場所に配置

【画像B】光源に高低差をつけて、様々な場所に配置

家具選びの際のポイントとは?

「一人暮らしに適したサイズを選ぶのは当然ですが、少し意識するといいのは『フレキシブルさ』。例えばテーブルの場合、サイズ拡張できるものを買っておけば、友達が集まったときに効果を発揮してくれます。また、家具の高さを低めに抑えるのは、部屋を広く見せるテクニックの王道ですが、床や建具の色をベースに、家具の色もそれに合わせて多色にならないように意識すると、部屋全体の雰囲気をまとめやすくなります」

【画像C】家具の色味を床や壁の色に合わせると、まとまった雰囲気に

【画像C】家具の色味を床や壁の色に合わせると、まとまった雰囲気に

家具をレイアウトするときは「動線」に注意

「レイアウトのポイントは、生活パターンとその動線を意識すること。動線がシンプルでつながりがあるのが理想的です。動線がギザギザしていたり、途切れたり、行き止まりが多かったりすると、ストレスを感じてしまいます。ひとつの部屋の中でこれを満たすのはとても難易度が高いのですが、少し意識して、動線の優先順位をつけるといいでしょう。また、時々模様替えをして、リフレッシュしてくださいね!」

【画像D】レイアウトのポイントは、生活パターンとその動線を意識すること

【画像D】レイアウトのポイントは、生活パターンとその動線を意識すること

おしゃれに見える壁のインテリアって?

「おすすめはウォールシールです。貼ったり剥がしたりが自由にでき、ローコストなので、使い勝手のよいアイテム。オリジナルのストーリーを考えながら貼り付けると、作業自体も楽しめます。また、壁面にお気に入りの布をかけてタペストリーのようにしたり、種類の違うアートフレームをいくつかランダムに飾ったりするのもいいですね」

【画像E】部屋のセンスがぐっと上がるアートフレーム

【画像E】部屋のセンスがぐっと上がるアートフレーム

紹介したポイントを頭に入れつつ、部屋づくりを存分に楽しもう!

住まいに関するコラムをもっと読む SUUMOジャーナル

【住まいに関する関連記事】


情報提供元:SUUMO

更新日:2013年5月28日

この記事に投票する

回答せずに結果を見る

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録