ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

もっと快適に。使いやすいキッチンに学ぶ「収納・プチDIY」アイデア

目次

家事効率をアップさせたいなら、キッチンを変えよう!

1日に何度も立つキッチンは使い勝手良く整えておきたいもの。使いやすいキッチンなら、家事効率もぐんとアップできるはず。

そこで今回は、使いやすいキッチンのアイデアをご紹介。収納の仕方や簡単DIYのアイデアなど幅広くご紹介しますので、ぜひご覧下さい。

収納を見直してキッチンを使いやすくする

普段使いの物はオープン収納が便利

オープン収納

instagram(@xsayo.x)

デイリーに使う食器やキッチン小物は、戸棚の中にしまうよりもオープン収納にしておく方が便利です。

出し入れの手間も省ける上、完全に乾燥させなくてもしまえるのがメリットです。

扉裏も活用する

扉裏

instagram(@ma___on)

キッチンの収納力を上げたい!という方におすすめなのは扉裏を活用すること。

調理中も手が届きやすく、扉を閉めるとホコリや目線をカットできる扉裏は便利な場所なんです。

剥がせるタイプのフックを使えば、賃貸さんでも簡単に真似できますよ。

引き出しはケースで仕切る

ケースで仕切る

instagram(@ma___on)

つい、あれこれいろいろな物を入れたくなる引き出しはケースやボックスで仕切ると使い勝手が良くなります。

お皿なども斜めに入れることができるので、収納力がアップするのも嬉しいポイントです。

カトラリー類はダイニング側からも取りやすくする

カトラリー収納

instagram(@slow.life.works)

カトラリーや普段使いのグラスは、キッチンからだけではなくダイニング側からも取りやすい位置にしておくと配膳が楽になります。

お子さんでも届きやすい場所にしておけば、お手伝いの習慣も身につきそうですね。

調味料や食材の保管にも一工夫

クリアタイプの容器に入れる

クリア容器

instagram(@___n.ouchi)

調味料や乾物の収納にはクリアタイプの瓶がお役立ち。残量がわかりやすいので買い時も逃しません。

同じデザインの容器に入れると見た目も美しく整って見えますね

ラベルも忘れずにつける

ラベリング

instagram(@eririichi)

調味料を移し替えた後は、ラベルをしっかりと付けておくのも重要。

おそろいのラベルを貼れば、瓶や保存容器のデザインが違ってもおしゃれに見えますよ。家族にもわかりやすくなります。

冷蔵庫内も使いやすく整頓

冷蔵庫

instagram(@sh.atyou)

ついつい食材を詰め込んでしまいがちな冷蔵庫内も、ディスプレイ感覚で整えれば美しい空間を作ることができます。

ケースやカゴなどを入れると「奥に食材が入り込んで見つけられない……」ということもなくなりますよ。

乾物やレトルトは「立てる」のが見やすい

乾物、レトルト

instagram(@sh.atyou)

うっかりすると賞味期限を切らしてしまいがちなレトルト食品や乾物類は、立てる収納にすると残量もわかりやすくなります。

入れる物にあわせてケースの大きさを変えると、小さなものもスッキリまとめることができそうです。

DIYでキッチンを便利化

包丁スタンドもDIY

包丁スタンドもDIY

https://diyrepi.com/

収納しづらい包丁類をスマートに保管しておけるスタンドです。100円ショップのトレーや角材で作れるので、お手軽なのもうれしいポイント。

小さなお子さんやペットがいてシンク下に収納するのに抵抗がある、という方にもおすすめです。

スノコを使った便利シェルフ

スノコを使った便利シェルフ

https://diyrepi.com/

100円ショップのすのこを使って作った壁面シェルフです。フックや丸棒を取り付ければ、使い勝手も抜群の収納スペースに大変身!

ナチュラルな色味のすのこは、そのまま使ってもインテリアに自然となじみます。

オープン棚を設置

DIYシェルフ

instagram(@maca_home)

キッチンに大きな壁面スペースがあるという方におすすめなのは、オープン棚をつけること。

ブラケットと板さえあればできるので、DIY初心者さんでもチャレンジしやすいですよ。

実例のように棚の裏側にフックを取り付けると、吊す収納にも役立ちます。

カラーボックスを使ったキッチンカウンター

カラーボックスを使ったキッチンカウンター

https://diyrepi.com/

キッチンの作業スペースや収納力を増やしたいという方におすすめなのが、キッチンカウンターを置くこと。

カラーボックスをベースにすると、DIY初心者さんでも気軽に作ることができますよ。

シンク周りは清潔に整える

吊す収納で水切れを良くする

吊す収納で水切れを良くする

instagram(@izabel13ok)

スポンジや洗剤などを吊せる場所を作っている実例です。

しっかり乾燥させておけば、気持ちよく使えそうですね。こちらはタオルハンガーを使っているそうです。

ドライングマットで脱水切りかご

ドライングマット

instagram(@marukooo29)

食器の乾燥に欠かせない水切りかごですが、場所をとってしまうのが難点。

こちらのインスタグラマーさんは、「ドライングマット」という吸水マットを水切りかご代わりに使っています。

使わないときにはコンパクトにできるのも嬉しいですね。

タオルは少し浮かせると◎

タオルかけ

instagram(@xsayo.x)

シンク布巾に欠かせないタオルはキッチンキャビネットから少し浮かせるように、かけておくのが便利。

通気性が良くなり、湿り気が気にならなくなるんです。こちらのインスタグラマーさんは、100円ショップのタオルハンガーを活用しているそうです。

キッチンを使いやすくするアイデアをご紹介しました!

キッチンをより使いやすくできそうなアイデアをご紹介しました。気になったアイデアや、真似してみたいアイデアは見つかりましたでしょうか。

ぜひ、ご自宅のキッチンも使いやすく整えてみてください。きっと家事の時間や手間を省くことができるはずです!


関連記事


/

この記事の著者

folk

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る




michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録