ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

自分でつくる楽しさとパリパリのおいしさ!「よーじや」の手鏡型最中がリニューアル

目次


よーじやグループは、お馴染みの手鏡型で好評の最中をリニューアルし、「よーじや謹製 手作り最中」6個入/2,000円(税込)として、6月1日(火)より販売開始する。

自分で仕上げる楽しさとつくりたてのおいしさ


手鏡型のデザインはそのままに、装い新たに再登場する「よーじや謹製 手作り最中」。


1枚1枚丁寧に焼き上げた最中種と北海道産の小豆を贅沢に使用した上品な甘さの餡は、それぞれが個包装となっていて、自分で餡を種に挟んで食べる方式。自分でつくる楽しさと、つくりたてのようなパリパリ食感を味わうことができる。

手土産にもおすすめ

また、リニューアルに伴いパッケージも一新。箔押し加工が施されたシンプルなデザインは高級感があり、日持ちするので手土産にも最適だ。

同商品は、「よーじやカフェ」の祇園店(休業中のため営業再開後発売)・嵯峨野嵐山店、「よーじや」本店・祇園店・清水店・羽田空港第1ターミナル店・羽田空港第2ターミナル店、公式オンラインショップで販売。このほか、京都駅の改札内にある「アントレマルシェ京都西口改札内店」と、新幹線改札内にある土産店「京のみやげ」「古都みやび」でも販売されるので、直前のお土産購入にも利用しやすい。

京都観光のお土産にはもちろん、自宅でのひと休みのお供に、新しくなった「よーじや謹製 手作り最中」を味わってみては。


/

この記事の著者

STRAIGHT PRESS

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る




michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録