アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

【医師監修】しもやけに効く薬は? しもやけの症状・治療法

目次

冬になると起こりやすい「しもやけ」。お子さんやママで悩んでいる方も多いことでしょう。かゆみや痛みが伴い辛いですよね。今回はそんなしもやけの症状や原因、治療法についてみていくことにしましょう。

この記事の監修ドクター

土佐清水病院 皮膚科宇井千穂先生 活性酸素とSODの研究による天然の治療薬を使い、アトピーを中心とした皮膚疾患を診ています。最近では美容皮膚科医として、美の研究も行い活躍しています。女医+(じょいぷらす)所属。

こんな症状はしもやけかも

527572091

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

「しもやけ」というと、昔の病気のイメージはありませんか。冬になると起こりやすい「しもやけ」は意外と身近な皮膚疾患で、ママや子どもがかかりやすい病気なのです。かゆみや痛みだけでなく、手が真っ赤に腫れてとてもかわいそうです。でもそもそも「しもやけ」とはどういう状態のことを指すのでしょうか。しもやけになる原因と症状の特徴についてみていくことにしましょう。

しもやけの特徴的な症状

しもやけは冬の季節病といわれています。別名、凍瘡(とうそう)とも呼ばれ、手や足、耳たぶや鼻、頬に赤い発疹や腫れが生じ、かゆみや痛みを伴うのが特徴です。しもやけは、特に子どもや女性に多いとされていて体質や遺伝も関係していると言われています。

またしもやけは2つのタイプに分類され、手足全体が熟れた柿のように腫れあがる「樽柿型」と手足の指や足の裏やふち、耳たぶや鼻、頬に赤い発疹が出る「多形滲出性紅斑(たけいしんしゅつせいこうはん)型」があります。いずれの場合もひどくなると水疱が生じ、さらにそれが破れて、びらん(ただれ)を生じたりすることがあります。

どうしてしもやけになるの?

寒くなると、血管は動脈と静脈の両方が収縮するようにできています。寒くなり収縮した動脈は温められると元に戻りやすいのですが、静脈は戻りにくいという性質があります。この時間差によって動脈から運ばれた血液の循環が体の組織内に滞り、末梢部分の手や足、耳などにうっ血や炎症といったしもやけの症状が起こると考えられています。

しもやけは、寒さや冷えによって血流が悪くなることで起こります。冬になると1日の気温に変化が大きく出てきます。つまり昼と夜の温度差が大きくなることでしもやけができやすくなるといえます。

また、冷え性の人はしもやけになりやすい傾向がで、近親者に冷え症の人がいる場合には注意が必要です。しもやけは体質や遺伝も関係していると考えられているからです。また手足の湿度もしもやけに大きく影響しています。手足をちゃんと拭かず濡れたままにしていると、乾く段階で徐々に皮膚の温度が低下していき、しもやけを引き起こすことがあります。さらに冷えで血流が悪くなっている血管が、急速に温度が上がることで血流が一気によくなりかゆみや痛みを引き起こします。例えば外出していて冷たい外気に触れていたのに、急に暖房の効いた部屋やこたつの中に入った場合などが当てはまります。

しもやけは体の冷えが原因で起こる皮膚疾患です。冬に発症のピークを迎えますが、1日の温度差が10度以上ある日も注意が必要ですから、春や秋も油断できません。現代ではしもやけも減少傾向にはありますが、体質等により毎年しもやけに悩まされているという方も少なくありません。地域別で見ると北海道や東北、新潟、京都をはじめ、九州でも発症する人が多いとされています。しもやけは寒冷が一因で生じるものの、寒さの厳しい地域特有のものではないようです。

しもやけ治療に用いられる薬(1)ビタミンE配合薬

521229841

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

しもやけに効果的な治療薬としてビタミンE配合薬があります。ドラッグストアなどでも取り扱っている商品が多く手に入りやすいです。ビタミンEがしもやけによい理由と効果的な塗り方についてもみていくことにしましょう。

ビタミンEがしもやけによい理由

上記でも述べたように、しもやけの原因は体の冷えです。特に血行が悪い人は、手足の末端まで血液が行き渡らないため、しもやけになりやすく、毎年冬になると慢性化してしまう傾向があります。血流を促すのに効果的なのがビタミンEです。ビタミンEには、血管を収縮させる神経物質の働きを抑え、毛細血管を広げる働きがあります。さらには血液をサラサラにする効果もあるため、全身に血流が行き渡りやすくなるといわれ、しもやけに効果があるといわれています。

ビタミンE配合薬の効果的な塗り方

しもやけが気になったら、ビタミンE配合薬を塗るとよいでしょう。水仕事をした後、手足を水で濡らした後、乾燥が気になるなどの場合に患部に塗りましょう。しっかりタオルで濡れた手を拭いてください。さらにマッサージを行うと血行もよくなり一石二鳥です。

具体的に足に薬を塗布しマッサージする方法をお伝えします。まず、ビタミンE配合薬クリームを指の付け根やかかと、側面にたっぷり塗ります。その後かかとを手のひらで包んでしばらく温めてください。 両手の親指を使って足の裏を押してほぐしましょう。そのまま、足指の付け根から先端へ向かって、1本ずつ手でほぐしていきます。足爪のまわりも忘れずに一緒にほぐします。マッサージが終わったらクリームの保湿を高めるめ、ゆったりとした靴下を履くと良いですよ。入浴後のマッサージは身体の水分をしっかり拭き取り、温かい部屋で行って湯ざめしないようにしてください。

しもやけ治療に用いられる薬(2)ステロイド外用剤

511803080

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

しもやけに効果的な治療薬としてステロイド外用薬もあります。ステロイドは、使い方次第でしもやけをすぐに改善することができる効果的な薬です。それではステロイド外用薬の働きと種類についてみていくことにしましょう。

ステロイド外用剤の働き

しもやけのかゆみは我慢できず、イライラして物事に集中できなくなることもあります。また、目立つ部分にできると人の目も気になります。かゆみがあり、皮膚が赤みをおびている場合には、炎症を抑える目的でステロイド外用剤がおすすめです。ステロイド外用剤はかゆみの強い皮膚炎などにすぐれた抗炎症作用を発揮してくれますが、ステロイドの強さと使用期間などについては、皮膚科の先生の診察のもと正しく使用してください。

しもやけはかゆみの症状が強く、かきむしることによる症状の悪化が懸念されます。そのためにも、最初の段階で強いタイプのステロイド外用剤を選び、短期間で治すことも必要ですが、そこは皮膚科の先生の判断になります。また子どもはステロイドの中でも比較的弱いものを使用し、また顔には身体よりもっと弱いステロイドを使用します。かゆみが強い場合には、あわせて抗ヒスタミン剤の服用も検討される場合もあります。

しもやけが悪化し水疱やただれが出てきた場合には抗生物質が含まれるステロイド剤が適しています。これは、細菌増殖を防ぎます。ステロイドは怖い薬というイメージもありますが、現在は研究もすすめられ、決して怖い薬ではありません。正しい知識を身につければステロイド外用薬はこどもの皮膚トラブルにおいて強い味方になります。ただし、1週間使用しても効果が得られない場合には皮膚科を受診するようにしてください。

ステロイド外用剤の種類

薬局で購入できる3ランクのOTC医薬品については、主に以下の2つに分類されます。ストロングタイプとマイルドタイプです。皮膚が赤く炎症し、かゆみが強く皮膚組織が壊れている場合にはストロングタイプを乳幼児やデリケートな皮膚にはマイルドタイプを使用しましょう。また、ステロイド外用剤は、弱いレベルのものから使っていくよりも、強いものから徐々に弱くしていく方が効果的です。効き目が不十分な薬を使い続けることでかえって症状を悪化させたり、慢性化させたりする恐れもあるからです。ドラッグストアなどでも手に入りますが自己判断は危険です。皮膚科の医師の受診をお勧めします。

さらにステロイド外用剤には、軟膏、クリーム、スプレー、ジェル、ローションなどの種類が豊富に揃っていて症状に合わせて選択することができます。一般的なものは軟膏で、刺激が少なく塗った部分を保護し保湿する役割も担ってくれます。しかしデメリットは塗ったあとにベタつく感じが残ってしまいます。軟膏のベタつきが気になる方には、クリームタイプがおすすめです。少し刺激があり、乾燥した患部に使われることが多いです。ローションとスプレーは軟膏やクリームが塗りにくい頭部によく使われます。ジェルはカサカサして乾燥した患部や脂漏性(しろうせい)皮膚炎に適していますが、少し刺激があります。

薬以外でもビタミンEを取り入れよう

511055410

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

上記でも説明したようにビタミンEには、血行促進の効果があり、しもやけで悩んでいる人たちには積極的に摂取してほしい栄養素です。そして、薬に頼らず日々の食生活に取り入れられるとよいですね。普段から、しもやけ対策をしておくことで、元気に冬を乗り越えましょう。さらにビタミンEを含む食材についてもみていくことにしましょう。

食材から摂るのもおすすめ

しもやけ予防として薬に頼らず、根本的な体質改善をするために血行改善効果が期待できるビタミンEを豊富に含む食材を接種することもおすすめです。同時に緑黄色野菜などに多く含まれるβカロテンや、ビタミンCを摂取することでビタミンEの吸収率も高まるというデータもあります。即効性は薄いですが日頃から意識的に摂取することで、しもやけに強い体を作ることができます。

ビタミンEを多く含む食材

ビタミンEを多く含む食材は、植物油に含まれており、ひまわり油、紅花油、とうもろこし油、菜種油などがあげられます。ナッツ類では落花生、ヘーゼルナッツ、アーモンドなどが良いでしょう。魚類ではからすみ、うなぎ、たらこ、明太子、いくらなどがあげられ、そのほかカボチャ、アボカド、抹茶、とうがらしなどにもビタミンEが含まれますので積極的に摂取しましょう。油を摂取することは抵抗があるかもしれませんが、しもやけ予防にとくに冬は積極的に摂取してみてください。ただし過剰摂取は骨粗鬆症になりますので注意しましょう。

まとめ

611288786

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

しもやけは、子どもや身内にしもやけ経験者がいる人、血行の悪い冷え性の人、ビタミンE不足の人、水に触れる機会が多い人、汗かき体質の人などの人がかかりやすく、ママや子どもたちがなりやすい皮膚疾患の一つです。特に子どもはしもやけになっても寒い中でも外で遊んだり、水をさわったりして予防や対策も難しいです。

たかがしもやけと思っていても、かゆみや痛みのせいで、物事に集中できなかったり、夜眠れなかったりすることもあります。しもやけの症状は最初はかゆみや腫れだけですが、症状が進んでくると、広範囲に赤く腫れてきます。じんじんするような感覚や、むずかゆさや痛み、熱感などの症状があります。さらに放っておくと悪化して腫れた皮膚が硬化して、あかぎれや、かさぶた、ただれができてしまうことも。そうなる前に症状が出た時は我慢しないで皮膚科を受診するようにしましょう。早期治療がとても大切です。


関連記事


/

この記事の著者

マイナビウーマン子育て

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録