ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

【海外レポート】アムステルダムでトップデザイナーの自宅に訪問

当記事はSUUMOジャーナルの提供記事です

当記事はSUUMOジャーナルの提供記事です

このコラムに「ありがとう」を贈ってください。
michillライターさんの励みになります

友だち追加 新着記事をお知らせします!

(前回からの続き)インテリア・デザインの祭典「ミラノ・サローネ」の前に、アムステルダムで、今注目のデザイナーPiet Boonの自邸を訪問。果たして人気デザイナーの自邸は、どんな空間なのだろうか?
■いよいよ、Piet Boonの自邸を訪問

アムステルダム在住で世界的に活躍する建築インテリアデザイナー、Piet Boon。そのオフィスから車で10分も走れば田園風景の中、彼の自宅は運河も流れる広い敷地に、母屋とゲストルームの離れがプールのある中庭を囲んで建っていた。
Piet Boon自邸の庭

庭のアウトドア家具もPiet Boonデザイン

庭のアウトドア家具もPiet Boonデザイン

ソファでくつろぐPiet

アウトドア・ベッドで寛ぐPiet、取材中にNY出張から戻ったところ

家の中に入ると、Pietの家具をインテリア・スタイリストのKarin夫人が得意な’MIX’コーディネーションで、ショールームよりもCOZY(心地よい)& WARMY(温か)な空間につくり上げていた。家具は皮・木・布・スチールと、違った素材をMIX。小物やアートも、国籍・年代・素材の違うものをMIXしているが、カラーで統一感を出していた。
暖炉のあるリビング
ソファにて
「大好きな『Emi Wada』の本を古着でカバーリングして飾っているの」と、Karinさんの小物には全て素敵なストーリーがある。
ディスプレイ

ダイニングから奥のキッチンを望む

ダイニングから奥のキッチンを望む

バスルーム
洗面

バスルーム・洗面は主寝室から連続したプライベート空間になっている

■インテリアデザインのTipsは”Imperfection” & “Change”

Karinさんが教えてくれたインテリアのTips(アイデア)、「’Imperfection’不完全で少し崩すのがポイントよ」。高級なものばかりや同時代、同じブランドばかりで揃えてしまうと堅苦しくなる。彼女はお母様のシンプルな帽子を飾り戸棚に指し色で使ってみたり、それがCOZYなMyHome感を醸し出していた。

もう一つのアイデアは「’Change’を楽しむこと。ベースの家具はシンプルなソフトグレーなどにして、クッションや小物の色彩で季節を楽しんで」と、カーテンを明・暗色のリバーシブルに作って、夏冬で簡単に裏表を変えることができるアイデアを紹介してくれた。

インテリアのTips

取材後、ディナーを用意してくれたBoon夫妻と共にお食事。
ホームパーティ
Pietは超ハンサム&ナイスGuy、気さくなジョークで会話を楽しませてくれた。ご自宅で、お子様達とご夫婦の素敵な関係性を垣間見て、住まいをデザインする人に必要なものは何かを教えられた気がした。
Piet夫妻
Pietと藤井

実はPiet Boonという家具ブランドに私が出会ったのも、2008年のミラノ・サローネだった。今年のサローネでも、そんな新しい出会いがある事を願ってMilanへGO!

引き続き現地からのレポートをお楽しみに。

元画像url 住まいに関するコラムをもっと読む SUUMOジャーナル

【住まいに関する関連記事】


情報提供元:SUUMO

更新日:2012年4月25日


0

michillライターさんの励みになります

お友だち追加で最新のコスメ、ビューティー、ファッション情報などを専門家が毎日お届けします!

友だち追加 キャンペーン情報もお知らせ!
この記事に投票する

回答せずに結果を見る

よく読まれています

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録