アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

ひまわりの種は東日本大震災復興支援に!神奈川・保土ヶ谷公園の花壇ボランティア活動

/

目次


東日本電信電話神奈川支店(以下NTT東日本)は、SDGs活動の一環として、神奈川県立保土ヶ谷公園の花壇に約500本の「ひまわり」を植え育てるボランティア活動をおこなっている。その「ひまわり」から収穫された種を、「福島ひまわり里親プロジェクト」を通じて、東日本大震災復興支援に役立てていく。

背景・目的

同公園は、「誰もが安心・安全・快適に過ごせるよう、都市公園法など関係法令及び神奈川県公園協会が定めた都市公園の管理運営指針等に基づき、公園を管理運営し、憩いの場として安全管理、癒しのための景観づくり、コミュニケーションの場づくり、災害時の防災拠点としての役割など、公の施設であることを深く認識し、不特定多数の者の利益の増進に寄与すること」を目的として公園管理されている。

NTT東日本は、2015年から「福島ひまわり里親プロジェクト」への協力として「ひまわりの植え育て、種収穫」を実施。SDGs目標である「目標11 住み続けられるまちづくりを」に資する活動として、保土ヶ谷公園が「快適に過ごせる憩い・癒し・コミュニケーションの場」としての役割を果たせるよう、花壇ボランティア活動を2017年からおこなっている。

ボランティア活動の内容

ボランティア活動内容は、保土ヶ谷公園のプール・広場脇にある花壇での、ひまわり(約500本)を植え育てるための土壌の整備(堆肥と石灰)、種植え、追肥、カバー掛け、刈り取り。なお雑草の草刈り、朝夕の水遣りは保土ヶ谷公園管理事務所にて対応している。

福島ひまわり里親プロジェクト

「福島ひまわり里親プロジェクト」は、全国の55万人の里親が育てた“ひまわり”を福島県で復興のシンボルとして咲かせることによって、雇用・教育・観光に繋げ、また、日本全国と福島の『絆』を深めるプロジェクト。この活動は、今では日本全国に広がり、たくさんの交流へとつながっている。

NTT東日本は、これからもSDGs推進および地域貢献に資する活動に取り組んでいくという。詳細は、NTT東日本神奈川事業部CSRホームページで紹介されているので、チェックしてみて。

■神奈川県立保土ヶ谷公園
場所:横浜市保土ケ谷区花見台4-2

※現在は、鳥からひまわりの種を守るため、カバーが掛かっている。



この記事の著者

STRAIGHT PRESS

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

人気ランキング

新着

カテゴリ

公式アカウント

ログイン・無料会員登録