妊娠中や産後ダイエットにぴったり!おすすめのヨガパンツは?

更新日:2018年3月29日 / 公開日:2018年3月29日

ヨガの聖地と呼ばれる「バリ島」でヨガを体験!というツアーが注目されていますが、妊婦さんや産後のママたちの間でも人気。今回はヨガを始める前に揃えたいヨガパンツについて知っておきたい情報をお伝えします。

始める前に揃えておくべきウェア

自分の体調とペースに合わせて行える「ヨガ」は妊婦さんや産後のママにとって、手軽に始められる運動の一つです。今回は運動不足解消や産後のダイエットにもつながるヨガの「ヨガパンツ」に注目してみました。おすすめのタイプやレディースブランドなどを選ぶ際、ぜひ参考にしてみてください。

意外と知らない? -ヨガパンツの種類と特徴-

ヨガパンツの種類は、ショートパンツ、クロップドパンツ、サルエルパンツ、レギンスと色々。動きに制限をかけないショートパンツや太もものあたりがふわっとしていてゆとりのあるクロップドパンツやカプリパンツ、同じくアンクル丈のサルエルパンツはクロップドパンツに比べると少し細身なため見た目がスマートで上品なイメージ、オーバー丈のトップスに気軽に合わせられるレギンスと、それぞれにメリットがあります。

産後も使える!ヨガパンツを選ぶポイント

妊娠中のマタニティヨガから産後ヨガまで使えるヨガパンツのポイントをおさえていきましょう。

・丈の長さ 長すぎる丈は、裾を踏んで転倒につながったり、動きにくかったりとマタニティヨガにはふさわしくないので、アンクル丈(足首が見えるくらい)、7分丈、カプリ丈(ひざ下)がよいでしょう。ショート丈はかいた汗が引いた後、身体を冷やしてしまう可能性があるので、レギンスとのレイヤードコーデがおすすめです。

・素材 意外と汗をかくヨガには、吸汗性と速乾性にすぐれた素材のパンツがおすすめ。厚手のコットンやスウェット素材だと、汗を吸収して重くなり動きにくくなってしまうため不向きと言えそうです。また、ぴったりとしたレギンスであれば、伸縮性にすぐれた素材を選びましょう。

・デザイン 裾が少し広がったAラインのパンツは女性らしくおしゃれですが、ヨガの動きをするなかで広がった裾がジャマに感じることがあります。また、ワイドなデザインもゆったりとしてよいですが、必要以上なワイド感も動きを妨げてしまうので、動きやすいデザインを知っておくとよいでしょう。

どこで買う?人気のヨガウェアのブランド

初めて買うなら、お手頃価格のヨガパンツ

これからヨガを始めようという初心者さんなら、最初は価格が安めのウェアで揃えると気軽でしょう。

〈ユニクロエアリズムレギンス〉

ユニクロスポーツからはエアリズムシリーズのレギンスなら1990円(税抜)とお手頃。身体にやさしくフィットし、サラッとした爽快感のレギンスは、XS~3XLまでとサイズ展開も豊富なので妊娠中から産後まで体型に合わせて選ぶことができますね。

●ユニクロ「エアリズムレギンス」 http://www.uniqlo.com/jp/store/goods/400272-69

〈Milk Tea【マタニティ・パンツ】ビューティ・ヨガパンツ2〉

やわらかく伸びる素材を使用。お腹も締め付けることなく着用できるマタニティ用のヨガパンツです。ミルクティ―・ロイヤルブルー・チャコールグレー・ブラックの4色展開なので、トップスとのコーデも楽しめます。

●Milk Tea【マタニティ・パンツ】ビューティ・ヨガパンツ2 https://junyu-fuku.com/SHOP/280.html?utm_source=yahoo&utm_medium=cpc

スポーツメーカーの本格派ヨガパンツ

本格的にヨガをやりたいという方に納得のブランドです。

〈スリアイリナマタニティストレート〉

ヨギーニのライフスタイルを豊かに彩る人気ブランド「スリア」。なかでもボトムス「イリナマタニティストレート」がおすすめです。締め付け感がない心地よさとお腹を包み込んでくれるやさしい素材が魅力。細身のシルエットで妊娠中の体型もおしゃれにカバーしてくれます。

●スリア「イリナマタニティストレート」 http://online.suria.jp/fs/suria/maternityyoga/SU-P100

まとめ

妊娠中から産後のヨガにぴったりのヨガパンツを選ぶ際には、ヨガの動きにしっかり対応できる長さや素材そしてデザインなどを知っておくと、運動不足解消やダイエットの効果にも違いが出てきそうですね。身体にやさしいヨガパンツを選んで、ヨガが快適に行えるとよいですね。


関連記事



この記事の著者

ログイン・無料会員登録