アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

赤ちゃんにも重要な食育!乳児期・幼児期の食事のポイントは?

目次

赤ちゃんのうちから始めたい食育、離乳食をきっかけに気になっているママもいるのではないでしょうか。生活に密着している食育は、難しい専門知識がなくても簡単に子どもに伝えることができます。乳幼児期や幼児期に取り入れたい、食育方法や注意点などをご紹介します。

赤ちゃんのうちから意識したい「食育」

84286029

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

食育は何をすればよいの?というママも多いかと思います。生活に関わることですから、食育を上手に取り入れていきたいですよね。食育とは何か、食育の必要性をご紹介します。

食育とは

食育は「様々な経験を通じて『食』に関する知識と『食』を選択する力を習得し、健全な食生活を実現することができる人間を育てること」を目的としています。2005年に食育基本法が制定され、食育という言葉が広がるようになりました。

食育って難しい?と思うかもしれませんが、そんなことはありません。食事のマナーや食生活の習慣を身につけたり、健康的な食事について考えるのが食育です。他にも、農業・水産業と食の関わりについて知ること、古くからの食文化について知ることなどがあげられます。普段の生活から学んでいけるのが食育なんですね。

●農林水産省ホームページ「食育の推進に向けて」 http://www.maff.go.jp/kinki/syouhi/seikatu/iken/pdf/syoku_suisin.pdf

●農林水産省ホームページ「食育基本法」 http://www.maff.go.jp/j/syokuiku/pdf/kihonho_28.pdf

赤ちゃんのうちから重要!食育の必要性

好きなものしか食べない子どもが増えているようでが、食育はいつから始めればよいのでしょう。内閣府では赤ちゃんの頃から取り入れるよう推奨しています。離乳食でさまざまな食体験をすることで、食育の土台ができるからです。離乳食が始まる前なら、家族で楽しく食事をしている様子を見せましょう。食事は楽しい、という経験を繰り返すことが食育の第一歩です。

絵本で食育にふれるのもよいでしょう。食べる楽しみを伝える絵本、好き嫌いはよくないと伝える絵本など、さまざまなテーマがあります。内容に合わせて何冊か本を選んでもよさそうですね。

●内閣府 政策統括官(共生社会政策担当)付食育推進室作成資料「食育ガイド」 http://warp.da.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/9929094/www8.cao.go.jp/syokuiku/data/guide/pdf/printing.pdf

乳児期の食事のポイント

488630604

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

乳児期の赤ちゃんには、どのような食育をすればよいのでしょう。知っておきたいポイントをまとめました。

乳児期ってこんな時期

乳児期の赤ちゃんは成長や発達の個人差が大きく、授乳や離乳食の量やペースは子どもによって違います。心配しすぎる必要はありません。乳時期は大人が食べているものを見つめたり、食べることに興味を示し始める時期。「おいしいね」など、赤ちゃんに声かけしながら食事をとりましょう。食べる食べないに関わらず、食卓を囲む喜びは伝えていきたいですね。

食事を楽しませることが大切

離乳食を食べてくれないときもありますよね。不安に思うママもいるでしょう。焦る気持ちはわかるのですが、乳児期は食事の楽しさを覚える時期。ママも笑顔で食事ができるとよいでしょう。赤ちゃんが食材を見たり触ったりするのは、興味がでてきた証拠です。そこから食べて味覚を覚え、自分から食べようとする行為に繋がります。温かく見守ってあげましょう。

離乳食の味付けをするときは薄味で

離乳食を食べている乳児期は、基本的に味付けの必要はありません。消化器官が未発達なので、味付けしすぎると身体に負担がかかります。食材自体にも塩分などが含まれているので、食材がもつ本来の味で十分美味しい食事になります。味付けが必要なときは、昆布などの出汁を利用し薄味を心がけたいですね。

幼児期の食事のポイント

81986648

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

食事に慣れてくる幼児期、食育はどのように取り組むのがよいでしょう。年齢別に食事やおやつの注意点、保育園での食育についてまとめました。

幼児期ってこんな時期

乳児期と比べ、幼児期は起きて遊んでいる時間が増えますよね。生活が規則的になり、メリハリが出てくる時期かと思います。幼児期は食事のリズムの基礎を作る重要な時期です。その後の食事の関わり方に影響があるので、毎日決まった時間に食事がとれるとよいでしょう。

【年齢別】食事・おやつのポイント

幼児期の食事やおやつは何に気をつければよいでしょう。1歳半頃、3~5歳頃に分けご紹介します。

■1歳半頃

離乳食完了期となる1歳半頃は、少しずつ大人と似たような食事ができるようになる時期です。この時期は食事とおやつのリズムを整えることを優先的に意識しましょう。

食事は決まった時間に用意し、自分で食べられるよう工夫できるとよいでしょう。つかみ食べしやすい大きさにしたり、子どもでも持ちやすいスプーンを用意したり。子どもの食べるペースに合わせることも大切です。

この時期のおやつは食事を補う意味があります。お菓子などではなく、蒸したサツマイモやヨーグルトなどがおすすです。食事同様、決まった時間に用意できるとよいでしょう。

■3歳から5歳頃

食べられる食材が増え、いろいろな食体験ができるのが3歳から5歳の年齢です。この時期は、バランスのよい食事・おやつを意識しましょう。

Letstry img 01

農林水産省では、1日に何をどれだけ食べればよいか、食事とおやつの量をコマに例えて解説しています。主食がこまのてっぺん、副菜、主菜、と続き、牛乳や乳製品と果物がコマ先となります。おやつはコマを回す紐で描かれており、コマ先にいくほど摂取量は少なくなります。食事とおやつの参考にしてもよさそうですね。

この時期の保育園の食事について

乳幼児を預かる保育園でも、さまざまな食育の取り組みが行われています。出される食事は旬の食材を多く取り入れていたり、子どもが食べやすいよう小さくカットされていたり。子どもが食に興味を持てるよう、園庭で野菜を育て、収穫した野菜をみんなで調理する保育園も。同年代の子といっしょに学ぶことで、より楽しく学べるのかもしれませんね。

食育に悪影響!子どもの食事の注意点

647561166

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

食育について考えたとき、毎日の食事は何を気をつけたほうがよいのでしょう。注意点をご紹介します。

ニオイや見た目にも気を配る

彩り豊かな食材が並んだり、盛り付けがきれいな料理は食欲をそそりますよね。それは子どもも同じです。料理の見た目や香りも大切にしましょう。野菜を型抜きしたり、ご飯を動物の形に盛り付けるだけでも料理の印象は変わります。食事に興味を持ってくれるよう、工夫してみてはいかがでしょうか。

調味料の使い過ぎに注意

離乳食や幼児食は薄味が基本です。大人と同じ感覚で調味料を使うのは控えましょう。乳児期から濃い味付けに慣れると、大人になってからも濃い味を好む傾向にあるようです。調味料を使わなくても、食材本来の味を楽しむことはできます。塩分などの取りすぎは身体によくないので、調味料は適切か気にかけたいですね。

素材はできるだけ混ぜないで

離乳食や幼児食を食べている時期は、食材の味を覚える時期。野菜の甘さやご飯の甘さを知り、美味しいと感じることも大切です。煮込みうどんや雑炊など、いろいろな食材を一つにした料理ばかりをあげるのは控えた方がよいでしょう。毎日続けていると「味付けしないと食べられない」状況になるかもしれません。ご家庭の中で上手に取り入れられるとよいですね。

孤食にさせない

一人で食事をする孤食は、食育の観点からも避けましょう。ママやパパから好き嫌いを注意される機会が減り、偏食になる可能性が高いです。何より、一人の食事は楽しくないですよね。愛情を込めて用意したのですから、いっしょに食卓を囲み笑顔で食事ができるとよいでしょう。

まとめ

赤ちゃんから始められる食育、まずは楽しく食事をするところから始めてみませんか?薄味の離乳食や絵本を使い学ぶ乳児期、いろいろな味覚を覚える3歳児などの幼児期、年齢に合わせた進め方が大切です。家族みんなで食育を考えてみてはいかがでしょうか。


関連記事


/

この記事の著者

マイナビウーマン子育て

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録