ハイウエストコーデで体型カバー!細見えシルエットを作ろう

更新日:2022年9月28日 / 公開日:2022年9月28日

ハイウエストコーデは、だれでも簡単におしゃれが楽しめます。一見難しそうなコーデも実は着こなし方がシンプルなため、ファッションに自信のない人にもおすすめです。カラーパンツ・デニムパンツ・ハーフパンツなど見ているだけでワクワクするハイウエストコーデを紹介します。

ハイウエストコーデでおしゃれ上級者になろう

出典:

「ハイウエストコーデが好きだけど、いつもワンパターンの着回しになる」「ハイウエストを着たいのに、着こなし方がわからない」こんな悩みを持っている人は多いでしょう。

まずは、ハイウエストコーデの取り入れ方を紹介します。

ハイウエストコーデの基本はトップスイン

ハイウエストコーデを着るときは、トップスをインして大人ファッションを作るのが基本です。

インすることではじめてハイウエストが表現されるほか、きちんと感が演出できます。

また、ショート丈のトップスを合わせることでもハイウエストな着こなしがかないます。トップスアウトな着こなしは、カジュアルな印象が強いため、プライベートコーデで活躍するでしょう。

ハイウエストコーデのメリットは、なんといってもウエストの位置が高くなり、足が長く見せられることです。

ヒールの有無にかかわらず足長効果が期待できますが、よりスタイルアップして見せたい場合にはヒールのある靴を合わせるとよいでしょう。

ワイドパンツで下半身すっきり

「ハイウエストコーデに挑戦したいけれど、お尻が気になる」「足の太さを隠したい」という人は、裾が広がったワイドパンツを選ぶことで体型がカバーできます。

全体的にぴったりとしたパンツの場合、どうしても体のラインを拾ってしまうため、気になる部分がより強調されて見えかねません。

その点、ワイドパンツなら幅広のストンとしたシルエットになっているため、気になるお尻回りや足幅を隠しながら自信を持っておしゃれが楽しめるでしょう。

サスペンダーでこなれ感アップ

周りと差をつけたハイウエストコーデが楽しみたいなら、サスペンダーを取り入れるのがおすすめです。

もともと足長に見せられるハイウエストに、縦ラインのサスペンダーが加わることで、よりIラインが強調されて全体的なスタイルアップが狙えます。

Tシャツなどラフなアイテムと合わせればカジュアルライクに、襟付きシャツと合わせればマニッシュなスタイルにと、さまざまな雰囲気で楽しめることも魅力です。

オフィスカジュアルにおすすめなハイウエストコーデ

出典:

オフィスでのハイウエストコーデは、きちんと感が出せるカラーやトップスを合わせるのがおすすめです。白や黒はもちろん、落ち着いたトーンのカラーを選ぶことで、オフィスでもおしゃれが楽しめます。

シャツは白だけでなく、カラーシャツや柄の入ったシャツも合わせてみましょう。トップスの面積が少ないので、一見オフィスに不向きなシャツでも違和感なく着こなせます。

カラーパンツでフェミニンさをプラス

出典:ZOZO

オフィスで取り入れるハイウエストコーデなら、淡い色合いのカラーパンツを取り入れてみましょう。

白のトップスできちんと感を出しながら、パンツでフェミニンな雰囲気を演出できます。

コーデ全体がシンプルな分、小物でのアレンジも取り入れやすいスタイルです。

存在感のあるネックレスやピアスはもちろん、スカーフを取り入れるなど、気分によって着こなせる万能オフィススタイルです。

シャツと合わせるときちんと感あり

出典:ZOZO

フェミニンな花柄トップスは、ミントカラーのパンツにインすることで、オフィスでも違和感のない凛としたコーデになります。

知的なハイウエストパンツに、パフスリーブや甘め柄のシャツを合わせた甘辛バランスが、おしゃれ上級者感を醸し出します。

カラーのハイウエストパンツはトップスを変えるだけで、爽やかにもアクティブにもガラッと印象が変わります。きっちり感を強調したいときは、体のラインにフィットしたシャツを選ぶのもおすすめです。

出典:ZOZO

存在感のあるデザインが特徴的なシャツは、落ち着いたトーンのパンツと合わせることでオフィスに溶け込むハイウエストコーデになります。

スタイリッシュな着こなしながらも、シャツがバルーンスリーブになっているので、やわらかな女性らしさも醸し出しています。

ロングトップスとの組み合わせで大人きれい

出典:ZOZO

ゆるめのオフィスカジュアルでOKな職場なら、抜け感のあるTシャツにロングジレを羽織ったスタイルでクールにまとめましょう。

レースジレは、縦ラインを美しく見せるだけでなく、カジュアルなコーデをレディな印象へと変化させてくれています。

ホワイトのワンカラーでまとめあげたコーデですが、ハイウエストの切り替えがアクセントとなるため、スタイリッシュにまとまります。

出典:ZOZO

ロングシャツワンピースを羽織ったスタイルも、オフィスにおすすめのコーデです。インナーにカジュアルな装いを入れても、シャツのかっちりとした印象がオフィスになじみます。

ヒールのある靴とペタンコ靴のどちらを合わせても、女性らしくまとまります。

デニムパンツのハイウエストコーデ

出典:

プライベートで楽しめるカジュアルスタイルといえば、デニムパンツです。ハイウエストのデニムパンツは着回しが自在なので、1本は持っておきたいアイテムといえます。

スキニータイプが苦手な人は、ゆったりサイズのワイドデニムを選べば体型カバーが可能です。さらに、デニムはトップスの種類や色を選ばないため、エレガントにもナチュラルにも、またボーイッシュにも変身できます。

デニムのハイウエストコーデの数を増やしていきましょう。

黒トップスでシックな大人カジュアル

出典:ZOZO

上半身に黒を持ってくることで、クールに着こなすハイウエストコーデです。カジュアル感の強いデニムも、トップスに黒を取り入れることでキリっと引き締まった大人の印象になります。

ベルトを着けてウエストにアクセントを持って行くと目線が高くなるので足長効果も期待できます。大きなネックレスを合わせるとエレガントさも演出できます。

スニーカー・パンプス・ブーツなどどんな靴とも合わせやすく、デートやアウトドアなどTPOを選ばないコーデです。

かわいい系ならピンクが好相性

出典:ZOZO

かわいらしさあふれる薄いピンクのトップスは、デニムにインしてコンサバ感を出しましょう。

足元を黒などの靴でシックに決めれば、パステル系のトップスでもかわいくなりすぎないコーデが完成します。

裾を折り返して足首を見せるだけで華奢な印象にもなり、スニーカーと合わせればマニッシュに、ブーツと合わせればエッジがきいた印象になるので試してみましょう。

ショートパンツのハイウエストコーデ

出典:

露出が増えるハーフ丈が苦手な人は、ロングブーツと合わせるのがおすすめです。足を隠しながらスタイリッシュに見せられ、適度な肌見せで足長効果も狙えます。

ショートパンツのハイウエストコーデは、プライベートだけでなく通勤スタイルやオフィススタイルにも合うので覚えておきましょう。

リネン素材で子どもっぽさ回避

出典:ZOZO

膝上丈のパンツは幼い印象を与えがちですが、トップスとパンツにベーシックカラーを選べば大人でも着こなせます。

リネンが落ち着いた印象を与え、大人シックに仕上がります。

シンプルなコーデだからこそ、カラフルなソックスなど小物でカラーを取り入れると遊び心があるコーデになります。

セットアップでスーツ風にも

出典:ZOZO

ハーフパンツでもきちんと感を出しながら着られるのが、セットアップコーデです。もともとセットアップの服でなくても、同じ色の上着を合わせるだけで簡単にセットアップが作れます。

さらに大人なスタイルにしたいときは、ハイウエストパンツの素材をスーツの生地のようなしっかりした生地感にしたり、シックなデザインのバッグや靴を合わせたりするのもいいでしょう。

取り入れる小物によって、カジュアルにもエレガントにもなります。

ハイウエストコーデで大人ファッションを楽しもう

出典:

ハイウエストコーデをするときは、トップスをインするのが大人ファッションのコツです。きちんと感を出しながらスタイルをきれいに整えてくれるので、着るだけでおしゃれな女性に見せられます。

体型が気になる人にはゆったりと着られるワイドパンツもあるので、気になる足のシルエットを隠しながらおしゃれが楽しめるのもうれしいポイントです。

オフィスにもプライベートにも生かせるハイウエストコーデは、覚えておいて損はありません。着回しの幅を広げて、ファッションを楽しみましょう。

記事協力:ZOZOTOWN



この記事に関連するキーワード

この記事の著者

ログイン・無料会員登録