アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
風水 寝室

寝室の風水で運気アップ!方角・ベッドの位置・色別にポイントを解説

/

風水における寝室は英気を養う場所です。私たちは睡眠時に、寝室に流れる気を体内に取り込み、運気の再生を図ります。つまり、風水的に良い寝室をつくることが運気アップにつながるのです。この記事では、風水的に良い寝室の方角・ベッドの位置・色別にポイントを解説します。寝室作りの参考にしてくださいね。

目次

1.風水に良い寝室の方角

風水では、お部屋ごとに吉方位(運気アップしやすい方角)があります。
手軽に寝室を運気アップしたいなら、吉方位に寝室をつくれば良いわけです。
ここでは、風水的に良い寝室の方角を解説していきます。

1-1.もっとも良いのは『本命卦(ほんめいか)』の方角

風水における『本命卦』とは、生まれながらにして結びつきの強い吉方位のことです。
本命卦は生まれ年と性別ごとに決まっており、『八卦(はっけ)』と呼ばれる8つのグループに分類されます。
次の早見表からあなたの本命卦を知り、その方角に寝室・ベッドを配置しましょう。

なお、本命卦の生年の区切りは『立春(2月4日)』とします。
たとえば、昭和56年2月3日生まれの男性は、昭和55年生まれとして計算するので、本命卦は『坎(かん)』となるわけです。
また、家族がいて本命卦がバラバラの場合は、一家の大黒柱の本命卦を優先します。
あるいは、求める運気の方角によってベッドを置く方角を決めるのもおすすめです。

1-2.健康運を上げたいなら『北』の方角

本命卦にあわせるのは難しい...。という人は、方角が本来持つ運気にあわせて寝室の方角を決めるのも良いでしょう。
風水において北は、静養や安眠に効果的な方角です。
北に寝室を配置することで深く眠れるようになり、健康運がアップするといわれています。
また、風水において北は『水』の気をもつ冷えやすい方角でもあります。
北の方角における理想的な寝方は、頭を冷やして足元を温める『頭寒足熱(ずかんそくねつ)』です。風水的に良い寝室をつくるために北枕もあわせて取り入れると良いでしょう。

1-3.恋愛・対人運を上げたいなら『南』の方角

風水において南は美や直観力を司る方角です。
南の寝室には朝日が降り注ぐため、明るい性格になれるともいわれています。
そんな南の寝室がおすすめなのは、恋愛運や対人運アップを狙いたい人。
南の方角に寝室を配置することで、好きな人や近所付き合いがスムーズに運ぶほか、クリエイティブな仕事でもアイデアが浮かびやすくなるでしょう。

1-4.仕事運を上げたいなら『東』の方角

風水において東は太陽が昇る方角であることから、発展・出世を司るとされています。
そのため、仕事で成長したい人や事業で成功したい人の仕事運アップに効果的です。
また、東枕にして眠ることで『若返り』の風水効果も得られます。
いつまでも若々しくフレッシュな気持ちでいたい人には最適な方角といえます。

1-5.金運を上げたいなら『西』の方角

風水において西は、お金や趣味・娯楽を司る方角です。
西の寝室は、商売繁盛を願う経営者はもちろん、趣味を仕事にしている人にもおすすめ。
また、西は太陽が沈む方角であることから、西枕にして眠ると年齢よりも落ち着いた雰囲気になれるとされています。
金運アップと同時に、経営者としての貫禄が欲しい人には西の寝室が最適です。

2.風水的にNGなベッドの位置

風水的に良い方角に寝室をつくるとき、ベッドを置く位置にも注意しましょう。
というのも、寝室にはドア、鏡、窓など風水的に強い気を発するアイテムがあるからです。
ここでは、風水的にNGなベッドの位置を解説していきます。

2-1.ドア正面にベッドを配置するレイアウト

風水におけるドアは、吉凶混合の気が出入りする場所。
ドアの正面に物を置くと、良い気も悪い気も真正面から吸収することになります。
風水的に良い寝室をつくりたいなら、ドアの正面を避けてベッドを配置しましょう。

2-2.鏡にベッドが映るレイアウト

鏡には、人やモノの姿を映したり、光を反射したりする性質があります。
そのため、風水における鏡も、映ったものの気を吸い取る・跳ね返すアイテムといわれているのです。
鏡に映るようにベッドが配置されていると、睡眠中に運気が吸収されてしまうので、ベッドの配置には注意しましょう。
小さめの鏡であれば、裏返す、あるいは布を被せて鏡に何も映らないようにすれば問題ありません。

2-3.窓際にベッドを配置するレイアウト

室外と室内をつなぐ窓もドアと同様、運気の出入りが激しい場所。
窓際にベッドを置くと悪い気だけでなく良い気も逃げてしまうため、風水的にNGです。
寝室を見渡し、窓のない壁際にベッドを置くようにしましょう。
あるいは、厚手のカーテンで窓全体を覆う方法も運気ダウン防止に効果的です。

2-4.柱や家具の角がベッドに接するレイアウト

風水において、柱や家具の角からは殺気が生じると考えられています。
これを『尖角衝射(せんかくしょうしゃ)』といい、健康運が下がる原因です。
柱や家具の角がベッドに接する場合、睡眠中に殺気を受けてしまうことになります。
とはいえ、柱や家具の移動が難しいケースもあるため、角の部分に布を被せる、もしくは殺気を浄化してくれる観葉植物や水晶を寝室に置いて対策しましょう。

3.運気が上がる!風水におすすめの配色

寝室の開運を目指すなら、インテリアの配色にもこだわりましょう。
なぜなら、風水では色からも幸運を吸収できると考えられているからです。
寝室のラッキーカラーは、『白(アイボリー)+方角がもつ色』。
どの方角とも相性のよい白系を基調に方角がもつ色を取り入れることで、風水的に運気が上がりやすい寝室をつくれます。

3-1.北方角の寝室には『ピンク・グレー』

風水において北は冷えやすい方角なので、ぬくもり溢れる暖色系の配色がベスト。
アイボリーを基調に、グレーのインテリアやピンクの羽毛布団を配置しましょう。
また、北の寝室に淡いピンク、桜色、サーモンピンクなどのカーテンを引くと優しく癒される空間づくりができます。

3-2.北東の寝室には『クリーム色』

風水における北東は『鬼門』と呼ばれ、邪気のたまりやすい方角です。
そんな北東の寝室に配置するなら、神様のご加護を受けられるクリーム色がおすすめ。
クリーム色以外では、空間を浄化してくれる白のインテリアも北東と相性が良いです。

3-3.東方角の寝室には『ブルー』

風水では、東の方角には木の気が宿るといわれています。
木は水を注がれて育つことから、東の寝室と相性が良い配色はブルー。
同じブルー系でも水の気をもつのは水色で、濃い青や紺色は木の気をもちます。
どちらの配色も東の方角と相性が良く、勉強運や仕事運アップにも効果的です。

3-4.南東方角の寝室には『オレンジ』

風水における南東は恋愛、結婚、対人関係を司る方角です。
南東の寝室にオレンジのインテリアを配置すると、人気運・モテ運がアップします。
特に相性が良い配色は、アプリコットオレンジです。

3-5.南方角の寝室には『緑』

風水における南は日当たりが良く太陽のパワーが強い方角です。
日光を浴びると緑(植物)がよく育つことから、南の寝室は緑色と相性が良いとされます。
また、若葉を連想させるようなライトグリーンを配置すると、健康運や美容運がアップするといわれています。

3-6.南西の寝室には『ベージュ』

風水における南西は『裏鬼門』と呼ばれ、鬼門と同様に気が淀みやすい方角です。
また、南西には地の気が宿り、家庭運や継続運を左右する方角でもあります。
そんな南西の寝室と相性が良い色はベージュ。
ベージュ以外であれば、アースカラーを選ぶと運気が安定しやすくなります。

3-7.西方角の寝室には『金色・黄色』

風水において金運を司る西の寝室のラッキーカラーは、金色や黄色。
西の方角と同じ金の気をもつイエロー系の配色で、招財効果を高められます。
空間浄化効果の高い白のシーツに、金属(金色)の柄が付いたベッドランプを配置すると、より良い金運の流れができるでしょう。

3-8.北西の寝室には『クリーム・ベージュ』

風水における北西は、事業運や才能運を司る主人(大黒柱)の方角。
ベージュやクリーム色のインテリアを配置すると、北西の運気が育ちやすくなります。
また、事業運を集中的にアップさせたい場合、アクセントカラーとして金色・銀色の配色を増やすのも良い方法です。

4.運気アップ!寝室に置くと良いもの

風水的に良い寝室をつくるために方角、ベッドの位置、配色のポイントを解説してきました。
さらに効率よく寝室の運気アップをするために、寝室に置くと良いものを紹介します。
ちなみに、寝室に置かない方が良いものは以下のとおりです。

【寝室に置かない方が良いもの】
・ドライフラワー
・ぬいぐるみ、人形
・スマホ(枕元)
・柄物のカーテン
・原色のシーツ
・アイアンやスチール製のベッド
・黒やモノトーン系のインテリア
・背の高い本棚
・枕元に山積みの本

4-1.観葉植物・生花

風水では、観葉植物や生花は幸運を引き寄せるアイテムとされています。
一方、ドライフラワーは生気を失った花とされ、配置すると運気ダウンのもとになるので注意しましょう。
なお、観葉植物を置く際は、寝室のような暗所でもよく育つ耐陰性の高い種類を選びましょう。

4-2.アロマ

風水では、香りからも運気を吸収できると考えられています。
アロマを炊くことで、その空間に充満した悪い気を払う効果もあるのです。
寝室でアロマを炊く場合、方角に合わせて香りを変えてみるとさらに運気アップします。

4-3.ラグマット

ラグマットは、足元を温めつつ悪い気を吸収してくれる優秀な風水アイテム。
風水では『頭寒足熱』の考え方を重んじるため、寝室にはラグマットを敷きましょう。
また、ラグマットは綿、麻、ウールなどの天然素材を選ぶのがポイントです。
自然界にもともとある天然素材は、風水において良い気を発するとされています。
「少し高いな…」と感じるような高級ラグマットを敷くと、金運アップも狙えます。

4-4.暖色系の間接照明

寝室を真っ暗にして眠ることは風水的にあまり良くありません。
そこで、暖色系の間接照明を取り入れ、寝室を少しだけ明るく照らしておきましょう。
明るい空間だと寝心地が悪いという場合は、手のひらサイズのベッドランプでもOK。
寝室が暗闇に包まれている状態を回避できれば問題ありません。

寝室に風水を取り入れて運気を上げよう!

人生の約3分の1を過ごすといわれる寝室。
長く過ごす部屋だからこそ、風水を取り入れて運気アップしたいものです。
家の設計上、寝室の方角を変えるのは難しいので、まずはベッドの位置、配色、小物から見直してみましょう。
寝室がパワースポットになれば、あなたの運気は格段に上がるはず。
身近なところから風水を取り入れて、運気を上げましょう!

まとめ

・風水に良い寝室の方角は本命卦で決まる
・上げたい運気によって寝室の配置を変えるのが吉
・ベッドを置くならドアの正面や窓際は避けるのが吉
・方角のラッキーカラーで寝室の運気を補強しよう
・風水アイテムを置くと寝室の運気はさらに上がる



この記事に関連するキーワード

この記事の著者

michill トレンド

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

人気ランキング

新着

michicos
michicos

カテゴリ

公式アカウント

michicos
michicos
ログイン・無料会員登録