その涙袋メイク残念見えかも…プロが辛口チェック!お古メイクVS今っぽメイクの違い

更新日:2022年9月17日 / 公開日:2022年9月17日

こんにちは!メイクアップアーティストの園佳子(そのよしこ)です。涙袋メイクはデカ目に見せるアイメイクとして効果絶大なので、とり入れている方も多いのでは?今回は残念なお古メイクに見える涙袋メイクと今っぽ涙袋メイクをご紹介します。

今っぽ涙袋はベースの作り方が大切!

涙袋メイクはベース作りから始まります。

目の下に施すメイクなので、くすみがちな目元のベースを作らずに涙袋メイクをするとくすんでるクマに見えてしまうことも。

今っぽ涙袋メイクは、ベースの時点でコンシーラーを使ってくすみをカバーするのが大切!そうすると透明感も出て美しく仕上がります。

また、涙袋メイク専用のペンシルタイプのコンシーラーも販売されているので、そういったアイテムを駆使すると初心者さんでもカンタンに仕上げられます。

目の下の艶を出してぷっくり見せたい箇所にペンシルタイプのコンシーラーを塗ります。コンシーラーを付けることで、アイシャドウの発色も艶っぽく色味の出方も良くなります。

塗ったあとはブラシでしっかりなじませましょう。

今っぽ涙袋は目の形に合わせてつくる!

涙袋メイクで残念…と思ってしまうのが、自分の目の形を無視してぷっくりさせればOK!という感じのメイクです。

まだまだ涙袋メイクが登場した時は目の下に影を全体的に入れがちでしたが、今っぽ涙袋メイクは、自分の目の形に合わせて自然にぷくっと見せるのが正解です。

ハイライトもラメがぎっしりのものを塗るのはギャルメイクに見えるのでツヤの出るシャドウやクリームアイシャドウを使うと良いです。しっかりブラシでなじませるのも大切です。

では、目の形に合わせての涙袋メイクをご紹介します。

タレ目さん

目頭側に、中心に影を入れるように涙袋メイクします。

タレ目さんは目尻側にぷっくり立体感を出すと余計にタレ目に見えてしまうので、目頭中心に影を作ってメイクします。

つり目さん

つり目さんは逆に目尻側中心に影を作り、目頭にかけて自然に明るくなるようにすることでつり目をカバーしつつ涙袋メイクができます。

ノーマル目さん

ノーマル目さんは、最終的にタレ目がちに見せて可愛らしく仕上げたい方は目尻側に涙袋メイクをします。

逆に、すっきりした大人っぽさも出したい方は、目頭側に涙袋メイクをするとデカ目効果を出しつつも甘くなり過ぎない仕上がりになります。

いかがでしたか??涙袋メイクといっても、人それぞれ目の形は違うので、自分に合った、なりたいイメージで仕上げることができるとメイク上級者さんです。

残念なお古メイクに見えないよう自分の目の形もしっかり分析してみてくださいね!



この記事に関連するキーワード

この記事の著者

ログイン・無料会員登録