アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
あなたのメイクダサ見えかも!?ダサ見えアイメイクを垢抜けアイメイクにする方法4選

あなたのメイクダサ見えかも!?ダサ見えアイメイクを垢抜けアイメイクにする方法4選

/

コスメコンシェルジュ・美容ライターの斎藤明子です。多くのダサ見えアイメイクと垢抜けアイメイクの違いは、ほんの少しだけ…ということをご存知でしょうか?今回は、ダサ見えしてしまいがちなアイメイクのポイントと、それを垢抜けアイメイクへ変身させる方法をイラストでご提案します。

目次

ダサ見えメイク①マットアイシャドウのベタ塗り

人気の透け感のあるマットアイシャドウを使って、まぶたの上下に単色メイクすれば、今っぽく仕上がると思っている方は要注意です。

ベタ塗りのマットアイシャドウは、目力を強くしてくれる効果絶大ですが、主張の強過ぎるアイメイクとなり不自然な印象になりがち。遠目から見ても悪目立ちし、ダサ見えしてしまいます。

垢抜けメイクにする方法

アイシャドウパレットの中から選ぶ色によっては、上に挙げたダサ見えメイクに仕上がってしまいます。グラデーションは古いと頑なに感じている方が多いかもしれませんが、実は締め色のマットカラーの上に薄目のマットなベージュカラーを重ねた方が、透明感が生まれて抜け感のある今っぽい仕上がりになります。

コツは、締め色は広い範囲に塗らないこと。ぱっちりとした二重まぶたの方ならはじめから締め色は使わないで、抜け感のあるマットな薄めベージュのアイシャドウをアイホール全体にブラシでぼかすのが◎。それだけで、デカ目効果も得られて今っぽい雰囲気に仕上がりおすすめです。

ダサ見えメイク②パール感の強い下まぶたのツヤ

立体感を演出するグラデーションメイクは、古い印象になりがちだとすでに感じている方が多いようです。わかってはいても、新色アイシャドウパレットのラメやパールを重ね塗りしているうちに、ダサ見えしてしまいがちなメイクになってしまう事があります。

特に下まぶたの目頭側のハイライトは、まだやっている方が多いのでチェックしてみて!

垢抜けメイクにする方法

パール感が強いツヤは、重ねすぎるとメタリックな印象になってしまいがちなので、細かいラメを意識してツヤをプラスするといいでしょう。失敗しにくいのは、黒目の上だけに少しだけ乗せる方法です。

また、二重幅の上に粒が大きめのグリッターをのせると華やかな印象になります。お手本はK-POPアイドル。パールではなくグリッターを選ぶだけで、垢抜けメイクに変身できるのでおすすめです。

ダサ見えメイク③上下バサバサのひじきまつ毛

カールした長いまつ毛は、それだけで目を大きく見せてくれる効果があります。それだけに、やればやるほど濃く長くなるマスカラを塗り過ぎてしまいがち。とくに、下まぶたのまつ毛のマスカラは要注意です。

垢抜けメイクにする方法

理想はセパレートした扇状のまつ毛です。目を伏せたときにもきれいに見えるCカールのカーブをつけ、下まぶたにはカールはつけず、カールアップ効果のあるマスカラで撫でるように1ストローク滑らせるだけで十分です。

カラーマスカラが人気ですが、薄い色は目を大きく見せる効果はあまり高くないので、目を大きく見せたいときは、少しだけくすみ感のあるブラックかブラックブラウンがおすすめ。太さよりカールアップ効果や長さをプラスしてくれるタイプのマスカラをチョイスしましょう。

ダサ見えメイク④Cゾーンに入れ過ぎたハイライト

明確にはアイメイクではありませんが、アイメイクの印象も大きく変えてしまうのが目周りのハイライトの入れ方。ハイライトの入れ方には、注意をはらっていると思っているかもしれません。でも、実は気づいていないことが多いのがマスクをしているときの、Cゾーンのハイライト。

あくまでも顔全体が見えることを前提に施したハイライトは、マスクをしている状態では目立ち過ぎてしまいがちなので注意してくださいね。

垢抜けメイクにする方法

ツヤの強いタイプのハイライトではなく、ほんの少しトーンアップするセミマットタイプのハイライトを使い、大きめのブラシでぼかすように入れていくと自然に仕上がります。

鏡の前でメイクを仕上げたら、同じ光の下でマスクを着けてイメージをチェックして、きれいに見えるバランスをコントロールするようにしましょう。

ダサ見えアイメイク4つとその解決方法をご提案しました。新発売の人気コスメを使うときこそ、意外と正しい方法でメイクできていないことが多いのでぜひチェックしてみてくださいね!



この記事に関連するキーワード

この記事の著者

斎藤明子

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

人気ランキング

新着

カテゴリ

公式アカウント

ログイン・無料会員登録