アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
やってたらオバ見え確定です!アラサーさんがやりがちな「イタ見えアイメイク」3選

やってたらオバ見え確定です!アラサーさんがやりがちな「イタ見えアイメイク」3選

/

メイクアップアドバイザーの伊早坂美裕です。アラサーメイクは難しいですよね。若い子の間で流行っているトレンド感満載のメイクをすると、がんばってる感が出て逆に老けて見えてしまう場合があります。そこでアラサーがやりがちな「イタ見えアイメイク」ポイント3選をご紹介します。

目次

悪目立ち涙袋メイク

トレンドメイクに欠かせない涙袋メイク。アラサーメイクにも涙袋メイクは欠かせませんが、度合いを間違えると若づくりのイタイ印象に見えてしまいます。

涙袋メイクの方法はいろいろありますが、コンシーラーを使ってはっきり涙袋を作る方法はアラサーの目元にはトゥーマッチになる場合があります。

アラサー世代に似合うナチュラルで上品な涙袋は、アイシャドウだけで作ることができます。肌なじみのいいミディアムカラーを下まぶた全体に少し幅広に広げましょう。

こうすることで、涙袋の土台を作るだけでなく、目の縦幅の拡張効果と、若見えに欠かせない中顔面の短縮効果を狙うことができます。

その後に、ハイライトカラーを目頭から目尻側の黒目の終わりまでぼかし広げましょう。

品がなくなる大粒グリッター 

華やかで立体的な目元を作るためにラメやグリッターは必須アイテムですが、ザクザクした大粒のラメやグリッターはアラサーには少し難しいアイテムです。使い方を間違えると、品のない印象に見えてしまうので、上品なラメ使いをこころがけましょう。

アラサー世代は、小粒でも輝きの強いタイプのラメをポイント使いするのがオススメです。目を開けたときにラメが見えるように、上まぶたの中央より少し上の箇所に指で置くようにラメをのせましょう。下まぶたには、黒目の下のまつげの際に細く入れると、品のある華やかな目元に仕上がります。

まつげ盛りすぎひじきまつげ

まつげを盛ると目が大きく見えるだけでなく、顔全体の印象もパッと華やかになるので、まつげを盛ること自体は悪い事ではありません。

ただし何度もマスカラを重ねてダマになったりひじきになったまつげは、清潔感のない印象に見えてしまいます。またがんばってる感も出てしまい、老け見えの原因つながります。

ブラックのマスカラは、使い方によっては、凄みや貫禄が出てしまい老け見えの原因になってしまいます。ダークブラウンやこっくりしたブラウンの方が、ほどよい抜け感が出て上品な仕上がりになるのでオススメです。

ロングやセパレートタイプのマスカラで、毛先に向かってスッと伸びたまつげを作りましょう。3~4本を束にしてほどよい束感をつくると、今っぽい雰囲気に仕上がりますよ!

自分のメイクに当てはまっている箇所はありましたか?少しのポイントで若々しく見えるのか、若づくりに見えるのか、大きく印象が変わってくるので、気をつけてみましょう。



この記事に関連するキーワード

この記事の著者

伊早坂美裕

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

人気ランキング

新着

カテゴリ

公式アカウント

ログイン・無料会員登録