気付かなかったらヤバイ!レッドリップの恥ずかしい失敗あるある

女性を美しく見せてくれる鮮やかなレッドリップ。2018年の秋冬も人気のメイクですよね。でも気を付けないと、恥ずかしいことになっているかも?!レッドリップを付けているときにありがちな失敗と、その予防法をご紹介します♪

気付かなかったらヤバイ!レッドリップの恥ずかしい失敗あるある①歯に口紅

濃いリップのお悩みと言えば歯にリップカラーが歯にべったりついてしまう「歯紅」。にこっと笑った時に歯にレッドリップがついていたらせっかくの笑顔も台無し…。

気付かなかったらヤバイ!レッドリップの恥ずかしい失敗あるある②リップカラーのふちだけが残る

いくら取れないリップカラーを使っても、食事をすると中央のリップカラーがとれて、ふちにだけ残ってしまいがち… 。濃いリップが好きな女性なら一度は経験があると思います。

だらしがない印象に見えてしまうので要注意!

気付かなかったらヤバイ!レッドリップの恥ずかしい失敗あるある③口回りにリップカラーがついてしまう

ストローを使わずにコップで水を飲み続けるのも危険。コップのふちについたリップカラーが口の周りについてしまうんです。 気付かないうちに、まるでデスメタルバンドのメイクの様になってしまいます…。人に見られたら恥ずかしいですよね。

レッドリップでも安心!落ちにくくなる裏ワザ!

食事の時にはリップカラーを落としてしまうというのも一つの手ですが、食事の時も綺麗でいたいですよね。そこで劇的にリップが落ちにくくなる方法をご紹介します。

落ちにくいレッドリップの塗り方

① リップを塗ります。
② ティッシュで余分なリップを落とします。縦にやさしくこする気持ちでティッシュの上から優しくなでましょう。
③ これを2~3回繰り返します。
④ 仕上げにグロスでツヤ感を出していきます。指やブラシで中央部分に少量つける気持ちでつけてください。

リップカラーをティッシュでオフし、余分なリップカラーをあらかじめ落とすことで、落ちにくいリップメイクになりますよ。
④の工程はリップ専用コーティング剤で仕上げるとさらに効果的です。

さらにもうひと工夫!

リップメイクが完成した後、唇で優しく綿棒を咥え、引き抜きます。 こうすることで唇の中央部分の余分なリップカラーを拭い取ることができるので、歯にリップカラーが付きにくくなりますよ!

今回は、レッドリップにありがちな失敗と、予防法をご紹介しました♪あるある経験者の方はぜひ試してみてくださいね!

「#NGメイク」の記事をもっと見る


更新日:2018年10月23日 / 公開日:2018年10月23日

この記事に関連するキーワード

この記事の著者

ログイン・無料会員登録