アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
綺麗に片付いた部屋

収納のプロが実際使ってます!収納効率アップ&使い勝手がいい「便利アイテム」5選

/

整理収納アドバイザーむらさきすいこです。日常的に使う消耗品や生活用品って、思いのほか収納スペースを取っているもの。今回は、収納のプロが実際に使っている収納効率アップになる消耗品と生活用品をご紹介します!収納効率が良いのはもちろん、使い勝手も抜群なグッズですので、ぜひ参考にしてみて下さい。

他のおすすめ記事を読む
mozの大ヒット付録「ショルダーバッグ」がパワーアップ!おしゃれで使いやすいって…最高♡

目次

①LE CREUSET(ル・クルーゼ) 「アイスクーラースリーブ」

ワインをボトルごと冷やして、冷たい温度をキープしてくれるワインクーラー。

ワインクーラーといえば、円柱型の大きめの容器に氷と水を入れてワインを冷やすのが一般的ですよね。

この商品は、あらかじめ冷凍庫に入れて冷やしておき、ボトルの上から被せて使うタイプ。

常温(約18度)のボトルに被せると約10分で12度程度まで冷やすことができ、2~3時間は冷えた状態をキープできます。

側面が収縮素材になっているので、使いやすさも抜群。

手軽にワイン・シャンパン・スパークリングワインを冷やすことができます。

収納スペースを取ってしまいがちなワインクーラーですが、この商品は冷凍庫の隙間にスッキリ収まる!

薄いので(約3cm)収納スペースを圧迫しない優れものです。

②スタッキングできるグラス・食器

私が食器を購入する際には、「スタッキングできるかどうか」必ずチェックをします。

例えばこちらの「royal leerdam(ロイヤル レアダム)スタッキングワイングラス」。

ワイングラスでありながら、スタッキングができる優れもの。

ワインはもちろん、ビールやジュース、デザートなど、デイリーに使えてとても便利です。

収納のプロ目線では、やはり「食器棚で効率的に収納できる」というのがポイントが高い!

また、こちらのフルーツやデザート用の食器もスタッキングできます。

脚付きの食器は思いのほか場所を取りますので、スタッキング可能かどうか買うときにチェックすることをおすすめします。

③ダイニチ・コーポレーション「サンサンスポンジ」

高品質ポリウレタン製の「サンサンスポンジ」。

泡立ち・泡切れがとても良いうえに、かなり丈夫でヘタりにくい。

さらには水切れが良く乾燥しやすいので衛生的に使え、わが家のキッチンの定番スポンジです。

この商品のおすすめポイントは、スポンジの使いやすさだけではなくパッケージが圧縮されていること。

圧縮パッケージなので、かさばりがちなスポンジのストック場所がスッキリ。

使用感と収納効率の良さで、一度使うと手放せないグッズです。

④折りたためる生活グッズ

今ではポピュラーになりつつある「折りたためる」生活グッズ。

私の家でも、もちろん活用しています。

たとえばある程度の収納場所が必要なバケツ。

折りたためるバケツなら、使わない時には折りたたんでコンパクトに収納できます。

通常のバケツと遜色なく使えて、使わない時には折りたたんで収納できます。

私が購入した商品には付いていませんが、取っ手付きのタイプもありますので、屋外での使い勝手も良さそう。

こちらは100円ショップSeriaで購入した「たためる!シリコーンロート」。

調味料や粉末類の詰め替えに使用しています。

こちらも使わない時には折りたためます。

フック付きなので掛けて収納することもできますよ。

⑤帝人フロンティア「あっちこっち(R)水切りマット」

私の家では、水切りカゴを使っておらず、替わりにこちらの「あっちこっち(R)水切りマット」を使っています。

日常的に食洗機を使っていますが、食洗機に入りきらなかったり、食洗機を使うほどの量ではない時には食器を手洗いした後に、ワークトップに「あっちこっち(R)水切りマット」を広げて食器を置いていきます。

このマット、なんとコップ1杯分(300CC)の水を吸収できるのです。

さらには、乾くのがとても速く、使い勝手がとても良い!

この「あっちこっち(R)水切りマット」が水切りカゴ替わりになっているので、キッチンのワークトップの省スペースが叶っています。

マットはもちろん畳んで収納できますから、収納スペースも取らずに快適です。

いかがでしたか?

今回は片付け・収納のプロである筆者が実際に使っている収納効率アップになる生活グッズをご紹介しました。

何かを手に入れる際には、使い勝手とともに収納スペースのことも考慮してみて下さいね!

皆様の暮らしのお役に立てたら幸いです。

※記事中の情報は、筆者執筆時の情報です。



この記事に関連するキーワード

この記事のライター

トップへ戻る


ライフスタイルの人気ランキング

新着

カテゴリ

公式アカウント

ログイン・無料会員登録