アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
サムネイル

絶対に言っちゃダメ…!男の「劣等感」を刺激する余計なひと言5選

人間関係でもっとも大切なコミュニケーション。恋愛においても例外ではなく、何気なく言った言葉で相手を傷つけてしまうこともあり、言葉の選び方には特に注意が必要です。特に男性は意外と繊細。褒めたつもりでも傷つけてしまう可能性があります。そこで今回は、男性の劣等感を刺激してしまう余計なひと言をご紹介します。

目次

①「○○君ってかわいいよね」と容姿や身長に関わること

「かわいい」という言葉を男性に対して褒め言葉として使う女性も多いですが、好きな女性からは男らしく思われたいもの。特に低身長や童顔の男性は「かわいい」という言葉に敏感で、「かわいい=男らしくない」と言われているように感じ、落ち込んでしまうこともあります。

身長や容姿など、男性としてコンプレックスを感じやすい部分に対する話題は避けるようにしましょう。

頭をなでたり、子ども扱いをするのは論外!「かわいい」と言われてしまいがちな男性には、「頼りになる」「安心する」といったことを伝えると、男性の自尊心を傷つけずに済みます。

②「痩せすぎ~」や「太りすぎ!」といった体型の話題

女性側には「太った」「痩せた」などの体型の話はタブーとされることも多いですが、なぜか男性の体型についてはいじっても良いという傾向が…。遺伝や体質なども関係することなので、男性にも体型の話はしない方が無難です。

褒め言葉としても使いがちな「痩せている」という言葉も、筋肉があって逞しい男性を目指す細身男性にとってはコンプレックスとなっている部分。

男性だから大丈夫と思わずに、女性が触れてほしくない話題は男性も同じだと捉えましょう。

③「髪薄くなった?」「声高いね」など自分ではどうにもならないこと

「髪薄い」「声高い」「肌がぶつぶつ」など仲間内のネタとしていじる人も多くいますが、頭髪や声質、肌が荒れやすいなどといった体質にかかわることは、自分ではどうにもできないことも多いので避けるようにしましょう!

いじることと悪口は紙一重。相手が不快だと思えば、いじりではなくただの悪口になってしまいます。仲間内で笑いをとるのはほどほどに、何気ない一言で相手を傷つけないように気をつけて!

④「高卒だから」「仕事できない」など学歴や収入について

学歴や収入など、男性のステータスとされることについては基本的にタブー。男性の自尊心を深く傷つけ、自信をなくさせてしまうきっかけになってしまうことも…。女性が思っている以上に、男性の方が学歴や収入を気にしているものです。

学歴や収入などですべての価値や地位が決まるものではありません。結婚を視野に入れる場合、収入は気になる要素ではありますが、知りたい気持ちをぐっとおさえ、仕事を頑張っている姿や態度など、男性の中身をしっかり受け止めることが大切です◎

⑤「彼女あんまりいたことないでしょ」など過去の交際歴

付き合った女性の数でマウントを取り合うこともあるほど、女性と付き合った数=男性としての価値、ととらえる人も…。恋愛経験が少ないと、それだけ男として劣っているとコンプレックスに感じている男性も中にはいます。

特に、友達の前で男性の過去の交際歴について話すのは絶対NG!知っていたとしても、プライベートにかかわる部分は他の人にばらさないようにしましょうね。

人によってコンプレックスや捉え方もさまざまです。このくらい大丈夫だろうと思っても、実は相手を深く傷つけてしまっていることもあります。

「気にしてない」「笑っているから大丈夫」と思わずに、相手がどう思うかを考えて発言するようにしましょう◎

「#男性心理」の記事をもっと見る


/

この記事の著者

michill 恋愛・結婚

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録