先行発売!サクラの香りのボディーソープが欲しすぎる♡ヘアオイルとボディソープも気になる

更新日:2019年5月8日 / 公開日:2018年12月12日

Amino Mason(アミノメイソン)から、春季限定シリーズ「サクラ限定2019」の発売が決定!詳しい内容をたっぷりお届けします!

この記事の担当記者

  • michill編集部 美容担当 記者 岡田
  • 元大手コスメクチコミサイト運営ディレクターとして、数多くのコスメや美容ライターの編集担当を行う。
  • 連絡先:info@michill.jp

「SEASONAL COLLECTION」の第4弾!サクラ限定2019が発売決定♡

独自成分であるスーパーアミノ酸処方(※1)をした高機能ボタニカルヘアケアブランド「Amino Mason(アミノメイソン)」。

アミノメイソンからは定番商品を季節限定の香りに仕立てた「SEASONAL COLLECTION」がシーズンごとに発売され、毎回完売となっています。

今回はその第4弾として、春季限定シリーズ「サクラ限定2019」の発売が決定♡オリジナルのサクラ・フレグランスである「サクラブーケの香り」に仕立てたアイテムを楽しむことができるんです♪

香りだけでなく、美しいサクラのリースがデザインされたケースとラベルも春らしくて魅力的♡春の高揚感を感じさせる華やかなデザインです♪

(※1)リシンHCl、グルタミン酸、グリシン、ロイシン、ヒスチジンHCl、セリン、バリン、アスパラギン酸Na、トレオニン、アラニン、イソロイシン、フェニルアラニン、アルギニン、プロリン、チロシン、アセチルヒドロキシプロリン、ヒドロキシプロリン、シスチン、タウリン、アラントイン、イノシン酸2Na、グアニル酸2Na、加水分解ケラチン、白金(全て保湿)*2 加水分解ケラチン(保湿) *3 白金(保湿)

ヘアオイルとボディソープも♡気になるラインアップをチェック!

「SEASONAL COLLECTION」の第1弾として2017年12月に発売となった「サクラの香り」は、春を待たずに完売したほどの人気ぶり!今回発売となる第4弾は、そんな前作のサクラの香りの好評を受けラインアップを拡大し、ヘアオイルやボディソープが今回初めて追加されています♪

ラインアップは、しっとり仕上げの「アミノメイソン モイスト シャンプー&トリートメント」、さらさら仕上げの「アミノメイソン スムース シャンプー&トリートメント」、アウトバストリートメント「アミノメイソン モイスト ヘアオイル」、「アミノメイソン ホイップクリーム ボディソープ モイスト」「アミノメイソン ホイップクリーム ボディソープ ライト」の5製品♡

すでに「アミノメイソン」を使っている方も、サクラの香りを楽しみつつ、そのままの仕上がりで使用できます♪特別感のあるアイテムなので、ギフトにもおすすめです!

アミノメイソン モイスト シャンプー&トリートメント サクラ限定キット2019

アミノメイソン モイスト シャンプー&トリートメント サクラ限定キット2019  価格:¥2,800(税抜)

キット内容(ケース入り)
・AMモイストシャンプーS 450mL
・AMモイストトリートメントS 450mL

アミノメイソン スムース シャンプー&トリートメント サクラ限定キット2019

アミノメイソン スムース シャンプー&トリートメント サクラ限定キット2019  価格:¥2,800(税抜)

キット内容(ケース入り)
・AMスムースシャンプーS 450mL
・AMスムーストリートメントS  450mL

アミノメイソン モイスト ヘアオイル  サクラ限定2019

アミノメイソン モイスト ヘアオイル  サクラ限定2019  容量:100mL 価格:¥1,400(税抜)

アミノメイソン ホイップクリーム ボディソープ サクラ限定2019

アミノメイソン ホイップクリーム ボディソープ モイスト サクラ限定2019(写真左)、アミノメイソン ホイップクリーム ボディソープ ライト サクラ限定2019(写真右) 容量:各450mL、価格:各¥1,000(税抜)

まだまだ寒い日が続きますが、一足先に春限定のヘアケアやボディケアアイテムをゲットすることで、心もあったまりそう…♡確かな品質と贅沢な香りで、特別なバスタイムを過ごせること間違いなしです!毎回大好評の限定アイテムなので、ぜひチェックしてみてくださいね♪

michill編集部 美容担当 記者 岡田

元大手コスメクチコミサイト運営ディレクターとして、数多くのコスメや美容ライターの編集担当を行う。michillでは美容担当記者として、デパコスからプチプラコスメまで日々たくさんのメイクグッズを調査、テスティングを行う。

連絡先:info@michill.jp

via PRtimes



この記事に関連するキーワード

この記事の著者

ログイン・無料会員登録