プラムリキュール(梅酒)のカクテル~ススメ!カクテル女子☆~

みなさんおうちでどんなお酒を飲んでいますか?ビール?サワー?たまには女子っぽくカクテルはいかがでしょう。めんどくさい?いえいえ、うちにある梅酒を使って簡単におしゃれなカクテルができちゃうんです!自作のカクテルを飲みながらDVD鑑賞や読書でまったりなんていうのもリラックスにおススメですよ!

梅酒を使ったおうちカクテルのススメ

バーテンダーフジワラです。GWも過ぎ去りこれから何をするにも億劫になる梅雨がやってきますね…。
休みの日は家にこもったり、仕事帰りに寄り道せずささっと帰りたくなる季節。
そんな気分の時でもそうじゃない時にも楽しめる、おうちでの自作カクテルレシピをご紹介します。

今回ご紹介するのは女性が好きなお酒ランキングでいつも上位にランクインするプラムリキュール(梅酒)を使ったオリジナルのおうちカクテル。
使用するボトルは「プラムリキュール・ド・フランス プルシア」です。(おうちにある梅酒でもおいしくできるので、もちろんこれじゃなくてもだいじょうぶ!)

この「プラムリキュール・ド・フランス プルシア」は日本品種の梅をフランスで栽培して作りあげた、上品な香りと優しい甘みのお酒で、バーテンダーにもファンが多い梅酒です。

バー飲みとおうち飲みの使い分け

おうちでカクテルをつくると聞くと、バーには、たくさんのお酒とそれを扱う知識と技術を持ったバーテンダーがいるから、素人が再現するのは大変だし、そもそもお酒をあんなにいろんな種類買ってられないよ、とお思いの方もいらっしゃるでしょう。
でも堅苦しく考えずに、家にあるお酒をベースに、家にある材料を加えていじくり倒すなんていうのも実験みたいで楽しいものです!
お菓子やスイーツを作って余った材料や、冷蔵庫にあるジュース、ティータイム用のお茶をお酒に合わせてみるだけで気軽にカクテル作りが楽しめます。
自分で楽しむのはもちろん、旦那様に作ってあげたり、女子会やホームパーティーでのおもてなしに用意出来たら、一目置かれること間違いなしですよね。

細部にまでこだわった複雑な材料や作り方のカクテルを楽しみたい時は迷わずバーに向かってくださいね!!
バーとおうち飲みの使い分けができると、バーに行くのも楽しみになります。
バーテンダーと新作開発なんていうのもワクワクしますね。

おすすめオリジナルカクテルレシピ

それでは梅酒を使ったオリジナルカクテルの作り方をご紹介します!

【ビタミンたっぷり♪クランベリープルシア】


材料
プルシア 30cc(大さじ2)
クランベリージュース 90cc(大さじ6)
カットレモン 1/8片
氷 適量

作り方
1. 材料をグラスに入れる(レモンは絞り入れる)。
2. マドラー等でかき混ぜて完成。

きれいな赤色のこのカクテルは女性の味方のビタミンCがたっぷりの甘酸っぱい味わい。
何より魅力なのがこの簡単すぎる作り方。
クランベリージュースが無ければアセロラやカムカムドリンクなどでも美味しいですよ♪

【グビグビ飲めちゃう!しゅわっと梅ゆず茶】


材料
プルシア 30cc(大さじ2)
ゆず茶 5g(小さじ1)
炭酸水 約90cc
氷 適量

作り方
1. プルシア、ゆず茶をグラスに入れた後に氷で満たす。
2. 氷に当たらないように炭酸を優しく注ぐ。
3. ゆず茶が混ざるようにマドラーで混ぜ完成。

日本って素晴らしいと思ってしまう程のゆずと梅の相性がシュワッと楽しめる一杯です。
ゆず茶って買ってもなかなかなくならないですよね(笑)
こうして使うとまた違う楽しみ方ができます♪
冬場なら炭酸水と氷の代わりにお湯で割ってホットカクテルにしてもおいしいですよ。

【夏の定番をアレンジプルシアンモヒート】

材料
プルシア 45cc(大さじ3)
レモン汁 1/2個分(搾っておく)
シュガーシロップ 小さじ1
スペアミントの葉 15枚~20枚
炭酸水 適量
クラッシュドアイス 適量

作り方
1. グラスにミント、シュガーシロップ、レモン汁、プルシアを入れ、すりこぎなどでミントの葉を叩くように潰す。
2. そこにクラッシュドアイスをたっぷり入れ、炭酸を注ぐ。
3. ミントの葉を飾り完成。

夏場に大人気のラムカクテルのモヒートをプルシアに変えてアレンジしたカクテル。
実はミントも梅も紫蘇科の植物なので抜群の相性なのです!
ミントは潰し過ぎると苦みやえぐみが出てくるので香りが出てくるくらいで十分です。

「プラムリキュール・ド・フランス プルシア」はボトルデザインもかわいらしくてお洒落なのでおうち女子会の手土産に持っていっても喜ばれそうですね。
梅の実が成る季節に梅酒の手土産なんて季節感の演出にもGOOD♪
今回のレシピは違う銘柄の梅酒でも美味しくできますので自宅に梅酒があれば気軽に試してみてくださいね!


執筆者:冨士原希

更新日:2018年6月27日
公開日:2017年5月26日

よく読まれています

新着記事

ログイン・無料会員登録