アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
綺麗に片付いたクローゼット

ミニマリストのクローゼット収納のコツ&おすすめアイテム

/

ミニマリストおともです。クローゼットは服だけでなくいろんな物が収納される場所で乱雑になりがちです。今回はミニマリストのクローゼットの紹介とすっきり見える収納のコツをご紹介します。

本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
他のおすすめ記事を読む
キャンドゥのコレなら失くさない!必要な時に限って見当たらない…あの工具がキーホルダーに♡

目次

①服はお気に入りだけ残す

クローゼット 収納 コツ

収納する前に大事なことは持っている服を見直すことです。

どんなに収納があっても不要な服ばかり持ってはいくら収納があっても足りません。

「いつか着るかも」「高かったから…」と残しておいた服はほとんど着ることがありません。

今の自分が着たいかどうかを基準にしたことで、私のクローゼットにはお気に入りの服だけが残り、オールシーズンで20着以内で着回せるようになりました。

②服はハンガーにかけて収納

クローゼット 収納 コツ

服の収納はトップス、ボトムスどちらもハンガーにかけて収納しています。

衣装ケースは数が把握しづらく、取り出しづらいデメリットがあります。

取り出しづらいと元に戻すのが面倒になり部屋が散らかる原因にもなります。

1年間着る服を全てハンガーに変えたおかげで、衣替えや畳む作業がなくなっただけでなく、適正量をキープすることができるようになりました。

愛用しているハンガーはMAWAハンガー。粘性のあるプラスティック樹脂コーティングが施されていて衣類が滑り落ちず、スリムなデザインなのでたくさん服がかかってもスッキリして見えます。

③靴下はファイルボックスに収納

クローゼット 収納 コツ

靴下は無印良品のボックスに一目でわかるように収納しています。

無印良品の「ファイルボックス」にセリアの「くつした整理カップ」で仕切り収納しています。

服だけでなく増えがちな靴下も数が把握できるように、一目でわかる収納にしました。

空いているスペースには、春夏であればキャミソール、秋冬にはヒートテックなどそのシーズンに使うインナー類を入れています。

購入はこちら

④突っ張り棒でバックをかける

クローゼット 収納 コツ

壁側に突っ張り棒を取り付け、フックでバッグをかけています。

⑤インナー類も吊るす収納

クローゼット 収納 コツ

下着やインナー類も吊るす収納にしています。

使っているのはダイソーの「吊り下げシャツ収納」です。

上からブラジャー、ショーツ、オフシーズンのインナー、サニタリーショーツを入れています。

洗濯したら畳まずズボッと入れるだけという簡単な収納が、ズボラな私には楽でした。

吊るす収納は取り出しやすく、省スペースで収まるので見た目もスッキリします。

スッキリしたクローゼットは気持ちもスッキリさせてくれます。

見た目がスッキリするだけではなく、毎朝の「何を着ようか」、「どこにしまおうか」といった迷いがなくなり気持ちがスッキリし、暮らしの質が上がりました。

少しでも参考になれば幸いです。



この記事に関連するキーワード

この記事のライター

おとも

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

ライフスタイルの人気ランキング

新着

カテゴリ

公式アカウント

ログイン・無料会員登録