読み込み中
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

有給を取ってでも行きたい!山の上のお茶屋さんのかき氷

夏と言えば、かき氷!でも都内の人気店は平日も長蛇の列。そこでおすすめなのが、湘南葉山まで足を伸ばして平日にゆったりと緑を眺めながら食べるお茶屋さんの絶品かき氷。かき氷の後は山道を海までお散歩して、夕陽を見ながら海の家でビールを一杯。自分へのとっておきのご褒美の休日の過ごし方を提案します。

このコラムにありがとう

目次

山の上のお茶屋さんのオリジナルかき氷

はじめまして。
東京のIT企業で社長秘書を10年以上続けて、2年前にゆったりした暮らしに憧れて葉山に移住したSandy Eightと申します。「自分が東京で働いていた時に知っていたら絶対来たかった!」と思う、葉山や鎌倉での素敵な休日の過ごし方をご紹介します。

今回紹介したいのが、まだあまり知られていないお茶屋さんの絶品かき氷です。

逗子駅からバスに乗って10分位で山の上のお茶屋さんの最寄りのバス停に到着します。平日昼間はバスが少ないので、バスの時間に合わせて電車を選ぶのがおすすめ。「日の出園」は45年以上も続いている老舗で、ほぼ毎日店頭でお茶を煎っているほうじ茶が自慢のお茶屋さん。

毎年5月の中旬〜9月の終わり頃まで自家製のお茶シロップをたっぷり使ったかき氷が人気で、週末は2時間待ちも当たり前。しかし、夏でも平日はほぼ待ち時間なしで入れるので、せっかくお休みを取るならここまで足を伸ばす価値はあります。

お茶屋さんならではの、お茶を使ったかき氷がたくさんありますが、一番のおすすめは「ほうじ茶金時ミルク」。このボリュームでなんと650円というリーズナブルな価格設定も嬉しいです。かき氷にたっぷりかかったほうじ茶シロップは、店頭で前日の朝煎ったほうじ茶を一晩かけてシロップにしたもの。作り置きせず、毎晩翌日分だけ作っているだけあって香りが違います。たっぷりの練乳が別添えなのも気が利いてます。そして食べていくと中からバニラアイスクリームと、これまた前日の夜におかみさんが炊いた甘さ控えめの小豆がたっぷり出て来ます。香ばしいほうじ茶の香りと、しっとり炊かれた小豆の美味しさは、夏バテ気味の体に染み渡ります。

お店に着いてすぐに出される冷たい抹茶がとても美味しいのですが、これはおかわりができないので、かき氷が来るまでゆっくり味わって飲んでくださいね。

定番の「宇治金時ミルク」も美味しいです。抹茶をたっぷり使ったシロップは、さすがお茶屋さんの抹茶!と唸ってしまうほど濃厚な抹茶味。体の隅々まで綺麗になりそうな清々しい抹茶氷と小豆とバニラアイスを一緒に食べると、日本人でよかった〜!と思うこと間違いなしです。

お茶屋さんならではの珍しいメニューが「玄米茶金時」。別添えのモッチモチな白玉は、すべてのメニューに追加でトッピングできます。玄米茶のシロップの上にかかっているのは、煎った玄米を挽いた玄米パウダー。この玄米パウダーが驚くほど香りが高くて、かき氷全体を爽やかにまとめてくれます。特に暑い日には、ぜひこのさっぱりした玄米茶がおすすめです。

窓の外の美しい緑でリラックス

このお店のおすすめポイントは美味しいかき氷に加えて、窓からの眺めが素晴らしいことです。窓側のテーブルは3卓あるので、もし埋まっていたら少し待ってでもぜひ窓側に。大きな木に囲まれた窓からは、優しい木洩れ陽が差し込むので、写真も綺麗に撮れる絶好のインスタスポットです。

かき氷と一緒にお店自慢の温かいほうじ茶を出してくれるので、かき氷を食べ終わった後は、美味しいほうじ茶を味わいながら、ゆっくり外の緑を眺めるのがおすすめ。自然と心がリラックスしていくのを感じられますよ。

木陰が涼しい山道を歩いて海までお散歩

日の出園から10分足らずでハイキングコースの入り口に到着します。木々に囲まれた道を登っていくと、神奈川県最大の古墳があります。古墳に入ることはできませんが、周りから見ると確かに教科書で習った古墳です。木々の合間から眼下に海と江ノ島、天気が良い日には富士山まで見渡せる絶景のコースなのでここも休日にはハイキング目当ての方が多いです。

このコースはゆっくり歩いても1時間もかからずに逗子の海岸に降りていけます。急なところもあるので、スニーカーを履いて来てくださいね。この後のビーチ用にビーチサンダルをお忘れなく!

おやつにかき氷を食べて、山道を散歩して夕暮れ前に海岸に到着したら、ビーチサンダルに履き替えて海の家で冷えたビールはどうでしょうか?地元の人たちは犬の散歩のついでなどに夕方から海の家に行くことが多いんです。

明るい時間のビールってなぜあんなに美味しいんでしょうね?有給を取ってみんなが働いている時間に海を見ながらビールって最高ですよね。

逗子海岸は西向きの海岸なので、海越しの美しい夕陽を楽しみながらゆっくり贅沢な時間が味わえます。

こんなお休みを楽しんだら、きっとリフレッシュして翌日からの仕事に元気に戻れると思いますよ!

店名
日の出園
住所
神奈川県三浦郡葉山町長柄1413-212
電話番号
046-875-5134
営業時間
11:00~19:30
定休日
月曜(祝日の場合は営業)
アクセス
横浜横須賀道路逗子ICより10分
JR逗子駅、京浜急行新逗子駅より葉桜住宅行きバスで「才戸坂上」バス停下車、徒歩2分

執筆者:Sandy Eight

更新日:2017年7月6日

この記事に投票する

回答せずに結果を見る

この記事に関連するキーワード

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録