アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
サムネイル

ダサ見えしたくない人必見♡イマドキふわっと垢抜け美人眉になるための3つのポイント

ポイントメイクのなかで、眉はもっとも難しいパーツ。ですが、コツさえつかめばトレンド感のある顔を演出しやすくなるパーツでもあります。今時らしさを出すために欠かせないのが、「ふわっと感」。今回は、垢抜け眉美人になるための3つのポイントをご紹介します。

目次

ポイント1:スクリューブラシで毛流れを整える

眉メイクを成功させる秘訣は、最初にスクリューブラシで毛流れを整えておくこと。眉に付着したファンデーションや粉も取れるので、メイクの仕上がりがアップします。

コーミングをするときは毛の生え方に合わせて、眉頭は毛を立ち上げるように、眉中から眉尻は寝かせるようにしてください。

コーミング時に長い毛をカットしておく

コーミング時には、眉毛の長さも整えておきましょう。ブラシで毛流れを整えるとき、理想とする眉の形より長い毛がある場合は、ハサミでカットします。

切りすぎると眉が短くなりすぎてチグハグな印象になるのでご注意を。

理想の形がイメージできない方は、最初に眉の輪郭を軽く描いておくとわかりやすいですよ。輪郭が悪目立ちしてしまったら、スクリューブラシで消すとよいでしょう。

ポイント2:しっかり描くのはNG、パウダーアイブロウが活躍

眉の描き方次第で、雰囲気は変わるもの。眉メイクといえばペンシルアイブロウを使う方が多いかもしれませんが、ペンシルでしっかり描くと、凛々しく力強い印象になります。

今時らしさを出すなら、眉にも抜け感がマスト。パレットタイプのパウダーアイブロウを使い、ふんわりと仕上げることをおすすめします。

① 中間色のパウダーをブラシにとり、眉中にのせる

② 濃い色のパウダーをブラシにとり、眉尻の毛を細くなぞるようにのせる

③ 一番薄い色のパウダーをブラシにとり、眉頭に軽くのせる

色はお手持ちのパレットによって異なるので、お好みに合わせて調整を。

筆者は色をブレンドして自分好みの色をつくることが多いです。ブレンドの割合で色の濃さを調整できて便利ですよ。

眉尻の毛が足りない方は、ペンシルタイプで描き足して

眉尻に毛がなく眉の長さを描き足す必要がある場合は、ペンシルの出番です。

パウダーよりもペンシルのほうが鮮明に描きやすく長持ちするので、部分ごとに使い分けすると理想の眉に仕上げられます。

ポイント3:眉マスカラでトーンアップすれば、一気に垢抜け感が

眉毛が多い方や、毛が太く濃い方は、眉毛の印象が強くなりがち。眉マスカラを使うと主張が和らぎ、軽やかな印象を叶えられます。

明るすぎる色は髪や肌の色から浮いて野暮ったく見えてしまうことも。なじみのいい明るすぎない色を選ぶことをおすすめします。

眉マスカラが乾いたら、仕上げにコーミングを。マスカラの存在感やテカリがおさえられますし、毛流れを整えることで立体的に仕上がります。

垢抜けふわっと眉でトレンド顔に

眉の印象が変わると、顔全体の印象も変わります。ふわっとした自然な眉で、トレンドの表情を楽しんでくださいね。

「#眉メイク」の記事をもっと見る


/

この記事に関連するキーワード

この記事の著者

古賀令奈

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録