身も心も涼しく美味しく!シュワッと弾ける夏果実のサイダーゼリー

夏の果物を使ったスイーツレシピでばっちり美容対策も!?今回のレシピはシュワっとした爽快感も味わえるサイダーゼリーです。その中には豊富な果物が!果物から取れるビタミンCは紫外線対策にも良いと言われています。夏の暑さに負けない爽やかなレシピ、ぜひチェックしてみてください!

うだるような暑い日に飲む、サイダーの喉越しは至福そのもの。時間とともに消えてしまうはかない泡を、ぷるっぷるのゼリーで閉じ込めたら? ということで、今回は猛暑の中でひっそり食べたい、シュワシュワスイーツをご紹介します。

時間がたってもシュワシュワ健在

ここ近年サイダーがブームとなっていますが、普段あなたは飲むことはありますか?
キリッとした喉越しが飲み心地よく、最近ではシュガーレスのものも増えているため、ダイエット効果を期待して常飲する人も少なくありません。

そこでけだるい暑さも吹き飛ばしてくれる、シュワッと爽快なサイダーを使用したフルーツゼリーをご紹介します!

フルーツの甘みを最大限に生かしたサイダーゼリー

コラーゲンたっぷりのゼラチンを使用し、美肌効果も期待できちゃうゼリーは、スイーツ好きの女子には魅惑のヘルシースイーツ。 ぷるんと何でも冷え固めるゼラチンを使えば、そのままでは気の抜けてしまうサイダーの泡をゼリーで閉じ込められちゃいます。
また、おいしく食べてきれいになれる季節のフルーツも、女子には欠かせませんよね。

そこで今回のレシピでは、夏の風物詩“スイカ”をはじめ、美白効果で注目されているゴールドキウイや、つるつる肌にととのえてくれるビタミン豊富なオレンジもたっぷりと入れて作りましょう。

そしてヘルシーに仕上げるため、白砂糖は一切使いません。そもそも旬のフルーツの果糖を生かせば、白砂糖不要でも十分甘みを感じられます。カットしながら滴る果汁も余さずにゼリーシロップとして活用するのがおすすめです。

ビューティーポイント
1、スイカの果肉や種子に含まれるカリウムには利尿作用がありむくみ防止に
2、 ゴールドキウイが多く含む食物繊維は整腸作用や糖の吸収を穏やかに
3、オレンジはビタミンCが豊富で、半玉で1日の摂取量を摂れる
4、ゼラチンが含むコラーゲンで美肌効果に期待
5、 白砂糖不使用。果糖の甘みでヘルシーに

シュワッと弾ける夏果実のサイダーゼリーの材料(4〜5人前)


材料

カットスイカ 1パック(300g弱)
ゴールドキウイ 2玉
オレンジ 2玉
レモン汁orポッカレモン 適量
炭酸水(無糖) 200cc
100%のフルーツジュースorりんご酢(ストレートでも飲めるもの)200cc
ゼラチン 5g(1袋)

作り方

1、各フルーツをスプーンに乗るくらいの食べやすいサイズに切ります。
スイカの種やオレンジの白い繊維などはこの時点で取り除きましょう。

2、1をボウルに入れます。

3、別容器に100%のフルーツジュースorりんご酢を注ぎ、人肌程度に電子レンジで加熱。
ゼラチンを注ぎ入れて、サラサラになるまで混ぜます。

4、2のボウルに3を注ぎ、レモン汁orポッカレモンも入れてからかき混ぜます。

5、4に炭酸水を注いでから、2〜3回だけさっと混ぜます。

6、メイソンジャーやタッパーなど密閉ができる容器に5を流し入れます。

7、6を冷凍庫に約30分間入れたあと、冷蔵庫で冷やします。
2〜3時間後、冷え固まったら完成です。

美味しく作るためのポイント

1、フルーツの大きさをできるだけ均一にカットすれば食感も見栄えもいい。
2、フルーツを切ったときに出る果汁もシロップ代わりに加えれば、よりフルーティーな味わいに。
3、炭酸水を注いだときの注意点は、混ぜる回数は2~3回までにすること。
泡がつぶれるとシュワッとした口当たりも半減します。
4、できるだけ空気が入らないように、容器いっぱいに注ぎ、フタとの間の隙間を減らすこと。きちっと密閉することもお忘れなく。

口あたりシュワシュワ、フルーツごろごろ

十分に冷えかたまったところで、涼しげなグラスに盛っていただきましょう。

舌ざわりなめらかなゼリーは、舌の上でサイダーの泡がかすかに弾け、喉ごし爽やか。その後にさっぱりとしたスイカの甘みと、キウイの種のプチプチとした食感、きりりとオレンジの酸味が合わさって、すっきりとした味わいです。

このゼリーの最たる魅力は、なんといってもサイダーの泡。繊細なシュワシュワをそっとゼラチンがくるんだゼリーで、けだるい夏の昼下がり、リフレッシュしてみてはいかが?


執筆者:michill レシピ

更新日:2018年1月23日
公開日:2017年8月1日

この記事に関連するキーワード

よく読まれています

新着記事

ログイン・無料会員登録