アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

そのメイク「イタ見え」です!アラサーがやりがちな今すぐやめたいNGメイク

美容ライターの遠藤幸子です。年齢を重ねて、メイクで迷子になっていませんか?適度にトレンドを取り入れたり、気になる肌悩みをカバーしたいところですが、さじ加減を間違えると若作りに見えることも。今回は、アラサーがやりがちな若作りNGメイクをご紹介します。

目次

若作りNGメイク①ツヤがテカリに見えるベースメイク

ツヤのある肌は、みずみずしい印象を与えて若々しく見せるのに効果的です。

しかし、テカリに見えてしまうツヤはNG。艶やかで仕上がりが美しくても崩れやすいファンデは避けましょう。

それに加えて、注意したいのがハイライト。Tゾーンに仕込むとギラついて見えるハイライトはテカリと混同して見えてしまいがちです。Tゾーンにハイライトを仕込む場合には、さりげないツヤを放つものを選ぶのがポイントです。

また、ハイライトを使う順番も重要です。練り状のものや輝きが強いものは、ファンデの後フェイスパウダーの前に使うのがおすすめです。

若作りNGメイク②もはや仮面!?カバーしすぎで隙なしベースメイク

年齢を重ねていくと、徐々に増えていくシミや毛穴、くすみなどの肌悩み。メイクでカバーすることに固執すると、ファンデが厚塗りになりがちです。

そうすると、肌の透明感を欠いて不自然に見えたり、逆に老けて見えたりすることに繋がります。

気になる肌悩みは化粧下地やコンシーラーを活用して自然にカバーし、ファンデは少量ずつ重ねて厚塗りをやめましょう。

若作りNGメイク③モテを狙いすぎ!ピンクを多用するメイク

女性らしさの象徴ともいえるピンクですが、多用するとモテを狙い過ぎているように見え、イタく見えてしまうことがあります。

ワントーンメイクが流行っているとはいえ、全部ピンクのアイテムを使ってメイクするのはやめましょう。

若作りNGメイク④悪目立ちしてイタい!似合っていないカラーメイク

カラーメイク全盛時代と言っても決して過言ではない昨今、アイシャドウやリップだけでなく、アイライナーやマスカラでも鮮やかなカラーを楽しむ人が多いのではないでしょうか。

トレンドにのって積極的に楽しみたいところですが、悪目立ちするようなカラーメイクはNG。まずは自分に似合う色を用いましょう。

その上で、あれもこれもとさまざまな色を取り入れるのはやめることが大切です。鮮やかなカラーはアクセントとしてポイントを絞って取り入れたり、全体的な色のトーンをある程度揃えたりと統一感を重視しましょう。

若作りNGメイク⑤ギトギトギラギラ!リップメイク

アラサーともなると、唇の縦じわが気になる人が多いのでは?そんな人にとって唇にふっくらとしたボリュームとツヤを与えることで唇の縦じわをカモフラージュできるリップグロスやリップオイルは頼もしいアイテムです。

しかし、ラメやパールの輝きが強いものを広範囲に使うと、ギラギラとした印象に見えてしまいます。また、そうでないものでも量が多すぎるとギトギトしてイタい人に見えてしまう可能性があります。

そのためラメやパール入りのグロスは唇の中央部分にポイント使いしましょう。また、ラメやパールが入っていないグロスやリップオイルも、輪郭ギリギリまでは塗らず、塗り重ねることもできるだけ避けるのがベターです。

いかがでしたか。今回は、アラサーがやりがちな若作りNGメイクをご紹介しました。この機会にぜひ日頃のメイクを見直しましょう。

「#NGメイク」の記事をもっと見る


/

この記事に関連するキーワード

この記事の著者

遠藤幸子

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録