アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

簡単なのに即垢抜ける♡アイシャドウ2色で作る抜け感今っぽデカ目

  • 37021 views

アイメイクの定番といえばグラデーション、と思い込んでいませんか?しっかり作りこんだグラデーションアイももちろん素敵ですが、実は2色のアイシャドウを使うだけでもしっかり美人見えするアイメイクができちゃうんです!今回は、2色のアイシャドウで簡単に今っぽいナチュラルデカ目を作る方法を紹介します♡

目次

2色で作る今っぽデカ目

濃く作りこんだ目元ではなく、ナチュラルだけど目力があるのが今っぽデカ目メイクのポイント!

3色4色入ったパレットを全色使った、しっかりグラデーションアイは綺麗ですが重たく見えてしまうことも。

メイクテクニックで引き算して抜け感を作ろうとすると難しく思えたりもするのですが、使用するアイシャドウを2色にするだけで、簡単に抜け感のある目元を作ることが出来ます。

最近では、アイシャドウ1色や2色で仕上げるメイクも注目されていますし、グラデーション重視ではく、ツヤ感やラメなどの質感やカラーで楽しむアイメイクも人気があります。

2色で仕上げるメリット

アイシャドウを2色にすることで抜け感のある今っぽい目元を作れるだけでなく、メイクが時短になる上、テクニックがなくてもアイメイクを簡単に仕上げることができるというメリットもあります。

ブラシで塗るのももちろん綺麗なのですが、指でアイシャドウを塗ることで簡単に短時間で抜け感のある目元に仕上がります。

アイシャドウの選び方

アイシャドウは、単色・パレットなんでもOK!

色は、肌なじみの良いベージュとブラウンの組み合わせがおすすめです。

色の組み合わせによって、まぶたのくすみが気になる場合は、アイシャドウベースを使用するとくすみも飛び、アイシャドウの発色や持ちもよくなります。

筆者のオススメは「ケイト ザ アイカラーベース」です。

アイメイク自体は手持ちのパレットの中の2色を使うのももちろん良いですし、シングルシャドウ同士を好みで組み合わせるのもオススメです。

上の写真のような肌なじみの良いベージュ系のアイシャドウを1つ持っておくと、ブラウンはもちろん他のカラーとも組み合わせやすくメイクの幅が広がります。

また、ブラウンを写真のような赤みのあるものやオレンジみが入ったものに変えたりすると、一気に印象が変わるので2色でも色々なアイメイクが楽しめます。

最近では、ダイソーでもシングルシャドウが買えちゃいますよ!

2色で仕上げるデカ目の作り方

2パターンのアイメイクをご紹介します!

透けたようなツヤ感のある、赤みブラウンメイク

「キャンメイク パーフェクトスタイリストアイズ19」を使用します。

パレット左上のベージュをまぶた全体に広げ、左下の赤味ブラウンを二重幅より少し広めに。下まぶたの目頭側には左上のカラー、目尻から黒目の下には左下のカラーを乗せています。

アイシャドウブラシを使ってももちろん良いですが、私は今回指塗りでメイクしています。

下まぶたは、指で塗りにくい場合チップやブラシの使用がおすすめです!

そして、アイラインは細くするのがポイント!

アイシャドウやアイラインがナチュラルでまつ毛が際立つので、マスカラは慎重に!ダマができたらまつ毛用のコームで梳かして、ダマなしまつ毛に仕上げます♡

夏のテラコッタメイク

「URGLAM エアリーアイカラー BE―1」をベースカラーにして、「ローラメルシエ キャビアスティックアイカラー 41 SIENNA」を重ねた、夏のテラコッタメイク♡

どちらも濡れツヤ感がきれいなアイシャドウです。

下まぶたは、目頭にはエアリ―アイカラーを、目尻から黒目下にキャビアスティックアイカラーを乗せて指でぼかしました。

1つ目のメイクでも紹介したように、アイラインは細く、マスカラは上下ともしっかり塗った後にまつ毛用コームで梳かしてダマを取っています。

濃い方の色のアイシャドウを入れる範囲は、二重幅きっちりにおさめるよりも少しはみ出してあげた方がデカ目効果があります。

簡単に今っぽデカ目になろう

アイシャドウを2色のみで仕上げることによって、簡単に抜け感のある目元に仕上がる上に、時短で簡単にアイメイクが完成しますよ♡

色味に迷われる方は、2色入りのアイシャドウがプチプラからもたくさん出ているのでそちらもオススメです(ちなみに私は最近、オルビスのツイングラデーションアイカラーを3色買いしました)。

3色4色使用するアイメイクがしっくりこない方も2色だと意外と簡単に仕上がるということも!ぜひ、参考にしていただけると嬉しいです。

「#アイメイク」の記事をもっと見る


/

この記事の著者

akie

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録