アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

赤ちゃんと話す育児を提案する書籍『“泣いてもいいんだよ”の育児』が発売!

/

他のおすすめ記事を読む
レインボーアンブレラスカイ
2024年6月~9月に絶対行きたい!【全国のイベントカレンダー】

目次


自由国民社から、峯田 昌氏・著の書籍『“泣いてもいいんだよ”の育児』が12月6日(月)に発売された。

泣いている=かわいそうではない!

“赤ちゃんは泣くのが仕事”とは言うが、子育て中のママは、“なかなか泣き止んでくれない”、“泣いているのがかわいそう”、“なんて泣いているの?”と不安になってしまうものだろう。

『“泣いてもいいんだよ”の育児』1,540円(税込)は、3000人の赤ちゃんの育児相談に乗ってきた助産師である著者が、“赤ちゃんと話す育児”を提案する書籍。“なんで泣いているんだろう”と頭で考えるのではなく、“おなかがすいたの?”、“びっくりしたの?”、“眠っても大丈夫だよ”と目を合わせて話しかけみることで、赤ちゃん自身が答えを教えてくれるそう。


赤ちゃんは言葉を話すことができない代わりに、生きるため、成長するために、自分の考えていることを泣くことで伝えようとする。“泣いている赤ちゃんはかわいそうではない”ということを知っておくことで、育児のストレスはぐっと減るという。

これから子どもが生まれる人にもおすすめ

ほか、「抱っこの仕方」「授乳のこと」「パパの大切なお仕事」「赤ちゃんの気持ちに合わせた離乳食」などさまざまなシチュエーションでの赤ちゃんとの向き合い方を知ることで、目の前の赤ちゃんとの関わり方や赤ちゃんとの時間が楽しくなるヒントが得られるようになっている。


「実際のママから寄せられたQ&A」も掲載しており、子育て中の人、これから子どもが生まれる人にもおすすめの一冊だ。

“赤ちゃんが泣いているのは悪いことではない”と知ることで育児はグッと楽になる!『“泣いてもいいんだよ”の育児』を、この機会に手に取ってみてみては。

■“泣いてもいいんだよ”の育児
著者:峯田 昌
イラストレーター:大野 太郎
定価:1,540円(税込)
判型:四六判



この記事のライター

STRAIGHT PRESS

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

グルメ・おでかけの人気ランキング

新着

カテゴリ

公式アカウント

ログイン・無料会員登録