アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

年賀状やポチ袋を作る過程も楽しめる!伊藤若冲「虎図」の超リアルスタンプが新発売

/

他のおすすめ記事を読む
長瀞
癒しのパワースポット、長瀞へ!東京からお手軽に女子旅

目次


クリアスタンプECサイト「stamp be mine OSAKA」を運営するトライグラムは、超再現クリアスタンプ「TO-MEI HAN」ブランドから、年賀状作成やポチ袋のアレンジに便利なクリアスタンプ「若冲[虎図]」と「2022年賀[寅]」の2種を12月3日(金)に発売した。

狙った位置に押せてレイアウトも自在

スタンプの持つ温かみや利便性を最大化しながら、人々のクリエイティビティに彩りを添え、感動・しあわせをもたらすものを提供していくことを目指しているトライグラム。

同社のフォトポリマー製クリアスタンプ「TO-MEI HAN」は、ゴム印に比べ微細な図柄も形成・捺印でき、印面部分をシールのようにはがし専用のアクリル台座に貼って使用する。台座裏面が粘着性なので複数のスタンプを自由にレイアウトできるほか、スタンプが透明なので思い通りの位置へスタンプすることができる。また、持ち手のアクリル台座と分離でき、コンパクトに管理が可能だ。

伊藤若冲の「虎図」をリアルに再現


今回登場する「若冲[虎図]」1,650円(税込)は、江戸時代の奇想画家・伊藤若冲が、獰猛な動物として有名な虎をどこか愛らしさがあるタッチで描いた「虎図」を“TO-MEI HAN 多色重ね”でリアルに再現。


黃、黒、赤のインク用に3色分解された虎、縁起ものの富士、日の出等のパーツが付属している。


別売りのアクリル台座に貼り付け、虎の黄・黒色と象徴的なベロの赤色を重ね押しすることで若冲の虎が完成。スタンプが透明でできているので、位置を確認しながら黄色、黒、赤を重ねて押すことができ、押し重ねるごとに虎がグッと表現力が増していく過程が面白い。上手く押せると喜びもひとしお。ズレても、スタンプのアジとして納得の出来栄えに!


「2022年賀[寅]」2,420円(税込)は、同様の虎に「謹・賀・新・年・迎・春・正」の文字と縁起ものの松・折り鶴・千鳥・梅のミニパーツがセットになっている。


どちらも「stamp be mine OSAKA」と「minne」にて販売中だ。

相手に印象を残すことができるアナログ年賀状

近年のデジタル化の波に伴い、2022年はピークの40%にもなるといわれている年賀状。メールやLINEなど、手軽に送ることができるデジタルの新年あいさつは若者を中心に一般化しているが、手軽な分どこか素っ気なくも感じてしまう。一方で想いを込めたアナログな年賀状は、時間はかかるがプリンタや印刷の画一性がなく、送る相手に印象を残すことができ、付き合いが深まるきっかけにもなる。

作る過程を楽しむことができるスタンプで、来年の年賀状やポチ袋を作ってみよう!

stamp be mine OSAKA:https://store.tri-gram.jp



この記事のライター

STRAIGHT PRESS

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

グルメ・おでかけの人気ランキング

新着

カテゴリ

公式アカウント

ログイン・無料会員登録