アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

廃校を活用した“トゥーノーイシデショウ”3階が新しい形のコワーキングスペースに!

/

他のおすすめ記事を読む
シャトレーゼ 看板
シャトレーゼポイント3倍たまるってよ!定番だけどハズさない鉄板アイスを買うなら6月末まで!

目次


オンラア未来会議は、旧東庄町立石出小学校を活用した、知るための施設“トゥーノー イシデショウ”の3階を3月中旬からコワーキングスペース”ハタラキバ”として生まれ変わらせる。

地域の言葉「ハタラキバ」から


同団体が活動する東庄町を含む、千葉・茨城東部地方に建つ家には、敷地内に母屋とは別に、さまざまな作業を行う小屋がある。

この小屋は地域の言葉で「ハタラキバ」と呼ばれており、主に田畑作業の拠点や倉庫、地域活動や年中行事の活動場所として、時には家族や仕事仲間、近隣住民らが集まり、さまざまな交流が生まれる場所として生活の一部となっている。


トゥーノーイシデショウで新たに新設されるコワーキングスペースも、さまざまな人が交わり、自分自身とお互いのことを知り、明日への一歩を踏み出す場となることを目指し、「ハタラキバ」と名付けられた。

学生も使用可能


トゥーノーイシデショウは、あらゆる人が“知る”ことから「やってみたい!」を見つけ、そこからさらに「やってみた!」が得られる場と機会を創出することを目指していることから、おとなはもちろん、学生も使える新しい形のコワーキングスペースとして生まれ変わる。

広々とした空間を活用


約800平米の広々とした空間は、集中して取り組むスペース、個別ブースも設置されたオンラインミーティング可能なスペース、コミュニケーションが可能なスペースと3種類の用途に合わせたスペースになっている。


もともと音楽室と理科室だった場所は、ミーティングルームとして使用可能だ。また、旧石出小学校で使われていた設備で、これからも使えるものは出来る限りハタラキバでも生かしていくという。

見晴らし抜群!屋上でほっと一息

ハタラキバの会員は、屋上にも上がることができる。パソコン仕事で目が疲れたときや、一息つきたいときに、屋上でホッと一息つくのもおすすめだ。

新たなチャレンジをサポート

ハタラキバは地域金融機関と連携し、助成金・支援金の申請に関する情報など、新たな一歩を踏み出そうとする人をさまざまな形でサポートしている。

ハタラキバの会員募集開始は、2022年2月予定。情報は随時トゥーノーイシデショウの公式ウェブサイトや公式SNSで発信される。続報を楽しみに待とう。

■トゥーノーイシデショウ
住所:千葉県香取郡東庄町石出1599
URL:https://toknow.jp/



この記事のライター

STRAIGHT PRESS

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

グルメ・おでかけの人気ランキング

新着

カテゴリ

公式アカウント

ログイン・無料会員登録