アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

佐賀・白玉饅頭 元祖吉野屋140周年記念商品!糖類控えめ・ヴィーガン白玉饅頭を発売

/

他のおすすめ記事を読む
レインボーアンブレラスカイ
2024年6月~9月に絶対行きたい!【全国のイベントカレンダー】

目次


佐賀県佐賀市・白玉饅頭 元祖吉野屋が、創業140周年を記念して「ヴィーガン白玉饅頭」を発売。店舗では1月2日(日)、インターネットではホームページより1月23日(日)から販売を開始した。

従来品に比べカロリー20%オフ


白玉饅頭は佐賀の契約農家が栽培した専用のうるち米と、北海道産の小豆で練り上げた上品なあんこで作られた素朴なお菓子。創業以来、戦火など幾多の困難を乗り越え、地元の人々に可愛がってもらったという。もちろん、従来から動物性原料は使用していない。

ただ、甘味料として使用しているグラニュー糖は小豆の風味を活かしてくれるが、ヴィーガンではない。より体に優しい白玉饅頭作りに思いを込め、同店は多くの素材を吟味し、GI値が低い甜菜糖をはじめ、ラカントSやデーツシロップといった天然の甘味料のブレンドに挑戦。試作に次ぐ試作を重ね、ようやく糖類控えめ・グルテンフリー、そして従来品に比べカロリー20%オフ、自然の奥深い甘さを堪能できるヴィーガン白玉饅頭を完成させた。

創業以来一貫して安心して食べられる和菓子を製造してきた同店。この「ヴィーガン白玉饅頭」は初代から現在の六代目まで脈々と続く職人の心意気にもかなう、胸を張ってお薦めできる逸品となったそうだ。

ノスタルジックな絵にも注目


東京生まれのイラストレーター・yaeさんが描いたヴィーガン白玉饅頭のパッケージには、店舗と木、それを結ぶ印象的な線と夕日がデザインされている。記憶にある佐賀・大和町の風景や元祖吉野屋がふんわりと立ちあがってくるノスタルジックな絵も楽しめそうだ。

六代目からのコメントも到着


六代目は今回の商品に寄せて、「ヴィーガンと聞くと何だか難しそうな感じもしますが、いつも使っているグラニュー糖のかわりにいくつかの天然素材の甘味料をブレンドして製造しているだけです。白玉饅頭同様、末永くご愛顧いただけましたら幸いです」とコメントした。

六代目とスタッフで何度も吟味を重ね、健康と美味しさを追求し満足できる一品に仕上がった「ヴィーガン白玉饅頭」。糖質を気にしている人も、気軽に味わってみては。

■白玉饅頭 元祖吉野屋 佐賀本店
住所:佐賀県佐賀市大和町梅野173
HP:http://www.yoshinoya-net.com/



この記事のライター

STRAIGHT PRESS

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

グルメ・おでかけの人気ランキング

新着

カテゴリ

公式アカウント

ログイン・無料会員登録