アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

テレビや動画を子供に見せたらダメ? 「手抜きをして悪い」「もっと構ってあげないと」と落ち込む親に小児科医が伝えたいこと

/

目次

「テレビに子守りをさせるのは親失格」というような言説があるので、子供に少しの間テレビを見せておいただけでも自分を責めてしまうという親御さんもいるようです。そんなお父さんやお母さんに、森戸先生は「自分を責めないで」と伝えたいそう。

1日中、子供をかまえる親はいない

3528004 m

(photoAC)

多くの子供は1日中ずっと元気いっぱいで、場合によっては一時たりとも静かにはしてくれません。ところが、保護者のほうは子育てに家事、仕事などでバタバタしていることが多く、ずっと子供だけを見ているわけにはいきません。特に平日の夕方以降は大変。子供のお迎え、買い物、料理、片付け、お風呂……などと怒涛のスケジュールが待ち受けているからです。

そこで頼りになるのが、テレビや動画などでしょう。NHKなどの幼児向け番組、『アンパンマン』などのアニメ、乗り物(自動車や電車)、動物などの動画を見せたりすると、子供が静かに待っていてくれてすごく助かりますよね。どうしても静かにしないといけない公共の施設などでも、それらの動画が役立つことがあるでしょう。

ところが、世の中には「2歳まではテレビなどを見せてはいけない」「テレビや動画に子守りをさせるなんて親失格」というような言説があります。ですから、たとえ根拠がなくても誰かに非難されると「親失格だ」と自分を責めてしまったり、または誰にも責められていなくても人目を気にしてストレスを感じたり、「自分は手抜きをして悪い親だ」「もっと子供を構ってあげないと」と落ち込むお母さん、お父さんも多いようです。

でも、本当にテレビは絶対にダメなものでしょうか。24時間ずっと子供をかまい続けることができる人などいません。あまりにも疲れて、ちょっと静かにしておいてほしいこともあるでしょうし、一緒にテレビをみてリラックスしたい時だってあるでしょう。

できるだけ時間を区切って見せよう

日本小児科医会の『「子どもとメディア」の問題に対する提言』(2004年)には、以下のように書かれています。

①2歳までのテレビ・ビデオ視聴は控えましょう。 ②授乳中、食事中のテレビ・ビデオの視聴は控えましょう。 ③すべてのメディアへ接触する総時間を制限することが重要です。1日2時間までを目安と考えます。テレビゲームは1日30分までを目安と考えます。 ④子ども部屋にはテレビ、ビデオ、パーソナルコンピューターを置かないようにしましょう。 ⑤保護者と子どもでメディアを上手に利用するルールをつくりましょう。

じつは、これは科学的なデータや根拠に基づいた提言ではないと、私は思います。子供は1〜2歳でも音楽や子供番組に興味を持つことがありますし、2歳まで一切ダメというのは極端すぎるでしょう。忙しい時にテレビを見せても、長時間でなければ問題ありません。それに長時間でも仕方のない時もあると思います。あまり自分を責めないようにしてください。

もちろん、あまりにも近くから、またはあまりにも長時間見せると、視力が低下するリスクはあります。また、ずっとテレビを見ているだけでは様々な体験ができません。ただし、それはテレビでなくても、絵本や他のものをずっと見ていても同じこと。ですから、タイマーをセットするなどして、できるだけ程よく時間を区切るようにしてみてくださいね。

この記事の執筆者 小児科専門医森戸やすみ 先生 東京生まれ。小児科専門医。一般小児科、NICU(新生児特定集中治療室)などを経て、現在は東京都谷中のどうかん山こどもクリニック院長。医療者と非医療者の架け橋となる記事や本の発表に意欲的に取り組んでいる。『子育てはだいたいで大丈夫 小児科医ママが今伝えたいこと! 』(内外出版社)、『祖父母手帳』(日本文芸社)など著書、監修多数。 ■どうかん山こどもクリニックHP ■Twitter

「森戸やすみ 先生」記事一覧はこちら⇒

(編集協力:大西まお)


関連記事



この記事の著者

マイナビウーマン子育て

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

人気ランキング

新着

カテゴリ

公式アカウント

ログイン・無料会員登録