アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

実は子どもの運動会が憂鬱? その理由は「PTA」「場所取り」「お弁当作り」「保護者参加リレー」「ママ友との絡み」……

/

バスタイムでの白髪用ヘアケアシリーズ・Root Vanishを提供する「綺和美」が、「お子さんの運動会は毎年楽しみにしていますか?」というテーマでアンケート調査を行いました。その結果、大多数の人は楽しみにしている中、「実は子どもの運動会に行くのが憂鬱だ」という親もいることがわかりました。

バスタイムでの白髪用ヘアケアシリーズ・Root Vanishを提供するスリーエム(東京都千代田区代表者:田村尚久)の「綺和美」では、「お子さんの運動会は毎年楽しみにしていますか?」というテーマで、さまざまなアンケートを実施しました。

Sub3

年に1度の運動会は子どもの成長をみられる楽しみな行事の一つですが、近年のコロナ禍の影響で運動会が中止になったり簡素化された学校も多く、コロナ禍前の賑やかだった運動会が今では懐かしくもあります。一方で、中止や簡素化された運動会を喜んでいる親もいるそう。

Main

「お子さんの運動会は楽しみにしていますか」という質問に、大多数の人は子どもの成長をみられる運動会を「楽しみにしている」という回答しています。しかし、一定数の人は、コロナ禍前の賑やかな運動会を憂鬱だと感じていたようです。

昔ながらの賑やかな運動会も楽しいのですが、朝早くからお弁当を作ったり場所取りで校門前に並んだりと少し憂鬱だと感じることがあるようです。

そこで、「コロナ禍になり、中止や短縮運動会が増えたのを内心ホッとしていますか?」というアンケートも行ってみました。

Sub1

すると、半数以上の55%の人が「はい」と答えました。子どもの成長をみることができる運動会は楽しみな行事の一つですが、準備する側からしても大変なのはどの家庭も同じだったようです。

憂鬱の理由を一部、紹介します。

早朝からの場所取りや、お弁当作りが大変だという意見が多くみられました。また、義両親を招待する家庭も多くあり、自分の子どもの運動会なのに気を使わなくてはならず疲れるという意見もみられました。

さらに、「コロナ禍前のような運動会に戻って欲しいですか?」というアンケートも行いました。

Sub2

すると、半数以上の56%の人が「はい」と答えました。大多数の人がコロナ禍前のような運動会に戻って欲しいと思っているわけではありませんが、賑やかな運動会を求めている人がいるのも確かなようです。

【アンケート概要】 実施方法:インターネットのクラウドソーシングサイト「クラウドワークス」において 実施対象者:20代〜50代以上の男女100人 実施期間:4月

(マイナビ子育て編集部)


関連記事



この記事の著者

マイナビウーマン子育て

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

人気ランキング

新着

カテゴリ

公式アカウント

ログイン・無料会員登録