アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

バストの“コロナ垂れ”を感じる人は5割以上! おうち時間増加で脱ブラ傾向「形が崩れた」との声も

/

他のおすすめ記事を読む
「彼女じゃなくて嫁にしたい!」男性が結婚したい♡と思ったリアルなポイント7つ教えます!

目次

Belletiaは5月25日、20代から60代までの女性を対象にした「ブラジャーの着用とバストの調査」の結果を発表しました。

22634345

おうち時間の増加で4人に1人が脱ブラ傾向(※)に

同調査は、長引くコロナ禍でリモートワークが普及し、おうち時間が増えたことでブラジャー着用の習慣に変化が生じているという仮説のもと、ブラジャー着用習慣の変化とそれによるバストへの影響を調べるために同社が実施しました。

コロナ禍を経て、ワイヤー入りブラジャーの着用頻度は減ったか尋ねたところ、25.4%が「とても減った」「まあまあ減った」と回答。減った理由として「ノンワイヤーブラジャーが楽だから」(57.5%)のほか、「外出自粛でおうち時間が増えたから」(37.8%)、「人に会わないから」(34.6%)、「在宅ワークが増えたから」(18.9%)も多く、自宅で過ごす時間の増えたことにより、全体の4人に1人以上が脱ブラ傾向にあることがわかりました。

※脱ブラ傾向…ワイヤー入りブラジャーの着用習慣がなくなってきている(脱ワイヤー入りブラジャー)状況のこと。

Belletia02

コロナ禍を経て、ワイヤー入りブラジャーの着用頻度は減りましたか

現在、バストに悩みがあるか聞いてみると、40代以降は悩みを感じている人は全体の4割以下でしたが、20~30代は6割がバストに悩みを抱えていると答えています。

Belletia03

次に、コロナ禍でどんなバストの悩みが増えたかを尋ねました。すると、ワイヤー入りブラジャーの着用頻度が「とても減った」「まあまあ減った」と回答した脱ブラ傾向にある人たちは、「バストが垂れた」「バストの形が崩れた」「バストのハリが減った」という悩みが増えたと答えています。

コロナ禍をきっかけに脱ブラ傾向に拍車がかかり、バストの垂れ=「コロナ垂れ」が起きているのでは、と考えられます。

Belletia04

バスト悩みが増えたことについて、「八千代げんきクリニック」院長の松本華英先生は、次のように解説しています。

Belletia05

マッサージや下着・サプリなどで日頃からバストケアをしていますか

マッサージや下着・サプリなどで日頃からバストケアをしているか尋ねたところ、「1週間に1回程度」と回答した人はわずか2.8%にとどまり、72.2%が「していない」と回答。

世代で比較すると、特に40代以降は「バストケアを行わない」人が多くなっています。一方、20代は「ホームケアとしてバストマッサージを行っている」、「就寝時などナイトブラを着用している」と回答した人が多く、他の世代と比較してもバストケアに気を使っていることがわかりました。

今後、行ってみたいバストケアについて聞くと、「就寝時のナイトブラ着用」と回答した人が一番多く、「ホームケアでバストマッサージ」「補正下着や育乳ブラの着用習慣をつける」が続いています。

Belletia07

今後やってみたいバストケアで支持が高かったナイトブラ。しかし、ノンワイヤーのものだとバスト全体を支える力がやや弱いと松本先生はコメントしています。

また、セルフケアとして行うバストマッサージは、背中に流れたお肉をしっかりとバストの位置へと流すようにマッサージするのは難しいもの。誤った方法でのセルフマッサージは、かえってバストの形を崩してしまう可能性があります。松本先生は、セルフで行うバストマッサージについて、次のようにアドバイスしています。

調査概要

調査名称:ブラジャーの着用とバストの調査実施時期:2022年3月30日~3月31日調査手法:インターネット調査調査対象:全国20~60代の女性500人

Belletiahttp://www.dip-p.net/#philo

(マイナビ子育て編集部)

<関連リンク>・半数の女性が「バストに悩みあり」!お悩み2位は「垂れ」、1位は?

垂れる、しぼむ……産後のバスト問題、ママたちの切実な本音

バストのムダ毛が気になる女性は95%以上!剃ってる?脱毛?


関連記事



この記事のライター

マイナビウーマン子育て

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

恋愛・結婚の人気ランキング

新着

カテゴリ

公式アカウント

ログイン・無料会員登録