アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

白米愛が溢れすぎてるよ! どんなものよりも白米が大好きな男の子、完全なるお米まみれになる

/

他のおすすめ記事を読む
「彼女じゃなくて嫁にしたい!」男性が結婚したい♡と思ったリアルなポイント7つ教えます!

目次

日本のお米はとにかく美味しい! とはいえ、ここまで白米を愛してやまない男の子がいるとは……!

全身でお米愛を表現

白米が大好きだという、お世話係Aさん(@3boysOSEWA)の息子さん。どれくらい大好きなのかというと……

このくらい!!!

口の周りだけでなく、脚や頭にまでご飯がびっしり! 全身お米まみれです。ぱっちりおめめとぷくぷくのほっぺたがとってもかわいいですが……片付けのことを考えると頭が痛くなってくるような気もしちゃう~(苦笑)。

「どんなものより白米大好き」という息子さんに「好きにさせたらこうなりましたわ」という投稿主さんに、お話を聞いてみました!

食事の楽しさを教えてくれた白米に感謝!

――息子さんの白米愛が伝わる写真でした。

お世話係Aさん三男は白いご飯が好きすぎて、食卓にご飯の器を置いた途端、高速伝い歩きで向かっていってしまいます。火傷や誤飲には気をつけるようにしていますが、ある程度自分の食事を終えたら好きにさせるようにしています(笑)。

――ご飯に向かってまっしぐらとなんですね! このときはなぜこんなにお米まみれに?

お世話係Aさんこの日はちょっと大盛りの大人のご飯をそのまま抱えて離さず、顔を突っ込んでいる様があまりに楽しそうだったので自由にやらせていたら派手に散らかしてこうなりました(笑)。

――ひたむきなお米愛を感じます。まだ生後9ヶ月だそうですが、いつ頃からご飯が大好きになったのでしょう?

お世話係Aさん3回食になり、ある程度固いものが食べられるようになってからかと思います。大人やお兄ちゃんたちがご飯を食べているとあまりに欲しがるので一度好きにさせたところ、ほぼ口に入っていませんがとにかく触る、口に運ぶという行為が自分でできるのがうれしいようでとても満足そうでした。おそらくほとんど食べられていないのですが、ご飯の感触や、たくさんのものをつかんで食べているという満足感を気に入っているのかと思います(笑)。

――なるほど~。ちなみにこの写真の後の片付け、大変だったのではありませんか……?

お世話係Aさんいえいえ、お米は潰れていなければ簡単に取れるので、猿の毛づくろいのようにつみつみ取っています(笑)。汁物や離乳食などはビニールシートを引く、新聞紙を引く、いろいろやりましたがそっちの用意の方が面倒くさくて……うちは「とにかく気にしない!」です(笑)。なんなら離乳食にスタイも使わないです。洋服は汚れても洗えば落ちる、散らかしても拭けばいい……という感じなので。大変ではない方法があるというよりは自分の考え方で大変だと思っていない、という感じです(笑)。

――いろいろ気にするよりも、食事の時間が楽しくなりそうですね!離乳食の頃からご飯はたくさん食べていましたか?

お世話係Aさん三男はあまり離乳食を食べる方ではなく、食事が嫌いなのかと思っていたところ、白米で目覚め、モリモリいろんな物を食べるようになりました。お気に入りのものを自分で取って食べられるという流れが、食事の楽しさを三男に教えてくれたんだなと気づきました。白米にはとても感謝しています。

ご飯が大好きになった三男くん、これからの成長がとっても楽しみですね!お世話係Aさん、かわいらしいお話をありがとうございました。

====================投稿主お世話係AさんTwitter@3boysOSEWA

(マイナビ子育て編集部)

<関連記事>・真夜中、赤子の夜泣きをあやしていたつもりが……!? 翌朝になって妻から聞かされた意外な事実!

パパが考えた、絶対着替えたくない2歳男児を着替えさせるのに「一番早い方法」とは?

「小中高とバレー部で良かった」パパが実感した瞬間! 娘の危機に咄嗟にとった行動とは


関連記事



この記事のライター

マイナビウーマン子育て

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

恋愛・結婚の人気ランキング

新着

カテゴリ

公式アカウント

ログイン・無料会員登録