アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

食べられる宝石! この夏、親子でチャレンジしたい実験スイーツレシピ【人気料理インスタグラマー直伝】

/

他のおすすめ記事を読む
「彼女じゃなくて嫁にしたい!」男性が結婚したい♡と思ったリアルなポイント7つ教えます!

目次

お菓子作りは「化学」だった!? Instagramのフォロワーは4万人以上、sachi_homemadeさんの書籍『おうちで作れる実験スイーツレシピ お菓子+化学=おいしい&楽しい!』(翔泳社)から、まるで宝石のような和菓子「琥珀糖」のレシピを紹介。おいしく学べる実験スイーツレシピ、ぜひ親子でチャレンジしてみて。

自然な色素でカラフルな琥珀糖を作ってみよう!

宝石のような和菓子、琥珀糖を自然な色素で作ってみましょう。バタフライピーを使って、色を変化させていきます。甘酸っぱくておいしい、やみつきのお菓子です。

この実験スイーツレシピで学べることpHによる色の変化難易度★★かかる時間30分(乾燥させる時間を除く)保存期間1週間

Kohakutou

琥珀糖とは

砂糖と寒天を材料とした砂糖菓子の一種です。和菓子のひとつで、お茶の席に出されることもあります。外側を乾燥させ、砂糖を結晶化させることで、外側はしゃりっとした硬さがありながら、中はくにゅっとした柔らかさのある不思議な食感になります。キラキラと光を受ける様子が宝石のように美しいお菓子です。色を変えると、違う表情になります。

使う道具・材料

【使う道具】カップなど紙コップ小鍋ゴムベラスプーン牛乳パックの型(バットなどでも)クッキングシートバット

【材料(牛乳パック型1台分)】〈色液〉バタフライピーティーバッグ… 1個(7g)お湯①…約120gお湯②…30g砂糖…90gクエン酸… 2g〈寒天液〉水…150g砂糖…200g寒天(粉末)… 4g

作り方

【下準備】色液を作っておく。カップにお湯①とバタフライピーを入れ、濃いめのバタフライピー液を作る。

●色液A…紙コップAにお湯②と砂糖30gを入れて混ぜ、溶かす。●色液B…紙コップBにバタフライピー液のうち20gと砂糖30gを入れて混ぜ、溶かす。●色液C…紙コップCにバタフライピー液のうち20gと砂糖30gとクエン酸2gを混ぜ、溶かす。

1

1下準備を参照して色液A B Cを作ったら、冷めないように湯せんしておく。

2

2寒天液を作る。小鍋に水と寒天を加えて中火にかけ、プクプクとするくらい煮立たせ、しっかり煮溶かす。

3

3砂糖を加えて混ぜながら煮詰める。糸を引くくらいになったらOK。

Re 3

41の色液ABCに寒天液を80gずつ加えて混ぜる。デジタルスケールで測りながら入れる。

5

5牛乳パック型にクッキングシートを敷き、色液Bを少し流し入れる。

6

6色液AやCも自由に流し入れていく。色液BとCが合わさるとpHが変化して色も変わっていくので混ぜすぎないよう注意。

7

7すべて流し入れたところ。バットなど浅めのトレーがあれば、それでも。色が混じりにくく作りやすい。

8

8表面の泡をスプーンなどで取り除く。固まるまで置いておく。冷蔵庫に入れると早く固まる。

9

9 1

9固まったら、シートごと牛乳パック型から外し、手で割っていく。

10

10クッキングシートを敷いたバットに間隔を空けて並べ、1週間ほど置いて乾燥させる。

乾燥させるのに時間がかかりますが、だんだん砂糖が結晶化してくる様子を毎日観察してみましょう。

11

11数日経つと表面に砂糖の結晶ができ始める。

12

12数日経ったら、ひっくり返して下の面も乾燥させる。

13

131週間ほどして、表面全体が砂糖の結晶で覆われ糖衣がついたら完成。

季節や環境によって乾燥にかかる時間は異なるため、様子を見ながら乾燥させましょう。

(著・sachi_homemade、イラスト・米村知倫、撮影・安井真喜子『おうちで作れる実験スイーツレシピ お菓子+化学=おいしい&楽しい!』(翔泳社)より一部抜粋/マイナビ子育て編集部)

今回のレシピ動画

<関連リンク>・目には見えない? ミルククラウン『おうちで楽しむ科学実験図鑑』

チョコレートで虹をつくろう!『おうちで楽しむ科学実験図鑑』

電車や車内でのぐずり防止に!簡単手作りおもちゃ 走る!チビ忍者『ふきさんのアイデアおもちゃ大百科』

今回紹介したレシピ掲載!書籍『おうちで作れる実験スイーツレシピ』

お菓子作りには「化学」が隠れています。焼き色がついたり膨らんだり、固まったりするのはすべて化学的な原理が働いているから。

それぞれのお菓子に隠れている原理を理解して作ると、お菓子作りが「実験」になります。色や形、質感の変化を「観察」して作るとおいしいだけでなく、楽しさもアップ!

元理科・実験教室の先生である著者のわかりやすい解説で、理解もばっちり。お菓子作りの基本を学びながら観察のコツや実験内容のまとめ方も身に付く、新感覚のレシピ本です。

〈この本で作るお菓子〉PART1 自然のカラフルさ!食べ物の色色が変わるサイダー/ラムネ/琥珀糖などPART2 甘さだけじゃない!形と色を作る砂糖フルーツあめ/オリジナルコーラ/クッキーなどPART3 軽くて重い空気の使い方メレンゲ/パウンドケーキ/マシュマロなどPART4 熱い・冷たいおいしさ。温度を利用するアイスクリーム/フルーツゼリー/プリンなど

sachi_homemade さんのプロフィール

熊本大学理学部物質化学科を首席で卒業。民間の教育機関で働き、子ども向けに理科・実験教室の講師を務める。一児の母となった後、お菓子作りが化学と似ていることに気づき、お菓子作りにのめり込む。ウェブサイトなどでコラム執筆やレシピ提供を行う。2022年製菓専門学校卒業見込み。

Instagram:@sachi_homemade


関連記事



この記事のライター

マイナビウーマン子育て

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

恋愛・結婚の人気ランキング

新着

カテゴリ

公式アカウント

ログイン・無料会員登録