アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

【秋はご用心】子どもの体調管理に悩むパパ・ママは2人に1人! 体調を崩しやすくなったタイミングは7割以上が「保育施設入園時期」

/

他のおすすめ記事を読む
「彼女じゃなくて嫁にしたい!」男性が結婚したい♡と思ったリアルなポイント7つ教えます!

目次

江崎グリコは8月23日、全国の1~3歳の子どもを育てる20~30代の働くパパ・ママを対象に実施した「1~3歳のお子様の体調管理に関する調査」の結果を発表しました。

毎日の子どもの免疫対策、「何をしたらいいかわからないが」4割超

江崎グリコの調査によると、「毎日の子どもの体調管理に悩んでいる」と回答した働くパパ・ママは52.5%で、2人に1人が悩みを抱えている結果となりました。

Guriko01

次に、子どもが生まれてから今までで最も体調を崩しやすかった時期について聞くと、「1歳以上~1歳6カ月未満」(39.9%)が最多でした。

Guriko02

この質問で、「ほとんど体調を崩すことが無い」と回答した人以外に子どもが体調を崩しやすくなったと感じたタイミングについて尋ねると、76.5%が「保育施設(保育園・幼稚園・こども園など)の入園時期」と答えています。

D1124 302 acb2ee5d6cf8f6827416 2

さらに、子どもを保育施設に通わせている回答者のみに、子どもの体調不良により保育施設から急に電話がかかってくる「お迎えコール」の経験があるかどうか聞くと、81.5%が「ある」と回答。子どもの体調管理に悩むパパ・ママの実態が浮き彫りになりました。

D1124 302 a7c1d2b262fe9585c998 3

では、働くパパ・ママは子どもの体調をどのように管理し、気をつけているのでしょうか?

1年の中で、最も子どもの免疫対策を意識する季節について聞くと、「冬」(50.0%)が最も多く、「夏」(8.6%)が続き、年間で意識が低くなるのは「秋」(4.1%)となっています。「季節を問わず意識している」は31.6%でした。

Guriko03

次に、子どもの免疫を高めるために毎日の生活で具体的に取り組んでいることを尋ねると、最も多い回答は「取り組みの必要性を感じているが、何をしていいか良く分からない」(44.9%)でした。

Guriko04

この質問で、「すでに取り組んでいることがある」と回答した人を対象に、子どもの免疫を高めるための家庭での取り組みに関してどう思うかを尋ねたところ、半数のパパ・ママが「それなりにできているが、まだ不十分」と答えています。

D1124 302 516d1a6d74280cdb3742 6

理由としては、「手間がかかる」(60.8%)「時間が無い」(51.4%)が多く挙がっていることから、仕事・家事・育児に忙しいパパ・ママは、子どもの免疫対策の必要性を感じつつも、適切な対策方法が見つからず、手軽に取り組める方法を模索しているようです。

それに関連して、「子どもの免疫に不安がある」と回答した人に対し、感染症に対する免疫対策として大切な3つの要素である「運動」「食事」「睡眠」それぞれの不安の有無を聞くと、「食事を通した免疫対策に不安がある」と回答した人は83.3%で、「睡眠に不安がある」(66.0%)「運動に不安がある」(59.9%)を大きく上回る結果となりました。

D1124 302 90c97827a547b9ee2e64 7

また、「子どもの免疫を高めるために、毎日の生活で具体的に取り組んでいることはありますか」という質問で、「すでに取り組んでいることがある」と回答した140人に、子どもの免疫を高めるために取り組みたいと思っているが、十分に取り組めていないものを尋ねたところ、1位は「免疫力向上が期待できる食品をとらせる」(24.3%)、2位が「バランスの良い食事をとらせる」(22.1%)でした。

Guriko05

働くパパ・ママは、食事を通した子どもの免疫対策に不安があり、日常的に家庭で取り組むことへのハードルを高く感じているようですが、子どもの免疫に関する知識はどれくらいあるのでしょうか?

そこで、「免疫発達期」について知っているか尋ねたところ、70.0%が「良く知っている」「ある程度知っている」と回答しました。

Guriko06

「免疫発達期」について、江崎グリコは以下のようにまとめています。

赤ちゃんは母乳を通して免疫成分を受け取りますが、その母乳には元気でつよいカラダづくりをサポートする成分「MFGM(Milk Fat Globule Membrane/乳脂肪球皮膜)」が含まれています。

この「MFGM」について知っているか尋ねたところ、65.7%が「聞いたことがない」と答えました。

Guriko07

「免疫発達期」の認知度は高く、感染症対策が必要な時期として認識されていますが、その重要な成分の1つである「MFGM」については、まだ十分に知られていないことが分かりました。

調査概要

調査名:1~3歳のお子様の体調管理に関する調査調査方法:インターネット調査調査対象者:20~30代の有職男女調査対象者数:651人調査地域:47都道府県調査期間:2022年7月15日(金)~7月17日(日)調査主体:江崎グリコ

江崎グリコhttps://www.glico.com/jp/

(マイナビ子育て編集部)

<関連リンク>→【漫画】お迎えも子どもの体調管理もママがやる前提? ワーママのモヤモヤ『主婦の給料、5億円ほしーーーー!!!』Vol.5現役保育士も「首もげるほど頷いてます」!! 先輩ママ直伝・慣らし保育予定の人に伝えたい3カ条がめっちゃためになる【働くママ調査】仕事と育児の両立はここが大変! ワーママが語る実体験


関連記事



この記事のライター

マイナビウーマン子育て

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

恋愛・結婚の人気ランキング

新着

カテゴリ

公式アカウント

ログイン・無料会員登録