アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

【エルゴベビー監修】意外と知らない?抱っこ紐の正しい付け方

目次

【エルゴベビー監修】意外と知らない?抱っこ紐の正しい付け方

抱っこ紐の正しい付け方とコツを動画とテキストでご紹介! 人気のエルゴベビー監修のもと、肩や腰に負担の少ない抱っこ紐の使い方を解説します。

間違った着け方をしていると…

test

ストラップの位置が高かったり、ウエストが緩かったりすると…
・肩こりや腰痛の原因に!
・赤ちゃんが不安定になり危険!

正しい着け方を覚えよう!

1. ウエストベルトをする

test

高めの位置で、ウエストベルトをぴったりと装着します。ゆるくならないように注意!

2. 首の後ろのバックルをとめる

test

首の後ろについているバックルをとめ、しっかりと縮めます。

ベルトを引っ張ると簡単に調節ができますよ◎

3. 赤ちゃんを抱き上げる

test

赤ちゃんを両手でしっかりと抱き上げます。ママのあごが赤ちゃんのおでこに届く高さが◎

4. 抱っこ紐を引き上げる

test

赤ちゃんのお尻を片手で支えながら、抱っこ紐を赤ちゃんの首の後ろまでしっかりと引き上げます。

5. 左右のストラップのを縮める

test

赤ちゃんの腰の位置にあるストラップを縮めます。左右両方を引っ張って、赤ちゃんがママの身体にしっかりくっつくようにしましょう。

6. 両脇から手を入れておしりを持ち上げながら、脚の位置を調整する

test

両脇から手を入れて赤ちゃんのお尻を持ち上げながら、赤ちゃんの腰や脚の位置を調整しましょう。

これで装着完了です!

上手に装着できているかチェックポイント♪

1. 抱っこ紐から出ている両足が左右対称になっている

test

両脇に出ている赤ちゃんの両足のひざ下が、きちんと左右対称になっているか確認しましょう。

2. 膝の裏まで抱っこ紐が届いていること!

test

抱っこ紐が赤ちゃんの膝の裏まで届いていれば、正しく装着できている証拠です◎

3. 普段の抱っこと同じ高さで抱けている

test

抱っこ紐を使っていない普段の抱っこの高さを思い出してみてください。そのときと同じ高さで抱っこできているのが理想です。

まとめ

test

便利で楽チンなはずの抱っこ紐も、間違った着け方をしているとお母さんにもお子さまにも負担がかかってしまいます。

正しい姿勢になっているかをきちんと確認しながら、今回のポイントを踏まえてしっかりと装着するようにしましょう!


モデル:ゆいとくん @kanna1201
監修:エルゴベビー
使用商品:ADAPT スターダスト ¥24,840(税込)

ライター:あだちあやか


/

この記事の著者

ママタス

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録