アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

【大阪府高槻市】太陽ファルマテックに新福利厚生施設「T-LINKS」誕生、災害時は一時避難所に

/

他のおすすめ記事を読む
ローソン 看板
ローソンのあの伝説のキャンペーンが帰ってきた!早い者勝ち♡超お得なグルメ

目次


太陽ホールディングスの子会社で医薬品製造受託事業を担う太陽ファルマテックは、11月24日(木)より大阪府高槻市の本社敷地内に福利厚生施設「T-LINKS」を開設した。

「T-LINKS」は、「みんなのリフレッシュテラス=環境と人に優しい木陰の空間」をデザインコンセプトに、環境配慮を目的とした大きな庇屋根が特徴的で、建築家・隈研吾氏とともに新国立競技場の設計責任者を務めた川野久雄氏が設計した。

奥原希望選手が初監修したアリーナも


施設内には社員用の食堂やマシンジム・会議室・浴室のほか、バドミントン女子シングルス日本代表/プロバドミントン選手の奥原希望選手(太陽ホールディングス所属)が初めて監修したアリーナ(体育館)や、グループ会社の食糧事業のノウハウを活かした水耕栽培エリアなどを設けている。

災害発生時は一時避難所に


また、太陽ファルマテックは大規模災害発生時に、高槻市内にとどまる帰宅困難者および近隣住民に対し、本施設を一時避難所として提供し、迅速な災害対策に協力・貢献することを定めた「災害時における帰宅困難者の受け入れ等に関する協定書」を高槻市と、「災害時における近隣住民の受入れ等に関する協定書」を近隣自治会と、2022年11月に締結。


2018年の大阪府北部地震で最大震度6弱を観測した高槻市では、発生確率の高い南海トラフ地震等の自然災害の発生に備え、災害に強い「強靱なまちづくり」を進めているなか、社員利用を主とした施設ではあるが、有事などの際には行政機関等と連携し、地域の災害対策として積極的に貢献していく。


日本経済の低迷や働き方の変化とともに「ハコモノ」と呼ばれる企業の福利厚生施設は減少し、在り方も変わってきている。「T-LINKS」は企業と地域をつなぐ役割を持った、新しい福利厚生施設という。

自然・地域・職場の3つの環境に配慮した設計


「T-LINKS」は、「みんなのリフレッシュテラス=環境と人に優しい木陰の空間」をデザインコンセプトに、自然環境・地域環境・職場環境の3つの環境に配慮した設計。

自然環境においては、特徴的な庇屋根で建物全体を覆うことで日射軽減を図り、建物周辺に用いた潜在自然植生の蒸散効果などにより、エネルギー消費の50%以上の削減を実現し、効率よく建物内の温度上昇を緩和できたことで経済産業省資源エネルギー庁認定の「ZEB Ready」の認証を取得した。


地域環境においては、新国立競技場などの施設設計経験を活かし、近隣住宅に圧迫感が少なく、街の景観を損なわない外観デザインを施している。

街の景観を損なわない外観デザインに


職場環境においては、コミュニケーションを喚起するカフェテリアや、リフレッシュができるテラス、マシンジムなどを設け、社員が働きやすい仕様にした。

また、同施設は災害発生時に高槻市内にとどまる帰宅困難者と近隣住民の一時避難所となることから、水害を考慮した床レベルの設定や開放性がありながらも地震に強い構造となっており、一時避難所として安心安全に機能するよう備えているという。

■T-LINKS
住所:大阪府高槻市明田町4-38

太陽ファルマテック公式サイト:https://www.taiyo-pt.co.jp/

(まお)



この記事のライター

STRAIGHT PRESS

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

グルメ・おでかけの人気ランキング

新着

カテゴリ

公式アカウント

ログイン・無料会員登録