アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

「幻冬舎」が『ペチャリブレ ステージバトル編』&『無限まちがいさがし』を発売中!

/

目次

幻冬舎は、話題の“おしゃべりバトルカードゲーム”のシリーズ新作『ペチャリブレ ステージバトル編』と、新感覚のまちがいさがしカードゲーム『無限まちがいさがし』を発売中!気になる商品の詳細をチェックしよう。

話題のカードゲームの新作が登場!


幻冬舎は、カードゲーム『ペチャリブレ ステージバトル編』(ゲームデザイン:秋口ぎぐるさん)を、11月25日(金)より、全国の書店・玩具店・雑貨店で発売中だ。


『ペチャリブレ ステージバトル編』は、累計約9万部となっているカードゲーム『ペチャリブレ』の新作。『ペチャリブレ』は、ランダムに与えられるキャラクターカード1枚と特徴カード2枚の組み合わせで、「相手よりどう強いか」を1対1で言い合うおしゃべりバトルカードゲームだ。


『ペチャリブレ ステージバトル編』では、キャラクターカードと特徴カードに加えて、新たに「ステージカード」が収録されている。「ステージカード」とは、戦う場所や勝利条件が変わるカード。たとえば、肉食獣から逃げきれたら勝ちの「恐竜時代」、恋をしたら負けの「婚活パーティー」、就職・転職ができたら勝ちの「就職氷河期」、怖がったら負けの「心霊スポット」など、全12枚のカードを収録している。

ステージによって、弱みが強みになるなどキャラクター+特徴の活かし方が変わるので、バトルにバリエーションが出る。また、ステージカードで制約ができることによって状況や目的がわかりやすく設定され、遊びやすさもプラスされている。


『ペチャリブレ』は、テレビで芸能人が遊んだことなどから話題になった。単体はもちろんのこと、シリーズでまぜて遊べばより楽しめる。また、トーク主体のゲームなので、対面で遊ぶことが難しい場合にもリモートプレイが可能だ。


価格は1,760円(本体1,600円+税)で、キャラクターカード30枚、特徴カード38枚、ステージカード12枚と説明書がついている。対象年齢は8歳以上、対象人数は3~19人で、プレイ時間は約15分以上となっている。

詳細ページ:https://www.gentosha-edu.co.jp/book/b614840.html

新感覚のまちがいさがし!


また、幻冬舎は、カードゲーム『無限まちがいさがし』(ゲームデザイン:高井九さん/イラスト:どいまきさん)を、12月21日(水)より、全国の書店・玩具店・雑貨店で発売している。


通常のまちがいさがしは「○個見つけたら終わり」だが、『無限まちがいさがし』は「まちがいがもう見つからない」と思ったらカードをかえる。すると、別のまちがいが生まれたり、さっきはまちがいだった場所がまちがいではなくなったりして、次々に新しいまちがいさがしにかわっていく。カードの組み合わせをかえていくことで、ほぼ無限に楽しめるまちがいさがしのカードゲームだ。


シーンを2種類選んだら、山札から2枚ずつ取って並べ、左右のカードを見くらべて、順番に1人1個ずつまちがいを指摘していく。制限時間内にまちがいが見つからなければ時間切れとなり、全員時間切れになるとこの回は終わり。まちがいを多く見つけた人に得点が入る。

山札から1シーン1枚ずつカードをかえて、新しく次の回のまちがいさがしを始める。これを数回くり返して、得点が一番多い人の勝ちとなる。


全6種のシーンの組み合わせは自由で、3シーン以上つなげれば難度がアップする。対戦プレイもソロプレイも可能だ。


価格は1,760円(本体1,600円+税)で、カード46枚(両面使用)と遊び方ガイドがついている。対象年齢は5歳以上で対象人数は1~4人、プレイ時間は約10~30分となっている。

詳細ページ:https://www.gentosha-edu.co.jp/book/b616699.html

年末年始の集いの場で、『ペチャリブレ ステージバトル編』や『無限まちがいさがし』を楽しんでみては。

(yukari)



この記事の著者

STRAIGHT PRESS

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

人気ランキング

新着

カテゴリ

公式アカウント

ログイン・無料会員登録