アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

DIYにも便利な「マイラベルシール」を作ろう! 全国のファミマ・ローソンで印刷可能

/

他のおすすめ記事を読む
レインボーアンブレラスカイ
2024年6月~9月に絶対行きたい!【全国のイベントカレンダー】

目次


サムライソードは、自分だけのラベルシールを作れるサービス「マイラベルシール」を開始。全国のファミリーマートとローソンでプリントできる。

サイトで作成・コンビニで印刷、デザイン投稿も


「マイラベルシール」は、サービスサイトでオリジナルのラベルシールを作成し、ローソン・ファミリーマートに設置されているシャープ製マルチコピー機でプリントできるサービス。

同マルチコピー機は、丈夫な素材で剝がれにくい写真シール用紙を利用しているため、キッチンのボトルや収納ケースなど、あらゆる用途で使えるシールを作れる。

また、ラベルシールのデザインを投稿フォームで公募中。今後は続々とクリエイター作品などが追加されていく。

豊富なデザインとテキスト変更などで自分好みに


サービス開始時には、約400種類のラベルを用意。

デザインジャンルはシンプル・ポップ・和など10種類、用途別カテゴリーはサニタリー・ドリンク&フード・アウトドアなど7種類が展開され、プリントカラーは白黒・カラーに対応している。


また、ラベル内のテキストを自由に変更できる“テキスト入力可能タイプ”と、“そのまま印刷するタイプ”の2種類を用意。「このデザインを使いたいけど、テキストが合わない」といったときには、テキストを自由に変えてみよう。

「膨大な数のデザインから、気に入ったものを探すのが大変そう」と思う人は、目的のラベルをすぐに探せる「番号から選ぶ」を活用すると良いかもしれない。

サイズ指定や1枚に複数印刷も可能


同サービスでは、シールのサイズを自由に指定できるのもポイント。

L判用紙なら最大68mm×107mmまで、2L判用紙なら最大108mm×170mmまでの間で自由にサイズ変更可能だ。なお、1枚印刷や2分割・4分割の定型サイズもある。


さらに、用紙1枚に最大4パターンのデザインをならべて印刷可能。無駄を省いて、欲しいデザインを効率よく印刷できる。用紙内に分割して印刷する場合にはラベルサイズの変更はできず、選べるのは定型サイズの2分割と4分割だ。

2分割の場合のラベルサイズは、L判用紙は最大53mm×84mm・2L判は最大70mm×110mm。4分割の場合のラベルサイズは、L判用紙は最大34mm×55mm・2L判は最大53mm×84mmとなる。

プリント番号かQRコードでプリント


同サービスの料金は、L判用紙300円、2L判用紙500円。利用するには、サービスサイトで発行されるプリント番号もしくはQRコードが必要だ。

プリント番号の場合は、マルチコピー機から「コンテンツサービス」→「eプリントサービス」→「番号入力」の順に操作し、料金を投入すればプリントできる。

QRコードの場合は、ファミリーマートでは「2次元コードを持っている」から、ローソンでは「QRコードでコンテンツをえらぶ」から、それぞれ購入可能だ。

自分好みのラベルシールで、部屋のいろんなところをオシャレにラベリングしてみては。

「マイラベルシール」サービスサイト:https://mylabel.jp/service/

(Higuchi)



この記事のライター

STRAIGHT PRESS

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

グルメ・おでかけの人気ランキング

新着

カテゴリ

公式アカウント

ログイン・無料会員登録