アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

「元旦(がんたん)」の意味を知ればもう間違えない!「元旦」と「元日」の違いと正しい使い方

/

他のおすすめ記事を読む
妻自慢をする男の心理とは?自慢の奥さん・愚痴られる奥さんの違いを解説!
妻自慢をする男の心理とは?自慢の奥さん・愚痴られる奥さんの違いを解説!

目次

「元旦」と「元日」。どちらもお正月を言い表す言葉ですが、実は少し異なった意味合いになります。今回は「元旦」と「元日」の違いについて解説します。

「元旦」と「元日」それぞれの意味と違い

25194079 m

「元旦」とは?

まず「元旦」は、元日の朝、すなわち「1月1日の朝」のことを言い表す言葉です。時間帯としては、1月1日の夜明けから午前中いっぱいを指します。

元旦の「旦」は、太陽を表す「日」と、地平線を表す「一」で成り立っており、「明け方」「朝方」という意味があります。言われてみると確かに、「旦」の字からは、太陽が地平線から昇ってくる光景が浮かび上がります。

また、元旦は「元朝(がんちょう)」とも呼ばれます。

「元日」とは?

「元日」は、1年の最初の日である「1月1日」を言い表す言葉になります。

「元旦」と「元日」の違い

「元旦」が「1月1日の朝」を意味するのに対して、「元日」は「1月1日」全体を意味しています。

言うなれば、元旦は「元日に含まれている時間帯の一部」になります。

そのため、「元旦の朝」という言い方は、本来は誤りになります。なぜなら、元旦という言葉の中で、既に「朝」という意味を含んでいますからね。「元日の朝」という言い方は正しいです。

年賀状は「元旦」と「元日」どちらが正しい?

25260224 m

では、年賀状には「元日」と「元旦」どちらを記載するべきなのでしょうか?

実は、本来年賀状は、1月1日の午前中に配達されることを前提としています。そのため、年賀状は「元旦」を用いるのがマナーです。「元旦」に1月1日の意味も含まれているので、「2023年元旦」はOKですが、「1月元旦」は意味が重複するのでNGとなります。

年賀状を出すのが遅くなってしまい1月1日に届くか怪しい…という場合は、「迎春」「新春」など特定の日付を示さない表現を使うことをおすすめします。

まとめ

今回は、「元旦」と「元日」の違いについて解説しました。来年は、うっかり「元旦の朝」と言ってしまわないように気をつけてみてはいかがですか?



この記事のライター

マイナビウーマン子育て

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

恋愛・結婚の人気ランキング

新着

カテゴリ

公式アカウント

ログイン・無料会員登録