アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

くせ毛の人が最も多い県はどこ? 女性の約35%「年齢に応じてくせが強くなった」

/

他のおすすめ記事を読む
妻自慢をする男の心理とは?自慢の奥さん・愚痴られる奥さんの違いを解説!
妻自慢をする男の心理とは?自慢の奥さん・愚痴られる奥さんの違いを解説!

目次

アデランスは、梅雨に向けて、47都道府県各104人(20~60代の男女 計4,888人)を対象に「髪の毛の“くせ”」に関する意識調査をインターネット調査で実施しました。

髪のくせを最も感じているのは「熊本県民」

Main

Q. ご自身の髪の毛をくせ毛だと思いますか?(単数回答/n=4888)

自身をくせ毛だと思うか尋ねたところ、「くせ毛だと思う」「どちらかといえばくせ毛だと思う」と答えた人の合計は、全体で53.2%と約半数に。男女別では女性の方がくせ毛を実感している割合が高く、62.1%と男性(44.3%)よりも17.8%高い結果となりました。

Sub1

Sub2

また、上記の質問に関して47都道府県別に見てみると、「くせ毛だと思う」「どちらかといえばくせ毛だと思う」と答えた割合が最も高かったのは「熊本県」で59.6%に上りました。次いで「山口県」(58.7%)、「島根県」「大分県」(57.7%)が続いています。

5位以上を見ると、中国地方と九州地方の県が多くランクインする結果に。一方、最も低かったのは「群馬県」(43.3%)で、トップの熊本県と比較すると、15%以上も差があります。

くせ毛の人ほど髪質への不満度が高い傾向に

Sub3

Q. ご自身の髪のくせや髪質に不満はありますか?(単数回答/n=4888)

自身の髪質やくせについて不満があるか尋ねたところ、全体では合計で49.4%が「不満である」「やや不満である」と回答しました。

この結果を前問の回答別に比較したところ、「くせ毛だと思う」と回答した人のうち、77.4%は自身の髪質に不満を感じていることがわかりました。

一方、「くせ毛ではない」と答えた人は不満を感じている割合が低く、くせ毛かどうかが、髪への不満に大きく影響していることがわかります。

くせ毛の人は「髪のうねり」、くせ毛以外の人は「ボリューム」に悩み

Sub4

Q. ご自身の髪のクセや髪質でお悩みのことはありますか?(複数回答/n=4888)

自身の髪質やくせについて悩んでいることを尋ねたところ、「髪がうねる」が39.9%でトップに。次いで「髪のセットがうまくいかない」(27.9%)、「ボリュームが出ない」(27.1%)、「髪がまとまらない」(25.8%)が続きました。

Sub5

この結果をくせ毛の実感度合い別に比較すると、「くせ毛だと思う」と回答した人の7割以上、「どちらかと言えばくせ毛だと思う」と回答した人の5割以上が「髪のうねり」に悩んでいると回答。

「くせ毛だと思う」と回答した人は「髪のセットがうまくいかない」(42.0%)、「髪がまとまらない」(45.2%)と回答した割合も高く、髪に関する悩みが多岐にわたっていることがわかります。

一方で、「くせ毛ではない」と回答した人では、「ボリュームが出ない」ことに悩んでいる人が多い結果となり、くせ毛の度合いによっても、髪の悩みが異なることがわかりました。

女性の約35%が年齢の変化に応じて「くせが強くなった」

Sub6

Q. 年齢の変化によって髪のクセや髪質が変わったと感じることはありますか?(単数回答/n=4888)

年齢の変化に伴うくせや髪質の変化について尋ねたところ、「強くなった」もしくは「弱くなった」と回答した人は、全体で36.9%に上りました。特に「強くなった」と感じている割合が高く、女性では35.8%が「クセやうねりが強くなった」と回答しています。

髪質の変化を実感したのは「40代」が最多

Sub7

Q. 前問で「クセやうねりが強くなった」「クセやうねりが弱くなった」と回答した人にお聞きします。具体的に、何歳ぐらいから変化がありましたか?(単数回答/n=1806)

前問で「クセやうねりが強くなった」「クセやうねりが弱くなった」と回答した人に対して、何歳ごろから変化を感じ始めたか尋ねたところ、「40代」が最多で、女性では32.4%、男性では36.5%という結果に。次いで「30代」という回答が多く、30~40代の間に髪質の変化を感じた人が大半を占めました。

くせ毛の人の約3割は対策を「何もしていない」

Sub8

Q. 髪のクセを直すためにどのような対策をしていますか?(複数回答/n=4888)

髪のくせに対して、どのような対策を行っているか尋ねたところ、全体では「ドライヤーによるブロー」(26.4%)や「水やお湯で濡らす」(23.2%)など、一般的に家庭でできる対策が上位となりました。

「くせ毛だと思う」と回答した人では、アイロン等の使用やストレート矯正など、グッズやサロンでの施術に頼る人も多いことがわかります。

一方で「何もしていない」との回答も29.2%に上っており、くせ毛であっても特に対策はしないという人も一定数いることが明らかになりました。

調査概要

○調査名:髪の毛のくせに関する意識調査○調査対象:全国の20~60代の男女4,888名(有効回答数)/全国47都道府県各104名(女性52名、男性52名ずつ)○調査期間:2023年1月10日(火)~1月12日(木)3日間○調査方法:インターネットアンケート○調査委託先:マクロミル

※同調査結果では、小数点以下第2位を四捨五入しているため、合計しても100%にならない場合があります

アデランスhttp://www.aderans.com/index.html

(マイナビ子育て編集部)

偏差値60以上の中学に通う子どもが幼児期にやっていた「習い事」とは?掛け持ち派が圧倒的多数に

解熱鎮痛剤の「ロキソニン」と「カロナール」って何が違うの? 救急集中治療医がイラストで解説!

高校生が思う「部活の理不尽エピソード」で圧倒的1位だったのは?学校と社会とのギャップを感じる生徒は約40%



この記事のライター

マイナビウーマン子育て

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

恋愛・結婚の人気ランキング

新着

カテゴリ

公式アカウント

ログイン・無料会員登録