アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

丸山桂里奈さんが5ヶ月の産休を終え仕事復帰! 生後3ヶ月娘は祖父母に「父も母もどうしても孫を見たい」

/

他のおすすめ記事を読む
「彼女じゃなくて嫁にしたい!」男性が結婚したい♡と思ったリアルなポイント7つ教えます!

目次

今年2月に第一子を出産したタレントの丸山桂里奈さんが、6月5日生放送の『ラヴィット』(TBS系)で仕事復帰。実に5ヶ月ぶりの仕事となり、SNSでは緊張を明かしていました。

娘の存在が「じーじやばーばの生きがいに」

0605marukarisan

(※画像は丸山桂里奈さんオフィシャルブログより)

丸山桂里奈さんは昨年12月いっぱいで産休入りし、今年2月21日に元気な女の子を出産。出産によるダメージが大きく、産後は通常よりも長く入院していましたが、今はすっかり回復し、レギュラー番組で仕事復帰も果たしました。

番組ではMCの川島明さんをはじめ共演者から「おかえりなさ~い」と迎えられ、「丸山、帰ってまいりましたー!」「寝ても覚めても元気です!」と登場した丸山さん。夫の元サッカー日本代表・本並健治さんが、白いタキシード姿でback numberの「ヒロイン」を妻に向けて熱唱する場面では、号泣していました。

仕事復帰の前夜、緊張してほとんど眠れなかった様子の丸山さん。「今まで生きてきた中でお仕事を5か月も休む日はなかった」と言い、「なんだかすこぶる緊張します」と、久々の現場にドキドキしていたようです。

ただ、月曜レギュラーを務め、妊娠発表も行った『ラヴィット』は丸山さんにとって特別な番組で、Instagramでは「娘を生み出す時もなぜか、ラヴィットメンバーや、川島さんの顔面が私の前に現れて」「それがすごくパワーになり、頑張れたし、また早くラヴィットに復帰したいと思う気持ちが、毎日の育児などを頑張れたことにも繋がりました」と明かしています。

また、仕事復帰について「まだ早いんじゃないかとか、子供は大丈夫なのか?とか今でもいろんな意見はありますが」と切り出し、「こうというような決まりはなくてお仕事はもちろんのこと、娘との時間も一番に考えながらいきたいなと思います」と明言。

ちなみに家族でたくさん話し合い、丸山さんと本並さんどちらも仕事のときは、同居している丸山さんの両親が長女のお世話をすることに決めたそう。

「父も母もどうしても孫を見たいという話だったので、とことん話し合いながら無理のない程度でということになりました。私や本並さんがまずは一番で、2人がお仕事のときなどは優先的に見てもらおうという話です。そして、お仕事に連れて行ける時には連れて行きたいなと思いますいろんな人に会わせたいので、娘の体調や状態を見ながら決めて行きたいなと思います」(丸山桂里奈さんInstagramより)

そんな長女は生後100日を迎え、お宮参りやお食い初めなどの行事にワクチンデビューも果たすなど、すくすく元気に成長。最近は声を出してよく笑うようになり、「いろんなことに興味があり、よくみたり掴んだりパンチしたり、にぎったり毎日やれることが増えて」いるのだそうです。

「私たちもですがじーじやばーばの生きがいになり、みんなが娘からパワーをもらってます」(丸山桂里奈さんInstagramより)

生後3ヶ月は首がすわり始める子も

生まれてから生後3ヶ月までの赤ちゃんは目をみはるほどのスピードで成長していきます。体重は新生児の体重のおよそ2倍にまで成長し、頬や腕、脚に皮下脂肪がついて赤ちゃん特有のぷよぷよとした触り心地の体型へと変化します。生後3ヶ月を過ぎたあたりからは、成長速度が徐々に緩やかになっていくのが一般的です。

生後3ヶ月を迎えると、徐々に首がすわり始めます。首がすわると抱っこしやすくなり、お風呂や着替えをさせるのも楽になっていきます。

ただし、「生後3ヶ月を過ぎたから完全に首がすわっている」と思い込むのも危険です。赤ちゃんの成長には個人差がありますから、3ヶ月あたりで首がすわる子もいれば少し遅れる子もいます。赤ちゃんの様子を見ながら頭を支えてあげるようにしましょう。


関連記事



この記事のライター

マイナビウーマン子育て

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

恋愛・結婚の人気ランキング

新着

カテゴリ

公式アカウント

ログイン・無料会員登録