アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

「怒り」は大事な感情なんだ……! 親子で一緒に取り組む「子どものアンガーマネジメント」って?

/

他のおすすめ記事を読む
「彼女じゃなくて嫁にしたい!」男性が結婚したい♡と思ったリアルなポイント7つ教えます!

目次

子どもの「かんしゃく」に困り果ててしまうこと、珍しくありませんよね。怒りとどう付き合えばいいのか、親子でアンガーマネジメントを学べる絵本『かいじゅうポポリはこうやっていかりをのりきった』(作/新井洋行監修/岡田俊パイ インターナショナル)を、この絵本の編集者である沖本敦子さんが紹介します。

Popori01

『かいじゅうポポリはこうやっていかりをのりきった-かいじゅうとドクターと取り組む2 怒り・かんしゃく-』新井 洋行(著), 岡田 俊(監修)/パイ インターナショナル

子どものかんしゃくや理不尽な要求に、「いいかげんにしなさい!」と怒鳴り返してしまったことはありますか?私はあります。たくさん、あります。怒ったあとは、自分が情けなくなり、自己嫌悪。それは子ども同じようで、かんしゃくを起こした後は「ぼくなんてダメだ」と、いじけています。

でも、一見厄介に思える怒りの奥には、実は相手に伝えたい「本当の気持ち」が隠れています。怒りの感情を抱くのは、悪いことでも、恥ずかしいことでもありません。上手に怒ると、大事なものが見えてきます。

すぐに爆発しようとする「いかりのしっぽ」をつかまえて、自分の中に少しのあいだ留めておけるようになると、怒りの裏側にある「本当の気持ち」が見えてきます。それを、自分の言葉で相手に伝えられるようになると、子どもの世界は広がり、味方がどんどん増えていきます。そんな風に、怒りと上手につきあう方法を教えてくれるのが、『かいじゅうポポリはこうやっていかりをのりきった』です。

怒ってばかりのかいじゅうポポリ

ポポリは、怒ってばかりのかいじゅうです。

しっぽの形をほめられたのに、「どうせぼくのしっぽはへんなかたちだよ」と大爆発!みんなが楽しそうに遊んでいるのを見つけた時も、「ぼくをなかまはずれにしたな!」と、勘違いして大爆発。怒ってばかりのポポリからは、友達がどんどん離れていってしまいます。

Popori02

しっぼを「おもろいかたちだねえ」とほめられただけなのに……

Popori03

ポポリは怒って大爆発!

「コーピング行動」で怒りの爆発を防ぐ

そんなポポリの前に、怒りのマスターかいじゅうプワイズが現れ、怒りと上手につきあうための方法を伝授します。

「いかりはすばしこくてパワーがつよい。すぐにばくはつしようとする。まずはそのしっぽをつかまえて、いかりがなににおこっているのか、いっしょにかんがえる。いかりのこえをきいてあげるんだ」

Popori04

怒りの爆発を防ぐための方法を紹介。

プワイズは怒りが飛び出していきそうになった時にする「コーピング行動」を教えてくれます。「ゆっくり10までかぞえる」「みずをのむ」「あさたべたものをおもいだす」など。この通りでなくても、自分がやりやすいコーピング行動を持っておくことが大事です。

「本当の気持ち」を言葉にできると……

怒りのしっぽを掴んで、怒りの爆発を抑えることを覚えたポポリは、少しずつ、友達ともけんかしないで楽しく遊べるようになってきます。

しかし、そんなポポリをショックな出来事が襲います。突然、ひどい言葉を投げつけられたポポリ。コーピング行動を全部試しても、怒りは全然抑まりません。苦しい気持ちが心の中で、大きくふくらんでいきます。今にも爆発しそうな怒りのしっぽを必死で押さえ、ポポリは言います。

「きょうぼくははじめてともだちとけんかしないでバイバイできた。そんなひをばくはつでだいなしにしたくない。いかりはなにをいいたいの?ほんとのきもちをおしえてよ」

ポポリは、怒りの裏側に隠された「本当の気持ち」に必死で耳を傾けようとします。すると、ポポリにある変化が訪れて……。

Popori05

怒りが大きくふくらんで、爆発寸前。ポポリは必死で、怒りの裏に隠された「本当の気持ち」を探ります。

Popori06

答えを見つけたポポリは、爆発ではない方法で相手に気持ちを伝えます。

この絵本では、「怒り」という感情が人間にとってどれほど大切か、また、怒りに向き合い、自分がなぜ怒っているのかを知ることで、心が成長し、世界が広がっていくことをポポリの経験を通じて教えてくれます。

自分の中に怒りの感情があるのは自然なこと。怒りを恥じたり、無理矢理追い出したりせずに、「怒りと上手につきあう練習」を重ねることで、すてきな変化が訪れます。もちろん最初から上手にはできません。なんべんも失敗を重ねながら、親子で一緒に練習してゆけたらいいですね。我こそはおこりんぼ、という方は、怒りと上手につきあう方法を、ぜひポポリと一緒に練習してみて下さい。

『かいじゅうポポリは こうやって怒りをのりきった-かいじゅうとドクターと取り組む2 怒り・かんしゃく-』

沖本敦子 子どもの本の編集者。編集を手がけた絵本に、「だるまさん」シリーズ(かがくいひろし)、『りんごかもしれない』(ヨシタケシンスケ)、「しごとば」シリーズ(鈴木のりたけ)、『たまごのはなし』(しおたにまみこ以上全てブロンズ新社)、『なみのいちにち』(阿部結ほるぷ出版)他。麦田あつこの名前で、文章の仕事も手がける。作品に『ねむねむ こうさぎ』(絵森山標子ブロンズ新社)、『どんなおべんとう?』(絵いわきあやこ小学館)などがある。一児の母。性格は臆病者。不安を感じた時に怒りがち。

@AtsukoOkimoto


関連記事



この記事のライター

マイナビウーマン子育て

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

恋愛・結婚の人気ランキング

新着

カテゴリ

公式アカウント

ログイン・無料会員登録