アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

菊地亜美さん、新居への引っ越しで「やばいことが起きて」想定外の出来事にショック

/

他のおすすめ記事を読む
「彼女じゃなくて嫁にしたい!」男性が結婚したい♡と思ったリアルなポイント7つ教えます!

目次

タレントの菊地亜美さんが、こだわりの新築注文住宅に引っ越しした初日から3日目の様子をYouTube チャンネルで明かしています。さまざまなハプニングがあったようで……

「足と手がアザだらけ」

動画を撮影したのは引っ越しして3日目。キッチン台の上には、お菓子やトランプ、イヤーカフ、セロハンテープなどなど、こまごまとした物が散乱しています。まだ荷解きをしている途中で「なんで(こんなところに)これがあるの?」という状態のようです。

今回の引っ越しでは、ハプニングが続出。引っ越しに備えて1週間前から荷造りを始めたものの、まったく終わらずに前日朝4時までかかってしまい、引っ越し後も連日のように朝4時まで荷解き→数時間後に起きて家電量販店を回るという生活で、「毎日フル稼働」だといいます。

また、引っ越しに際して長女こあみちゃん(愛称)の保育園なども変わることから、環境の変化によるストレスを心配し、菊池さんは仕事を2週間ほどセーブ。結果的にこれが大正解で、もし普段のように仕事を入れていたら「何も進まなかったと思う」と話していました。

引っ越し作業に追われたうえ、まだ新居に慣れてないことから家具などとの距離感がつかめず体をぶつけてしまうこともあり、夫婦ともども「足と手がアザだらけ」なうえ、菊池さんに至っては「階段でケガをしてしまった」そう。バタバタな新居生活の始まりですが、さらに驚きの事態も発覚していたといいます。

菊池さんは「やばいことが起きて」と前置きし、今回の引っ越しにまつわる最大のハプニングを激白。

もともと、新居の寝室ではセミダブルのベッドを2つ使用する想定で、それを購入するまでの間は以前使っていたキングサイズのベッドを使うことにしていたそう。

しかし、ハウスメーカーなどには「寝室ではセミダブルのベッドを2つ使用する」ことだけを伝えていたため、寝室につながる階段にはキングサイズのベッドが通るほどのスペースがないことが引っ越し中に発覚……!

結局、キングベッドは処分することになり、引っ越し初日の夜はゲスト用のマットを使ってリビングにて雑魚寝したとか。ただ、それもまた楽しかったそうで「一生忘れない思い出になりました」とポジティブに明かしていました。


関連記事



この記事のライター

マイナビウーマン子育て

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

恋愛・結婚の人気ランキング

新着

カテゴリ

公式アカウント

ログイン・無料会員登録