アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

【神奈川県横浜市】新感覚の遊び場!屋内型農場テーマパーク「マイリトルファーム」2024年秋開業予定

/

他のおすすめ記事を読む
レインボーアンブレラスカイ
2024年6月~9月に絶対行きたい!【全国のイベントカレンダー】

目次


A.G.A.とマイファームが事業連携をし、巨大な野菜や果物が育つふしぎな農場で遊ぶ、新しいコンセプトのテーマパーク「マイリトルファーム」を、2024年秋に開業する予定だ。出店場所は、横浜市内の予定。

屋内型農場テーマパーク「マイリトルファーム」

「マイリトルファーム」は、ふしぎな農場の中を冒険しながら楽しく遊べる屋内型農場テーマパーク。

パーク内には、現実世界ではありえないほど巨大な野菜や果物が実るほか、見上げるほど大きな虫や動物が暮らすなど、ワクワクする空間が広がる。自然や農作物をモチーフとした遊具で遊びながら、五感をフルに使い自然の営みを感じることができる、全く新しいコンセプトの遊び場だ。

また、遊具で遊ぶだけでなく、「食」をテーマにしたワークショップやアクティビティで、実際に野菜や果物を味わう体験もできる。

「マイリトルファーム」では、毎日のように食べている野菜や果物をテーマにした遊びを通じ、自然の営みと自分の暮らしのつながりを感じるきっかけを提供する。そして自然の魅力や楽しさを全身で感じることで、実際の農場に足を運んだり、もっと自然に触れたいという子どもたちの気持ちを育んでいく。

A.G.A.とマイファームがMy Little Farmを設立


今回テーマパークの構想にあたり、こどもの職業・社会体験施設「キッザニア」の立ち上げメンバーが創業し、社会の中で多様な人たちが接点を持つ仕組みをデザインするA.G.A.と、体験農園事業の第一人者であり、「自産自消のできる社会」を理念に農業ソーシャルベンチャーとして農業から社会課題を解決するマイファームが事業連携をし、2024年1月にMy Little Farmを設立する予定だ。

My Little Farmでは、両社が持つこれまでのノウハウやネットワークを集結させ、子どもが主体となり、社会の中で新しい価値や循環を生み出すテーマパークを目指していくという。


A.G.A.代表取締役の井上義設氏は、「私たちが毎日当たり前のように口にする野菜や果物ですが、実際に農作物が育っていく過程や、農家の仕事に思いを馳せる機会はどれだけあるでしょうか。農場を舞台にしたテーマパークで遊ぶことで、自分の生活の先に作る人がいる、自然の営みが広がっている、という気づきと発見があり、今まで見ていた世界がちょっとだけ違って見えてくるかもしれません(後略)」と話している。


また、マイファーム代表取締役の西辻一真氏は、「土を耕す、収穫するなど、人の営みと自然の営みが関わり循環する農場という空間では、五感をフルに使い、自然の不思議や生命の力強さに触れることができ、気づきや学びがたくさんあります。この体験を、自然と触れ合う機会が少ない子どもたちにも届けたい。この想いがA.G.A.と重なり、今回の事業連携に至りました。低年齢のうちから自然の営みを身近に感じることで、実際の農場に足を運んだり、もっと自然に触れたいという子どもたちの気持ちを育てられたら嬉しいです」とコメントしている。

「マイリトルファーム」の施設は、2024年の横浜市出店を一号店として、全国への展開が予定されている。

今後の最新情報は、「マイリトルファーム」の公式ウェブサイトでチェックしてみて!

マイリトルファーム公式ウェブサイト:https://mylittlefarm.jp/

(yukari)



この記事のライター

STRAIGHT PRESS

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

グルメ・おでかけの人気ランキング

新着

カテゴリ

公式アカウント

ログイン・無料会員登録