アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

【愛知県名古屋市】名鉄商店で生成AIを活用したロボット販売員が、店頭で接客するデモイベント開催

/

他のおすすめ記事を読む
シャトレーゼ 看板
シャトレーゼポイント3倍たまるってよ!定番だけどハズさない鉄板アイスを買うなら6月末まで!

目次


デンソーは、生成AIを活用したデンソー開発のロボット制御技術「Generative-AI-Robot Technology」のデモイベントを、名鉄生活創研の協力のもと、1月13日(土)と14日(日)、名鉄商店で開催する。

「Generative-AI-Robot Technology」を使用したロボットが、店頭で販売員として人と一緒に働きながら接客を行う。

動作判断も可能に

一般的に従来のロボット制御技術は、事前にプログラムした内容に基づきロボットの動きを制御するため、想定以外の状況に対応することは難しいとされている。

しかし、今回デンソーが開発した「Generative-AI-Robot Technology」は、生成AIのほか、音声認識技術や音声合成技術を活用しており、ロボットと人との会話によるコミュニケーションの支援だけでなく、ロボットのアームを動かすなどの動作判断も行う。

「Generative-AI-Robot Technology」は、さまざまなロボットで使用することができ、人との自然な会話が求められる日常の幅広いシーンで柔軟に対応することが期待される。

小型ロボットが接客

今回行われるイベントでは、「Generative-AI-Robot Technology」を使用した、デンソーウェーブの小型協働ロボット「COBOTTA」が、販売員として名鉄商店のお土産コンシェルジュとともに接客を行う。利用者との会話から得た情報と、事前にインプットされた商品知識を活用しながら、名鉄商店で取り扱う地域ゆかりの商品をその場で提案する。

また、当日来店のうえ、アンケートやSNS投稿キャンペーンに参加すると、数量限定で素敵なプレゼントが進呈される。

新たな価値創造と社会発展に向けて取り組むデンソー

デンソーは、新しい価値の創造を通じて人々の幸せに貢献することを基本理念としており、モビリティ領域だけでなく、QRコード(※)のように人々の暮らしを支える製品や技術を世に送り出してきた。「Generative-AI-Robot Technology」も、デンソーの新たな価値創造への取り組みとして実用の可能性を探っており、これまでにも利用客に飲み物を提供する体験会を行ってきた。

デンソーは今後も、新たな価値創造と社会の発展に向けて積極的に取り組んでいくという。

今回のデモイベントの参加費は無料で、予約不要。家族や友人と出掛けてみては。

■デモイベント
日時:2024年1月13日(土) 10:00~20:00、14日(日) 10:00~18:00
会場:名鉄商店
住所:愛知県名古屋市中村区名駅1-2-4 名鉄百貨店本店 メンズ館1F
名鉄商店公式HP:https://www.meitetsu-shouten.jp/

※ QRコードは、デンソーウェーブの登録商標です。

(ソルトピーチ)



この記事のライター

STRAIGHT PRESS

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

グルメ・おでかけの人気ランキング

新着

カテゴリ

公式アカウント

ログイン・無料会員登録