アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

ディスカッションを通じて「自己探究」ができる「虚無探究トランプ」が販売開始

/

他のおすすめ記事を読む
レインボーアンブレラスカイ
2024年6月~9月に絶対行きたい!【全国のイベントカレンダー】

目次


「対話型探求パートナー」として、一人ひとりの「やりたい」を起点とした伴走型教育事業・地域活性化事業を中心に取り組んでいるWEは、ディスカッション用トランプ「虚無探究トランプ」5,500円(税込)の販売を開始。特設販売サイトより購入できる。

商品開発と販売に至る経緯

創業以来、WEは、「対話型探求パートナー」として、一人ひとりの「やりたい」を起点とした伴走型教育事業・地域活性化事業に取り組んできた。

WEが実施する研修や授業で、参加者や受講生(学生、生徒、児童を含む)の「やりたいこと、人生で成し遂げたいこと」を見出していく上では、自己の考えや価値観、それらを形成するに至った経験について語り、自分自身を探究していくことが不可欠だ。

そこで、WEではこれらの自己探究のきっかけとなる「問い」をカードにすることで、研修や教育の現場で気軽に使えるトランプ「虚無探究トランプ」を開発した。

また、自己紹介や、ミーティング前のアイスブレイクなどでも活用できるよう、随所に工夫を凝らしている。

ディスカッション用トランプ

「虚無探究トランプ」は、「虚無星」から来た「虚無次郎」(通称「虚無おじさん」)が人類をみる視点で、自己探究の契機となる問いを発していく。

それらへの答えを考え、そしてグループ内で発表したり討論することで、「考える」グループワークや会議の実現に役立てることができる。

通称「虚無おじさん」について


「虚無おじさん」こと虚無次郎は、住民全員が考えることをやめてしまった星「虚無星」から来た地球学者。地球人の探究から様々なことを学ぶことで、虚無星の復興を目指している。

WE代表取締役戸田裕昭氏コメント


WE代表取締役、戸田裕昭氏は、「トランプ1枚1枚に問いがあります!授業や講座で考える問いや私が普段考えている問いなど色々あります。

難しい問いもありますが、考えることがとても良いことだと思うのでみなさん是非色々な問いに向き合ってみてください!そんな遊び方あるのか!ということも知りたいので色々な遊び方を考えて私たちに教えてください!!」とコメントしている。

この機会に、「虚無探究トランプ」をチェックしてみては。

特設販売サイト:https://we-inc.net/kyomu-ojisan/

(角谷良平)



この記事のライター

STRAIGHT PRESS

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

グルメ・おでかけの人気ランキング

新着

カテゴリ

公式アカウント

ログイン・無料会員登録