アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

“子育て経験のある小児科専門医”に受診・相談できる「オンラインこども診療」が開始

/

他のおすすめ記事を読む
シャトレーゼ 看板
シャトレーゼポイント3倍たまるってよ!定番だけどハズさない鉄板アイスを買うなら6月末まで!

目次


MRTは新たに、“子育て経験のある小児科専門医”に受診・相談できる、「オンラインこども診療」の提供を12月25日(月)19時より開始した。

「オンラインこども診療」提供の背景

日夜問わず体調の変化が激しい小児への医療ニーズは高く、外来や入院、救急といった医療機関での対応に加え、電話相談やオンライン診療、往診などさまざまなサービスが増えている。

一方で、診療科偏在という慢性的な課題の中心ともいえる希少性の高さから、小児科医の確保は困難を極めている。その結果、多くの小児医療の現場は数少ない小児科医による献身的な支えによって成り立っており、医療サービスにおいては他科の医師が対応することもあるのが現状だ。

小児科以外の医師が小児の診療に当たることも可能だとはいえ、大人への対応とは異なる配慮が必要となる。成長・発達過程にある小児への対応は、年齢や身体的特徴、症状のあらわれ方や進行、コミュニケーションの難しさ、家庭環境の把握、保護者との連携、年齢や体重、アレルギーを考慮した処方など多岐にわたる。

小児科は、前述の成長・発達過程を鑑みて、かかりつけの医療機関を受診するのが一番なのだ。

一方、同サービスは、多くの医療機関が診療時間外である夜間帯の対応を一部担うことにより、夜間外来や救急外来をサポートし、医療現場のひっ迫を軽減すること、また、家庭の不安を取り除くことを目的に提供に至ったという。

子育て経験のある小児科専門医に相談できる

「オンラインこども診療」は、同社の約29.7万名の医療従事者会員(2022年12月時点)を擁する医療人材プラットフォームを活用して“子育て経験のある小児科専門医”を募り、医療DXプラットフォーム「Door.(ドア)」を用いてオンラインで受診・相談できるサービスだ。

予約は24時間受け付けており、19時から翌朝6時まで365日医師が待機している。夜間の急な体調不良はもとより、チャットでの健康相談から、ビデオ通話健康相談、オンライン診療までこどもの体調に合わせて選択ができ、薬の処方、配送まで一貫したサポートが可能だ。

なお、12月25日(月)~2024年1月8日(月)は19時から翌2時までの対応となる。

2種類の料金プラン


料金プランは2種類ある。

「単発利用プラン」は、システム利用料330円(税込)でオンライン診療を1回利用可能だ。

「使い放題プラン」は、月額1,100円(税込)で何度受診してもシステム利用料0円、健康相談も無制限で利用できる。

ただし、12月25日(月)時点では単発利用プランのみ利用でき、使い放題プランは追ってリリースされるとのこと。

同社は、医療人材プラットフォームを活用した累計200万件以上の医師紹介実績および、医療DXプラットフォーム「Door.」を活用した豊富なオンライン診療サポート経験をもとに、子育てに不安を抱える家庭の力になれるようサポートし、ニーズに合わせてさらなるサービス拡充を行っていくつもりだという。

子育て中の人はチェックしてみては。

サービスサイトURL:http://kids.medoor.com

(オガワユウコ)



この記事のライター

STRAIGHT PRESS

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

グルメ・おでかけの人気ランキング

新着

カテゴリ

公式アカウント

ログイン・無料会員登録